「自己陶酔」ってどんな意味? 特徴や心理、対処法などを詳しく解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.08.05

「自己陶酔」ってどんな意味? 特徴や心理、対処法などを詳しく解説

身近に自己陶酔型の人がいると対応に苦慮します。自分も無意識のうちに自己陶酔しているのでは?と心配になる人もいます。自己陶酔する人の特徴や心理を知り、人間関係を円滑に進めましょう。自己陶酔する人への対処法や、自分を変える方法を解説します。

Tags:

【目次】
 ・「自己陶酔」の意味とは?
 ・自己陶酔している人の特徴・心理
 ・自己陶酔している人への対処法
 ・自己陶酔する自分を変えるには?

「自己陶酔」の意味とは?

自己陶酔とは、どのような状態を指すのでしょうか? 言葉の正しい意味を見ていきましょう。

自己陶酔 特徴 とは

(C)Shutterstock.com

自分に満足し、酔いしれること

自己陶酔は「自分に対してうっとりと酔いしれる」状態を指す言葉です。自己陶酔している人は自分の容姿や才能、行動に満足して「素晴らしい」と感じています。

人は誰でも、うまくいっているときは自分に満足して、酔いしれる感覚を味わうもの。このような一時的な自己陶酔は、ごく自然な感情です。例えば、勉強を頑張って難関大学に合格したときに、自分の努力と学習能力の高さにしばし酔いしれても、誰も不快には思いません。

ただし、いつも自分に酔いしれている人は「うぬぼれが強い」と思われ、周囲から煙たがられてしまう傾向にあります。

「ナルシスト」ってどんな人?自己愛にあふれる人の特徴と上手な付き合い方まとめ | Domani

自己陶酔している人の特徴・心理

自己陶酔している人の心理には、いくつかの共通点があります。主な特徴を見ていきましょう。

自己陶酔 特徴 心理 対処 直す 改善

注目されたい

自己陶酔している人は自分の容姿や能力に自信があり、「優れている自分に注目してほしい」という願望を常に持っています。このため人の話を最後まで聞かずに、自分の話ばかりしがちです。

また、自分より優れている人がいても負けを認めず、自分の優位性を強調したがることも。誰かが他人を褒めていると、妬ましさを感じて話を遮り、自分のよさを主張し始める人も少なくありません。

心理カウンセラーが教える!「自己中な人」ってどんな人?自己中心的な性格は育った環境が関係しているってホント!? | Domani

自分を大きく見せたい

自己陶酔している人は褒められるのが大好きです。「周囲から尊敬されたい」「すごい人物だと思われたい」という心理が働いて、小さなことでも大げさに語る傾向が見られます。

普通なら自慢しないようなささいな出来事を、いかにも珍しいことのように語ったり、見た目のよさをアピールする写真をSNSにのせたりして、周囲の反応を待つケースも。

「有名人と知り合い」のように特別感を演出する、誰も知らない昔の武勇伝を語るといった言動も、自分を大きく見せたい気持ちの表れです。

自分語りとはどんな意味?その対応に困った体験談も合わせてご紹介 | Domani

自分に自信がある

自己陶酔している人のほとんどは大変な自信家といっても過言ではありません。周囲が思っている以上に自分を過大評価して、実際はできないことも「自分ならできる」と思い込んでいます。

とてもプライドが高く、自分の間違いや失敗を素直に認めません。例えば、仕事でミスをして上司に注意されても「教えてくれない方が悪い」「自分のせいではない」と言い張ります。

自分がミスしたことを認めたくないのはもちろん、失敗したことを周りに知られるのも我慢できないので、かたくなに否定してしまうのです。

自己陶酔している人への対処法

自己陶酔している人は他人に関心がなく、何事も自分を中心に考えるため、付き合いにくく感じることがあります。

職場や親戚など身近な場所に自己陶酔している人がいるときは、どのように接したらよいのでしょうか。上手な対処法を見ていきましょう。

自己陶酔 特徴 対処法 付き合い方

(C)Shutterstock.com

相手を褒めてあげる

自己陶酔している人の言動は、ほとんどの場合「褒められたい」という承認欲求から来ています。まずは相手の話をよく聞いて、褒めてあげることが大切です。

毎回自慢話を聞かされてうんざりしている人も、一度「すごいね」と相手を褒めてみましょう。褒められると承認欲求が満たされ、あなたの話にも耳を傾けるようになる可能性も高まります。

また、何かを頼むときは、相手を持ち上げるようにして依頼するのがポイントです。「〇〇さんだからこそ、お願いしたい」と、相手の能力を評価していることを強調しましょう。人から頼りにされていると分かれば、喜んで協力してくれます。

必要以上に関わらない

どうしても必要なとき以外は関わらないようにすることも、対処法の一つです。自己陶酔している人は他人の意見を聞かず、自分を正当化する傾向が強いため、うっかり口出しすると逆に攻撃される恐れもあります。さらに、自分が人を傷つけている事実にすら気づいていない場合も考えられます。手に負えないと感じたら、思い切って距離を置いてみましょう。

自己陶酔する自分を変えるには?

自己陶酔に陥ると周りが見えなくなり、人間関係にも影響を及ぼします。自己陶酔しているかもしれないと感じたときや、親しい人に指摘されたときは、どうしたらよいのでしょうか。自分の意識を改善する方法を見ていきましょう。

自己陶酔 特徴 直したい 直す 変える 改善

視野を広げよう

自己陶酔している人は、いつでも自分が中心にいられれば満足で、周りの様子を客観的に見られない傾向にあります。

自分にしか向いていない意識をほかへ向けるためにも、まずは視野を広げる練習をしましょう。グループ会話の際に、一度会話から外れてメンバーの様子を観察するのも有効です。誰かが話した内容に対して、他の人がどんな反応をするのかを見ていると、自分は何を話すべきなのかが自然に分かってきます。

視野を広げ、他人の気持ちになって考えられるようになれば、独りよがりな自己陶酔から抜け出せるでしょう。

視野が狭い人の特徴って?生じるデメリットや視野を広げるための改善方法|Domani

自分の行動・発言を振り返ってみる

自己陶酔している人は、自分の全てに自信を持っているため、言動を反省する機会がほとんどないことも特徴として挙げられます。自分に非があると分かっていても、認めたくない気持ちが強く、あえて振り返らない人も。

自己陶酔する自分を変えたいと思うのならば、1日の終わりに行動や発言を振り返る時間を設けましょう。その日の言動を思い出し「もし同じことを他人がしていたら?」と問いかけてみます。

自分が得意気に話した内容と同じことを、もし他人に聞かされたとしたら、とイメージするのです。そのときの相手の表情も思い出して、受け手側の気持ちを考えてみましょう。

毎日の言動を振り返る習慣をつければ、徐々に自分のクセが明らかになり、改善のポイントが見つかります。

こちらの記事もたくさん読まれています

つまらない女って?男女それぞれから見た「つまらない」と思われる女性の特徴
【100人に聞いた】周囲に「不幸自慢」が多い人はいる?臨床心理士による上手な接し方のポイントも紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事