ニットの伸びない干し方!ハンガー干しはNG? 型崩れを防ぐ正しい乾かし方も | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.10.20

ニットの伸びない干し方!ハンガー干しはNG? 型崩れを防ぐ正しい乾かし方も

おうちで洗濯をした際のニット。他の洗濯物と同じようにハンガーにかけて干すと、生地が伸びるなど型崩れの原因になってしまいますよね。では、ニットはどう干すのが正解なのでしょうか?特別な道具が何か必要なのでしょうか?今回はそんな疑問にお答えすべく、ニットの伸びない干し方について解説しました。ハンガーを使っても伸びない方法、正しい乾かし方やおすすめのアイテムについてもご紹介します。

Tags:

【目次】
ハンガーは使っていい?ニットの正しい干し方とは
ニットがなかなか乾かないときの対処法
ニットが伸びにくい洗濯の方法もチェック
ニットを干すのに便利なアイテム

ハンガーは使っていい?ニットの正しい干し方とは

平干しがベター!


ライオンお洗濯マイスターの大貫和泉さんによると、ニットは平干しがベストだと言います。濡れたニットをいつも通りハンガーに吊るして干すと、下に重みが加わって、肩や丈が伸びてしまうのだそう。

可能なら平干しネットを使用するのがおすすめだそうですが、なければお風呂のフタなどに大きめのバスタオルを敷いて、その上に平にニットを置いて干しても良いそうです。

ハンガーで干しても伸びない方法はある?

ハンガーで干しても伸びない方法はある?
大貫さん曰く、どうしても竿やハンガーに吊るして干すのなら、重さの分散を意識して干すと良いとのこと。

「竿にかけるなら、そでも身ごろと一緒にかける( 1 )、ハンガー1本で干すなら、そでを上にあげる( 2 )などの工夫を。ハンガーを複数本使って、そでと胴部分を別のハンガーにかけるのも◎( 3 )。重さを分散させることで、伸びや型崩れを防げます」(大貫さん)

直射日光は避け、陰干しするのがGOOD

直射日光は避け、陰干しするのがGOOD
天気がいい日に外干しする際も、色褪せを防ぐため直射日光は避けたほうがいいと言われています。

洗濯家の中村祐一さんによれば、洗濯物が乾くのに重要な要素さえ満たしていれば、真っ暗な部屋でも洗濯物は乾くと言います。

「光に当てることが重要だと思う方が稀にいらっしゃいますが、乾くのに重要な要素は『温度』『湿度』『空気の流れ』のコントロールです。そのため、これらの条件さえ揃えれば真っ暗な部屋でも構いません」(中村さん)

ニットがなかなか乾かないときの対処法

乾燥除湿機やサーキュレーターを活用して

乾燥除湿機やサーキュレーターを活用して

乾燥除湿機やサーキュレーターを活用して
部屋干しや陰干しでは時間もかかるしにおいも気になる…という人は、乾燥除湿機やサーキュレーターを活用してみましょう。

花王 ファブリックケアPRの河野千絵さんによれば、早く乾かしたいなら空気がよく通る中央付近に干すのがベストで、臭い菌が繁殖しないようするには、しっかり汚れを落とす&生乾き状態を短くすることが重要なのだそう。

「ニオイ菌が繁殖しないよう、しっかり汚れを落とす&生乾き状態を短くすることが重要。部屋の隅に干しがちですが、早く乾かすには空気がよく通る中央付近に干すのがベスト。ときには家電の力もかりて、しっかり風を送り、空気を回すことも意識して」(河野さん)

臭い対策には抗菌作用のある柔軟剤を

臭い対策には抗菌作用のある柔軟剤を
臭いの原因はズバリ雑菌の繁殖。

これを防ぐには抗菌作用が高い柔軟剤を使用するのがおすすめなのだそう。洗剤だと、おしゃれ着に使えないものもありますが、柔軟剤なら使い勝手◎です。

ニットが伸びにくい洗濯の方法もチェック

おしゃれ着は手洗いするのがベスト!

ニットを伸びないよう丁寧に洗うなら、洗濯機ではなく〝手洗い〟が推奨されています。

基本的な手洗いの方法は以下。

1. 汚れの前処理

おしゃれ着は手洗いするのがベスト!
汚れが気になる部分があれば、おしゃれ着用洗剤の原液を、事前に直接塗布しておきます。トントンと軽く叩いてなじませて。

2. 洗濯液を作る

おしゃれ着は手洗いするのがベスト!
水4Lにおしゃれ着用洗剤約10mlが目安です。ニットは洗濯液を作ってから入れましょう。

3. 押し洗いする

おしゃれ着は手洗いするのがベスト!
ニットを〝沈める〞⇄〝浮かせる〞動作を、洗濯液の中で約20回繰り返えします。強すぎると毛羽立ちの原因になるので、優しくくぐらせるようにニットを上下させましょう。

4. 中間脱水

おしゃれ着は手洗いするのがベスト!
ニットは畳んだままで。30秒など洗濯機の最も短い脱水時間をセットして行います。

5. すすぐ

おしゃれ着は手洗いするのがベスト!
きれいな水を張ったら、脱水したニットをすすぎましょう。押し洗いと同じ要領でニットを動かすのがポイントです。

4→5をもう一度繰り返し、仕上げに再度脱水したら完了です。

洗濯機での脱水が心配ならタオルドライで

洗濯機が心配ならタオルドライで
ライオンの大貫さんによれば、洗濯機の脱水は、遠心力で水分を飛ばすだけなので基本的には問題はないそう。ただし、脱水がNGな服もあるそうなので、必ず洗濯表示の確認をすることを推奨しているようです。

「洗濯機で脱水ができないときは、上の写真のように服をタオルではさんで水分を取りましょう」(大貫さん)

またパナソニック 広報石井由美さんによれば、洗濯機の機種によっては〝ソフト脱水〞モードもあるのだそう。

「洗濯機の種類によっては、脱水の回転数が通常より少ない〝ソフト脱水〞モードも。薄い衣類のヨレや型崩れも抑えてくれます」(石井さん)

もしも伸びてしまったらスチームアイロンで修正

もしも伸びてしまったらスチームアイロンで修正
(C)Shutterstock.com

もしもニットが伸びてしまうなどの型崩れを起こしたら、スチームアイロンで修正が可能だと言われています。

スチームアイロンはなかなか取れない強いシワにもアプローチできる優れもの。ニットやウールなども高温の蒸気でふくらませることが可能です。

ただし、直接当てて伸ばすのではなく、あくまで〝スチーム〟を当てて形を整えるのが推奨されているそう。蒸気は非常に高温なので、火傷にも注意が必要です。

ニットを干すのに便利なアイテム

型崩れを防ぐアーチハンガー

型崩れを防ぐアーチハンガー
キャンドゥ 肩がとがりにくいアーチハンガー

一般的なハンガーよりも幅が広く、型崩れしにくい形状のハンガー。

型崩れを防ぐアーチハンガー
すべり落ちを軽減するPVCコーティングが施されているので、干しているときにスルッと落ちてしまう心配もなし。ニットの洗濯後はもちろん、普段の収納にも。

「我が家もこのハンガーが必須になり、いくつか買い足して使用しています。このハンガーのおかげでストレスなくニットをかけられています」(Domanist 光延樹里さん)

衣類の平干しネット

衣類の平干しネット
3COINS Laundric(衣類干しネット)

ニットの型崩れを防いでくれる、衣類の平干しネット。

衣類の平干しネット
付属の紐で繋げれば、簡単に2段にすることが可能。

「当たり前ですが、ハンガーに干していた時とは大違い!ハンガーのあともつかず、きれいな状態でニットを着用することができています。干し方ひとつでこんなに気分が変わるなら、早くやればよかった〜!と思い、まだまだ出番の多いニット、着るのも洗うのも楽しめそうです」(Domanist 奥田陽子さん)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事