Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.12.09

「絵に描いた餅」になぜ「餅」が使われたのか知ってる?正しい意味や使い方などを解説



「絵に描いた餅」とは、役に立たないことや無駄なことを意味する表現で、由来は故事成語の「画餅(がべい)」という言葉です。ビジネスシーンでも日常生活でも使われるため、正しい使い方を理解しておきましょう。今回は「絵に描いた餅」の意味や例文などを解説します。

Tags:

「絵に描いた餅」の意味と由来

【絵に描いた餅:えにかいたもち】
《どんなに巧みに描いてあっても食べられないところから》何の役にも立たないもの。また、実物・本物でなければ何の値打ちもないこと。画餅(がべい)。
<補説>「絵に描いたよう(素晴らしい、また、典型的であるさま)」と混同して「絵に描いたような餅」とするのは誤り。(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

絵に描いた餅

絵に描いた餅」の基本的な意味は「役に立たないこと」です。三国志時代の歴史書に由来する言葉で、「画餅(がべい)」と表現することもあります。

似たような表現に「絵に描いたような」がありますが、絵に描いた餅とは意味が異なるため混同しないようにしましょう。ここでは、絵に描いた餅の正しい意味や由来、「絵に描いたような」との違いについて解説します。

「絵に描いた餅」の意味は役に立たないこと

「絵に描いた餅」は、役に立たないことという意味の故事成語です。そのほかにも、無駄なことや実現不可能なことを指す言葉としても使われます。

絵として描かれた餅は、どんなに素晴らしい作品でもただの絵であり、実際に食べることはできません。そこから、実際には役に立たないことを表す際に使われるようになりました。

「絵に描いた餅」以外に、漢字を変えて「画に描いた餅」としたり、「画餅」と省略したりして表現することもあります。

「絵に描いた餅」の由来は三国志時代の歴史書

「絵に描いた餅」は、上述の「画餅」に由来する言葉です。では、そもそも「画餅」の語源は何かというと、三国志時代の歴史書『魏書』に由来するという説があります。

由来となったのは、魏書の中に登場する「名は地に画きて餅を作るが如く」という文です。これは「地面に描いた餅は食べることができない。それと同じように、名声や評判は役に立たないものである」という意味です。

役に立たないものを例える際に、当時の高級品であった餅が使われたことから、「画餅」という言葉が誕生しました。その後、日本に「画餅」という言葉が伝わる際に、「絵に描いた餅」という表現に形を変えて広まったとされています。

「絵に描いたような」という表現との違い

絵に描いたような」は、まるで絵のように美しいものや素晴らしいもの、理想的なものを指す言葉です。または、典型的な状態であると伝える際にも使われます。例えば「絵に描いたような家庭」は、誰もが理想とする典型的な家庭という意味です。

それに対し、「絵に描いた餅」は役に立たない、実現不可能といったマイナスのイメージをもつ言葉です。「絵に描いた餅のような家庭」というと、実際には実現しないような家庭という意味になり、「絵に描いたような家庭」とは全く異なる表現であることがわかるでしょう。

「絵に描いた餅」の使い方2つと例文

「絵に描いた餅」の使い方は、主に以下の2つです。

1.実現しなかったこと
2.不可能であること

絵に描いた餅

絵に描いた餅」は、過去について話す際にも未来について話す際にも使える表現です。日常会話に限らず、ビジネスシーンでもよく登場するため、正しい使い方を覚えておくと便利でしょう。ここでは「絵に描いた餅」の使い方を例文とともに解説します。

1.実現しなかったこと

絵に描いた餅」は、過去に実現しなかったことについて述べる際に使えます。主にビジネスシーンで使われることが多い用法です。

実現しなかったことを表す際の例文は以下を参考にしてください。

・進行中の企画は【絵に描いた餅】で終わってしまった。
・【絵に描いた餅】にならないようにしっかりと計画を立てた。

または以下の例文のように、役に立たなかったことを「絵に描いた餅」と表すケースも多くあります。

せっかく作った資料が、急な変更で【絵に描いた餅】になってしまった

2.不可能であること

絵に描いた餅」には実現する可能性が低いという意味があるため、不可能であることを表す際にも使えます。どちらかというと、「実現するのが難しそうである」というよりも「現実とかけ離れすぎていて不可能である」というニュアンスが強いといえます。

不可能であることを意味する「絵に描いた餅」の例文をいくつかご紹介します。

・働き方改革は【絵に描いた餅】だ。
・彼の主張は【絵に描いた餅】で、理想論に過ぎません。
・企画としては素晴らしいものの、現実味がないので【絵に描いた餅】です。

「絵に描いた餅」の類義語・対義語

「絵に描いた餅」には関連する言葉がいくつかあります。例えば、類義語は「机上の空論」や「取らぬ狸の皮算用」、対義語は「不言実行」や「明日の百より今日の五十」です。

絵に描いた餅

関連する言葉について知っておくと、「絵に描いた餅」の意味をさらにイメージしやすくなるでしょう。ここでは、「絵に描いた餅」の類義語や対義語について解説します。

「絵に描いた餅」の類義語2つ

机上の空論」とは、実現するのが難しい理論のことです。ただ頭の中で考えた内容や、机の上で組み立てただけの計画などを指します。「絵に描いた餅」と同じように使える言葉で、役に立たないというニュアンスがあります。

取らぬ狸の皮算用」とは、ただの目論見で導いた計算や、現実的ではない計画のことです。「まだ狸を捕まえてもいないのに、狸の皮を売って得られるお金を計算する」という意味が転じて、「まだ手に入れてないものをあてにして計画すること」を表します。

表記にはいくつかパターンがあり、「捕らぬ狸」や「獲らぬ狸」と書くこともあります。

「絵に描いた餅」の対義語2つ

「絵に描いた餅」の対義語として、四字熟語の「不言実行」が挙げられます。「不言実行」の意味は「理屈を並べ立てず、すべきことをして実を結ぶ」です。「絵に描いた餅」は言葉を並べるだけで実際には実現しない計画を指すため、言葉にせずとも実現させられるという「不言実行」は反対の意味といえます。

​​「明日の百より今日の五十」も「絵に描いた餅」の対義語の1つで、「不確実であてにならないものに期待するより、わずかでも確実に手に入るものを選ぶべき」という意味があります。

「絵に描いた餅」の意味を正しく理解しよう

絵に描いた餅

「絵に描いた餅」は、役に立たないことや無駄なこと、実現不可能なことを指す言葉です。語源は中国に伝わる歴史書『魏書』に登場した一文で、「画餅」という言葉から絵に描いた餅という表現が生まれました。

日常会話はもちろんビジネスシーンでも多用され、主に実現しなかったことや不可能であることを表す際に使えます。「絵に描いた餅」の意味や使い方を正しく理解し、適切な場面で使ってみてください。

あわせて読みたい

「生々流転」は絵画や小説のタイトルにもなった○○用語!読み方や使い方、類語などを解説
「棚から牡丹餅」正しく使えてる?類語と対義語もチェックしよう

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事