〝とどのつまり〟ってどういう意味?【頻繁に使わないけれど知っておきたい言葉】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.10.26

〝とどのつまり〟ってどういう意味?【頻繁に使わないけれど知っておきたい言葉】

〝とどのつまり〟とは、「結局」「いきつくところ」「最終的に」という意味で、さまざまなことを経たり、色々と考えたりした最後の場面で使われる言葉です。あまり頻繁に聞く言葉ではないですが、いざという時に恥ずかしくないよう知っておきたいところ。今回は「とどのつまり」について詳しくご紹介します。

Tags:

【目次】
「とどのつまり」の意味とは?
使い⽅を例⽂でチェック
類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「とどのつまり」の意味とは?

「とどのつまり」は、結論を述べるときに使う言葉だとなんとなくわかっていても、正しい使い方を知っている人は少ないのではないでしょうか。この記事では、「とどのつまり」という言葉について、意味や例文などを交え解説しますので、自信を持って使えるようになってくださいね。

とどのつまり

「とどのつまり」の意味

「とどのつまり」は、あまり頻繁には耳にしない言葉ですが、いざというときに恥ずかしくないよう、意味や正しい使い方を知っておくと安心です。

「とどのつまり」とは、「結局」「いきつくところ」「最終的に」という意味。さまざまなことを経たり、色々と考えたりした最後の場面で使われる言葉です。多くは、思わしくない結果になった際に使われます。

「とどのつまり」は「つまり」の類義語ですが、「とどのつまり」のほうが、丁寧でかしこまった印象を与えます。そのため、ここぞというときのビジネスシーンで使えるようになっておくと、社会人として役に立つでしょう。

「とどのつまり」の「とど」とは?

「とどのつまり」という言葉を知っていても、「とど」とは何なのか疑問に思いますよね。諸説ありますが、「とどのつまり」の語源は、魚の「ボラ」からきているといわれています。地域によって異なりますが、ボラは成長するにつれて、下記のように名前が変わる出世魚です。

ハク(約3センチ)→オボコ・スバシリ(5~10センチ)→イナ(約20センチ)→ボラ(30~40センチ)→トド(50センチ以上)

このように、最後に「トド」という名前になることから、「最終地点」や「いきつくところ」という意味合いで、「とどのつまり」という言葉が生まれました。

そのほかに、下記のような説もあります。
・物事の終わりの部分を意味する「とど(止・留)」と「詰まり」を合わせた表現
・物事の結果をあらわす「とうとう(到頭)」を約したもの

使い方を例文でチェック

「とどのつまり」は、単なる「結末」をあらわすのではなく、ネガティブな意味合いを含む言葉。ポイントとともに使い方を見ていきましょう。

期待通りにいかなかった場合に使う

まず理解しておきたいのは、「とどのつまり」はネガティブな意味合いを含むということ。良い結果になった場合には使わず、期待通りにいかなかった場合や、理想通りにならなかった場合に使うことが多い言葉です。

そのため、「修正を繰り返し、徹夜をして企画書を作ったとどのつまり、プレゼンに成功した」「言い合いばかりしていたが、とどのつまり親友になった」というような表現は適しているとはいえません。

とどのつまり

ある程度の期間や段階を経た最終的な場面で使う

先述したとおり、「とどのつまり」とは、色々なことを経てたどりついた結果のこと。たとえば、「電車に乗り遅れて、とどのつまり会社に遅刻した」というように、プロセスが少ない場合にはあまり使いませんので、注意してください。

ただし、「電車に乗り遅れたので、バスを2回も乗り換えたが、とどのつまり会社に遅刻した」という場合は、いくつかの段階を経たうえでの話ですので問題ないでしょう。

次からは、具体的な例文を見ていきましょう。

1:数年かけて準備をしてきたが、とどのつまり、プロジェクトは失敗に終わった。
2:喧嘩の絶えなかった両親は、とどのつまり離婚することになった。
3:努力を重ねたが、とどのつまり、息子は志望校に合格できなかった。
4:色々と考えた末、とどのつまりの策が、異動希望を出すことだった。

たいていの場合は、1~3のように、ある程度の行動を経たあと、良くない結果になったときの前置きとして使われます。また、4のように、検討や思考を重ねた場合や、名詞を修飾する使い方もできますので、覚えておきましょう。

類語や言い換え表現にはどのようなものがある?

「とどのつまり」はほかの言葉に言い換えることができます。しかし、類語だとしても多少の違いがあるので、一つひとつの言葉の意味をしっかり理解しておきましょう。

とどのつまり

1:挙句の果て

「挙句の果て」は、「あげくのはて」と読み、物事の終わりを意味する「挙句」を強めた表現。そもそも「挙句」とは、日本文学の形式である連歌や俳諧の最後の句・七七が語源の由来です。「挙句の果て」も「とどのつまり」と同じく、ネガティブな意味合いで使われます。また、良くない出来事のあと、さらに自体が悪化した場合に使うことが多い言葉です。

(例文) さまざまなトラブルを起こした挙句の果てに、同僚は会社を無断欠勤するようになってしまった。

2:結局

「結局」は、日常会話で使われることが多いため、身近な言葉ですよね。囲碁や将棋で一局打ち終える(一戦を終える)ことを「結局」と言うことから、結末や結果の意としても使われるようになりました。

最終的な結果を意味する点では、「とどのつまり」と同じですが、違いは、ネガティブな文脈の場合だけではなくポジティブな文脈の場合にも使えること。そのため、下記の例文のひとつ目は「とどのつまり」に言い換えることは適していません。

(例文1)別れたり復縁したりを繰り返したが、結果、ふたりは結婚することになった。
(例文2)常に友達の悪口を言っている彼は、結果、誰にも信用されなくなった。

3:つまるところ

「つまるところ」は、色々と考えた末の結論を述べるときに使う言葉です。類義語に「つまり」がありますが、「つまるところ」のほうがフォーマルな印象を与えるため、ビジネスの場面では、「つまるところ」を使うほうが良いでしょう。

また、下記のような場合にも使うことができます。

・話の核心に触れるとき
(例文)商談を重ねてまいりましたが、ご契約いただけないのは、つまるところ予算が問題でしょうか。

・話をまとめるとき
(例文)おっしゃっているのは、つまるところ、○○ということですよね。

・別の言葉に言い換えるとき
(例文)A:この店舗は、ほかの店舗より経費がかかる割に、売り上げが悪い。
B:つまるところ、店舗の閉鎖を考えているということでしょうか。

英語表現とは?

「とどのつまり」の英語表現には、「結局」「やはり」を意味する「after all」、「ついに」「とうとう」「(さまざまな考慮を経た)結果」を意味する「in the end」、「結局のところ」「要するに」を意味する「in the upshot」があります。英語のやりとりで使う際に、参考にしてみてください。

とどのつまり

1:After all she could not escape bankruptcy. (とどのつまり、彼女は破産を免れなかった)

2:In the end they divorced. (とどのつまり、彼らは離婚することになった)

3:In the upshot, I lost not only my cell-phone but my wallet as well. (とどのつまり、携帯だけではなく財布まで失くしてしまった)

最後に

物事の結果を述べる際に使われる「とどのつまり」。期待通りの結果にならなかった場合に使うことは、知っているようで知らなかったという方も多かったのではないでしょうか。使用する場面を理解して、正しく使い、日常生活だけではなく、ビジネスのシーンでも役立ててみてください。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
【今さら聞けない】〝ライフスタイル〟とは具体的にどういうこと?
〝盛者必衰〟の正しい使い方とは?意味や由来を徹底解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事