首が太いのが気になったら試したいケア方法 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTY美容

2021.11.05

首が太いのが気になったら試したいケア方法

「私って首が太いかも?」「なんだか短く見える…」これって生まれつきなのでしょうか?実は首が太くなってしまうのには、ちゃんと原因があるといわれています。今までは気にならなかったのに、ここ最近太くなったように感じる方はとくに、もしかしたら生活習慣に問題があるかもしれません。今回はそんな首が太くなる原因や、解消方法、細くするためのケア方法、さらには首を細く見せる髪型についてもご紹介していきます。

Tags:

【目次】
「首が太い…」考えられる原因とは?
首の太さを解消する方法とは?
ほっそり首を叶えるおすすめのケア方法
首を太く見せない女性におすすめの髪型

「首が太い…」考えられる原因とは?

むくみやたるみ、脂肪が原因

一般的に首が太くなってしまう原因として、「むくみ」や「たるみ」、「脂肪」が原因であることが多いといわれているようです。

例えば不規則な生活や体を冷やすような習慣等、リンパの流れが滞ると、首もむくみやすいのだそう。他にも、加齢により顔の表情筋がゆるんでしまうと、それが首のシワやたるみに影響し、首が太く見えてしまうこともあるのだとか。

また、脂肪で首が覆われてしまい首が太くなっている場合も。上半身に脂肪がつきやすい体質の人は、首周りにも脂肪がつきやすくなる可能性があるのだそうです。

姿勢の悪さが原因

姿勢の悪さが原因
姿勢の悪さが首を太くしてしまっている可能性もあるのだそう。

サロンオーナーの中野祐子さんによると、姿勢が悪いことで首は短く太くなり、さらには顔まで大きく見せてしまうといいます。

「肩が内に巻き込み、頭が前に出てバストの位置は下がり、お腹は潰れる。逆に、背面は背骨が曲がり、肩甲骨が開き、内に入っている肩は後ろから見ると肩が上がって大きな負担をかけている状態。長時間この姿勢をしていると、体が丸まる力が強まって、筋肉が緊張状態に。伸縮性を失い、硬くなって、体の可動域が狭まります。さらに疲労も溜まり、代謝が落ちて、脂肪も付きやすくなる。潰れたバストは下垂しウエストや捻じれた二の腕は太く見えてしまう。背中がガチガチに固まり、丸くムッチリ大きく、首は短く太くなり顔まで大きく見せてしまいます。改めて並べてみたら悪影響ばかり…」(中野さん)

姿勢の悪さが原因
姿勢はボディラインを整える土台でもあり、悪姿勢は身体の疲労や不調をまねいたりバストの形、体の巡りの悩みに繋がったりするそうです。

筋肉の可能性も?

首が太い原因として、「筋肉」も関係している可能性があるといわれています。

日常的に筋トレをしている人や、首・肩周りを鍛えるトレーニングを頻繁に行っている人は、筋肉が原因で首が太く見えている可能性があるそう。

ただし女性はとくに、よっぽどハードなトレーニングでない限り、筋肉で首が太くなるというのは、可能性として低いよう。とくにスポーツをやっているわけでも、トレーニングを日常的にするでもない人は、むくみやたるみ、または脂肪、姿勢の悪さを疑った方がいいかもしれません。

首の太さを解消する方法とは?

脂肪が原因ならダイエットは必須

体重の増加により首にも脂肪がついてしまったと自覚がある場合は、まずやはりダイエットは必要不可欠だといわれています。

一般的に、摂取カロリーが消費カロリーよりも多いと体内で脂肪として蓄積されてしまうので、食べている量が動いている量よりも多いと、体重は増えていきます。

ダイエットはカロリーコントロールが重要。1日に自分に必要なカロリーを把握し、食べすぎないように注意してみましょう。1日に必要な摂取可能カロリーの計算方法は以下。

「身長(m)×身長(m)×22」×25~30

ただし過度な食事制限は禁物。極端にカロリーを摂らないような食事をしてしまっては、逆にリバウンドや体脂肪が増えるなどのリスクが高まってしまいます。

重要なのは、筋肉を減少させずに代謝を上げながら脂肪を燃やしていくこと。摂取可能カロリーを超える食事に気をつけながら、運動も取り入れてあげるとよいといわれています。

姿勢を改善する

悪姿勢が首を太くする原因になっている可能性がある人は、姿勢を改善することでほっそりとした首へと近づけるかもしれません。

サロンオーナーの中野さんによれば、悪姿勢は首の太さやボディラインの崩れだけでなく、表情にも影響するといいます。

姿勢を改善する
「普通に立っているだけなので楽に感じますが、やはり長時間続けると背中や肩にがかかっているように感じます。私はこの姿勢をしていると腰が痛くなりました。面白いことに前傾姿勢をしている時に笑顔を作ってと言われてもニヤッと怖い笑顔になってしまいます。無意識だと肩に力が入るので強張ったキツイ表情になってしまいます」(中野さん)

では、姿勢を正すにはどういったことを意識すればよいのでしょうか?中野さんによれば〝頭の先から1本紐で引っ張られるイメージ〟を持つとよいのだそう。

姿勢を改善する
「姿勢を正す時のポイントは、身体の力を抜いた状態で頭の先から1本紐で引っ張られるイメージで背筋をまっすぐ伸ばし、骨盤を立てます。この時深い呼吸ができるかが大切です。お腹が潰れていたり、巻き肩になっていると肺が圧迫され呼吸が浅くなってしまいます。姿勢を正す時に体が力んでしまうと反り腰になったり肩に力が入り腰痛や肩こり、疲労の原因になるので力を抜いた状態で姿勢を正すように意識してくださいね」(中野さん)

首や顔のむくみケアをする

むくみやすい人は、スキンケア時に首と顔のリンパマッサージを取り入れてみるのがおすすめです。

首や顔のむくみケアをする

首や顔のむくみケアをする
「化粧水のついでに。あごから耳にかけて指のはらで優しく流し、耳の後ろを通って首、鎖骨までの流れを2セット。余裕があるときは鎖骨まわりをグリグリとほぐします」(Domanist 田中加奈子さん)

首や顔のリンパがつまると、肌がくすみやすくなる可能性もあるので、若々しい肌のためにもリンパマッサージの習慣を取り入れてみましょう。

ほっそり首を叶えるおすすめのケア方法

むくみやたるみを解消する首ストレッチ

サロンオーナー中野さんに、リンパを流す首のストレッチ方法を教えてもらいました!

\How to/

むくみやたるみを解消する首ストレッチ
まずは左の鎖骨下に両手を重ねグッと下向きに圧をかけます。その手を支点にし、頭をゆっくり右横に倒しましょう。

「じわーと首が伸びる感覚があればOK。この状態を10秒キープします」(中野さん)

むくみやたるみを解消する首ストレッチ
そのまま頭を軽く後ろへ傾け、胸鎖乳突筋を伸ばします。この流れを反対側も同様に行います。

「重ねた手を鎖骨下に置くのは、首を傾けたときに引っ張られる筋肉を止めておく為。支点があることでしっかりと伸びを感じることができます」(中野さん)

むくみやたるみを解消する首ストレッチ
最後は鎖骨下・胸の中央に手を置き真下に圧をかけたら、ゆっくり頭を真後ろへ倒します。

「伸びを感じたら10秒キープ。さらに下あごを上に突き出すと、喉の筋肉に作用し首のたるみや二重あごにも効果的です」(中野さん)

細長いネックラインを作る首&デコルテトリートメント

首のストレッチと合わせ、首&デコルテのトリートメントを行うとさらに効果的です。こちらも中野さんに伝授いただきました。

\How to/

細長いネックラインを作る首&デコルテトリートメント
まずクリームまたはオイルを首やデコルテ全体にしっかり伸ばします。

「肌が疲れていたり、乾燥気味な方は、浸透が早いためケア中に伸びが足りないと感じたら足してください」(中野さん)

細長いネックラインを作る首&デコルテトリートメント
次に親指の付け根を使って、首筋を上から下へ胸鎖乳突筋に沿ってほぐします。

「胸鎖乳突筋より前に触れると痛いので胸鎖乳突筋を境に後ろ側を、コリを感じるところは強くするのではなく優しく回数を多めにほぐしましょう」(中野さん)

さらに鎖骨上に来たらグーと下に向かって圧迫していきます。軽く首を伸ばすイメージで行うと巡りが一気に良くなるそう。ここまでの動きを反対側も同様に行いましょう。

「手のひらを密着させて首のラインを作るように流します。時々首のストレッチを入れると巡りが良くなります」(中野さん)

細長いネックラインを作る首&デコルテトリートメント
鎖骨上のくぼみ三点を、一点ずつ10秒ほど圧迫していきます。

「圧迫→離す、とすることでリンパの巡りが良くなります」(中野さん)

細長いネックラインを作る首&デコルテトリートメント
今度は鎖骨上下を挟むよう、指を沿わせながら中から外に向かって流しましょう。

「この時、胸を開いて肩甲骨を落とした状態で流すと鎖骨がキレイに浮き上がります」(中野さん)

細長いネックラインを作る首&デコルテトリートメント
最後は手をグーにし、鎖骨下のデコルテ部分を全体的に内側から外側に向かって円を描くようにほぐしていきます。

「首やデコルテは、顔と同じくらいデリケートで年齢サインが表れやすいパーツ。そして、首筋の収縮や緊張は顔を大きく見せ、むくみやくすみなど顔のコンデションにも影響を与えます。

顔のケア同様、首からデコルテにかけてもスキンケアは怠らずに。ケア中にストレッチを加えることで、すらっと細く長いネックラインが小顔効果も叶えます」(中野さん)

肩甲骨周りの筋肉をほぐすのも大切

肩甲骨周りの筋肉をほぐすのも大切
中野さんによれば、肩甲骨は首、背骨、肋骨、腕や骨盤などにつながる筋肉によって支えられているそう。そのため、肩甲骨の動きが悪くなると周囲の筋肉にも悪影響を及ぼしてしまうのだとか。

首こりやバストにまで影響するそうなので、日常的なケアがおすすめだそうです。

\How to/

肩甲骨周りの筋肉をほぐすのも大切
まず手を肩に添えます。

肩甲骨周りの筋肉をほぐすのも大切
次に耳の高さまで肘を上げましょう。目線と頭はまっすぐが基本。

肩甲骨周りの筋肉をほぐすのも大切
そのまま腕をゆっくり前に5回まわします。肩が後方にいくときに大きくまわすことを意識するとよいそう。

肩甲骨周りの筋肉をほぐすのも大切
さらに後ろまわしも5回行います。

「このとき、肩甲骨を引き下げながらまわすと僧帽筋のハリが解消され、細く長い首へ導くことができます」(中野さん)

肩甲骨周りの筋肉をほぐすのも大切
まわすときは、耳・肩から垂直に分けた線よりも後ろへ大きく動かすことを意識するとGOOD!

肩甲骨周りの筋肉をほぐすのも大切
反対側の肩も同様に行い、これを3セット、毎日行いましょう!

「肩甲骨まわりが硬直している方は、はじめは肩が後ろに行きにくく、きれいな円を描きにくいかと思います。中には肩を回すと”ゴリゴリ”と音が鳴る場合も。これは肩甲骨につながる肩、首周辺の筋肉が硬直し、疲労物質や老廃物が蓄積され、動かすことで摩擦の際にゴリゴリと音が鳴る、ということもあるのです。肩甲骨が動くことを意識しながらゆっくりと丁寧にまわすことで、可動域が徐々に広がり、毎日続けることで”ゴリゴリ”も解消されていくでしょう。肩や首の疲労が解消され、腰痛改善に効果が得られるという方もいらっしゃいます」(中野さん)

痛みが出る人はいきなり激しくまわすのは避けた方がよいそう。他の筋肉を傷める可能性もあるので、専門医に診てもらうことを推奨するそうです。

首を太く見せない女性におすすめの髪型

レイヤーをたっぷり入れた髪型

レイヤーを入れることで、首周りがスッキリし、顔の大きさもカバーしてくれるといわれています。

例えばこんなくびれを作ったスペードシルエットのヘアスタイル。

あごラインでくびれさせるレイヤースタイルは、毛先の浮遊感や動きのある毛流れが生まれ、首が細く見えるだけでなくこなれた雰囲気も手に入ります。

レイヤーをたっぷり入れた髪型

レイヤーをたっぷり入れた髪型

トップがふんわりするグラデーションヘア

グラデーションカットでトップをふんわりさせることで、襟足がスッキリ収まり、首が長く見えるといわれています。

例えばこんなマッシュショート。

襟足をタイトにした丸みのあるメリハリシルエットなので、首元がスッキリして清潔感も感じられます。

トップがふんわりするグラデーションヘア

トップがふんわりするグラデーションヘア

襟足がスッキリまとまる前下がりヘア

前下がりヘアは襟足がスッキリするので、首元がスッと長く見える視覚効果が。

例えばこんな前下がりボブは、首筋がとてもきれいに見えます。

襟足がスッキリまとまる前下がりヘア

襟足がスッキリまとまる前下がりヘア
「肩にかかるところは、いちばん広がりやすくてまとまりにくい長さ。毛量が多い場合、後ろは短くしてグラデーションカットで襟足を引き締めれば、いい感じに後頭部に丸みが出てキレイなシルエットになります」(FONS代表 堀川智明さん)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事