Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.11.16

〝閑静〟の正しい意味や使い方は?【今さら聞けない!大人の漢字クイズ】

「閑静な住宅街」など、場所を説明する時に聞くことが多い〝閑静〟という言葉。なんとなく意味は知っているけれど、いざ説明しようと思うと少し難しい言葉でもありますよね。今回は「閑静」の意味や正しい使い方などをご紹介します。

Tags:

【目次】
「閑静」の読み方や意味とは?
使い方を例文でチェック!
類語や言い換え表現とは?
対義語とは?
英語表現とは?
最後に

「閑静」の読み方や意味とは?

閑静

「閑静」という言葉は、「閑静な住宅街」など、場所を説明する時に聞くことが多いですよね。なんとなく意味は知っているという方も、あらためて「閑静」の意味を理解しておきましょう。

読み方や意味とは?

「閑静」は「かんせい」、もしくは「かんじゃく」と読むことができます。言葉の意味は、「静かで落ち着いたようす」、「ざわめきがなく、物静かなようす」です。

もともと「閑」という漢字が、「静かで落ち着いているようす」をあらわします。この「閑」に、「物音がなく、静かなようす」という意味の漢字「静」を組み合わせたのが「閑静」です。

注意したいのは、「閑静」は、土地や住まいなどの場所に対して使う言葉ということ。「閑静な人」、「閑静な女性」など、人に対しては使いませんので、誤って使わないように気をつけましょう。

「閑静」と「閑散」の違いは?

「閑静」と似ている言葉に「閑散」があります。「閑散」は「かんさん」と読みます。意味は3つあり、「しんとして静まりかえっていること」、「仕事がなく、暇なこと」、「売買や取引が少ないこと」です。1つ目の意味が「閑静」と似ていますが、「閑散」は、「もの寂しい」というニュアンスを含みます

そのため、「閑静な住宅街」と「閑散とした住宅街」では、印象が異なります。「閑静な住宅街」は、単に静かで落ち着いた住宅街をあらわしますが、「閑散とした住宅街」では、静かでもの寂しい雰囲気の住宅街という表現になります。このように、似ている言葉ですがニュアンスが異なるため、文脈に注意して使うようにしましょう。

使い方を例文でチェック!

次に、「閑静」の使い方を例文で紹介します。主に、場所や住まいなどについて使う言葉ですので、さまざまな場面で使ってみましょう。

1:「次に引っ越すなら、人が多い都心ではなく、郊外にある閑静な住宅街にしよう」

「閑静」という言葉を一番使うのは、住居のエリアについてではないでしょうか。交通の利便性や通勤のしやすさを考えると、都心の方が良いですが、落ち着いた環境でゆっくりと過ごすには、郊外の方が適していますよね。この例文では、「人が多い都心」と「郊外の閑静な住宅街」というように、対照的な言葉を並べることで、その対比を強調しています。

2:「大通りは賑やかな雰囲気だが、小道に入ると閑静な街並みが広がっている」

大通りは人が多くて騒がしかったのに、通りを一本入ると、さっきまでの喧騒が嘘だったかのように、静寂な雰囲気が広がる小道ってありますよね。そのような場面を表現した文です。単に「静かな街並み」と言うよりは、「閑静な街並み」と言った方が、物音がなく、落ち着いた雰囲気であることが伝わるでしょう。

3:「そのホテルは、山の奥にあり、自然が豊かでとても閑静だ」

閑静

この例文のように「閑静」は、特定の場所についても使うことができます。駅から近く、飲食店やお土産屋さんが周辺に多くあるホテルは、比較的賑やかですが、山奥にあるホテルは静かでゆったりとした時間が流れています。旅行で訪れた場所が「閑静」だった場合には、こうした表現を使ってみてください。

4:「先日商談した企業は、閑静なオフィス街にあった」

訪れた会社が「閑静なオフィス街」にあった時の例文です。「閑静」と聞いて、嫌な印象を受ける方は少ないので、相手の方に「周辺はとても閑静ですね」と実際に伝えてみるのも良いかもしれません。

類語や言い換え表現とは?

「静かで落ち着いたようす」をあらわす「閑静」と同じような意味の言葉を紹介します。すべて「静かであること」は共通していますが、受け取る印象が異なりますので、1つ1つ見ていきましょう。

1:物静か

最初に類語として挙げられるのは「物静か」です。「物静か」は、「ひっそりとして静かなようす」、「落ち着いていて穏やかな」という意味の言葉。「閑静」とほぼ同じ意味ですので、たとえば「閑静な住宅街」を「物静かな住宅街」、「閑静なホテル」を「物静かなホテル」と言い換えることができます。ただし、「閑静」と違い、「物静か」は、人に対しても使うことができます。

2:ひっそり

その他の類語は、「ひっそり」です。「ひっそり」の意味は、「物音や人の声が聞こえず、静かなようす」です。「ひっそりとした家」、「ひっそりと静まりかえった住宅地」などと使うことができます。しかし、「ひっそり」には「寂しく静かな」というニュアンスが含まれることを覚えておきましょう。

3:閑寂

「閑寂」は「かんじゃく」と読み、意味は「静かで落ち着いていること」です。「閑静」の類語ではありますが、漢字から読み取れる通り、「寂しくひっそりとした」という意味合いを含みます。2つ目の類語で紹介した「ひっそり」と同じく、ネガティブな印象を与えることが多い言葉です。

対義語とは?

「閑静」の反対の意味の言葉は、「騒がしい環境」や「人が多く活気があること」などです。具体的に、どのような言葉があるか見ていきましょう。

閑静

1:喧騒

「喧騒」は、「閑静」の代表的な対義語のひとつです。読み方は「けんそう」で、意味は「人の声や物音がうるさく、騒がしいこと」。「都会の喧騒」や「繁華街の喧騒」など、人が多く集まる場所と一緒に使われることが多い言葉です。

2:賑やか

「賑やか」は日常生活でもよく使われる言葉ですよね。「人の声や物音がよく聞こえるようす」をあらわし、「よく話す陽気な人」などと人に対しても使われます。

3:やかましい

「閑静」の対義語として、「やかましい」も挙げられます。言葉の意味は「人の声や物音が騒がしい」です。単に騒がしいだけでなく、「うるさくて、不快である」といったネガティブな意味合いを含みます。

英語表現とは?

「閑静」の英語表現はどのようなものがあるのでしょうか。耳にすることが多い「quiet」から、聞き慣れない「tranquil」まで紹介します。

1:My friend lives in a quiet residential area.

「友達は閑静な住宅街に住んでいる」

「閑静」の英語表現として一番に使われるのは「quietness」です。「閑静」自体を表す英語は「quietness」ですが、「閑静な〜」という表現をしたい場合は、「quiet」を使いましょう。なお、「quiet」は人や生活などに対しても使えます。そのため「閑静な場所」を英語で説明するときは、特定の場所を修飾する形で使うと、よりわかりやすいでしょう。

2:That hotel has a calm atmosphere.

「あのホテルは閑静な雰囲気だ」

「calm」も「閑静」の英語表現の一つで、「落ち着いた」、「穏やかな」、「平穏な」などを意味する単語です。「calm」も、「quiet」と同じく、人や心の状態などに対しても使えます。

3:She wants to live in a place more tranquil than here.

「彼女はここよりもっと静かな場所に住みたがっている」

あまり聞き慣れない「tranquil」も「閑静」を英語で伝えたいときに使える言葉です。「平穏な」、「静かな」、「のどかな」などの意味を持ちます。

最後に

「静かで落ち着いたようす」を意味する「閑静」。「閑静な住宅街」はよく聞く表現ではありますが、特定の街やホテル、温泉地など、さまざまな場所に対して使うことができます。日常の中で出会った「静かで落ち着いた場所」を説明するときには、ぜひ「閑静」という言葉を使ってみてくださいね。

こちらの記事もたくさん読まれています
【茶番】ってどんな意味?言葉の意味や成り立ちとは
〝空蝉〟ってなんと読む?現代の使い方をご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事