Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.12.08

衣類圧縮袋のおすすめ【10選】つるす・大容量・トラベルタイプ&使用のコツ

衣類圧縮袋は、服をコンパクトに収納したいと思っている人に適した便利アイテムです。衣類が多すぎて困っている人は、圧縮袋を取り入れた整頓方法を試してみましょう。上手に使うポイントや、クローゼットの中がすっきり片付くおすすめ商品を紹介します。

Tags:

衣類圧縮袋とは?

衣類圧縮袋は「クローゼットが衣類でパンパンになってしまって、片付けがうまくいかない」というお悩みを持っている人にぴったりのアイテムです。まずはどのようなアイテムなのか、概要を解説します。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 とは 特徴

(C)Shutterstock.com

衣類を圧縮して収納する袋

衣類圧縮袋は「気密性が高い素材」でできており、中に入れた衣類を圧縮し、カサを減らせるアイテムです。袋の中に入った空気を押し出すことで衣類のふくらみをなくすため、普通に畳んで収納するときに比べて1/3程度までカサを減らすことができます。

衣類の量が多く収納に困っていたり、衣類以外にも多くのもので収納庫が埋まっていたりする場合、衣類圧縮袋を使うことでコンパクトに衣類を収納できます。

衣類のカサが減れば、その分多くの荷物を入れられるので整理整頓に役立つでしょう。空気の抜き方はさまざまですが、手で簡単に押し出したり、掃除機を利用したりなど、手軽にできる商品が一般的です。

衣類圧縮袋のメリット

衣類圧縮袋を使うことで、衣類をコンパクトに袋の中に収められます。使用することでどのようなメリットが得られるのか、詳しく見ていきましょう。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 メリット

(C)Shutterstock.com

狭いスペースでもたくさん収納できる

衣類圧縮袋を使用すると、これまでスペースの問題で限られた量の衣類しか入れられなかった場所に、多くの衣類を入れられるようになります。家族が多いと、クローゼットや押し入れの中に全員分の衣類をしまえなくなることが少なくありません。子どもが小さいうちは収納場所が足りても、成長するにつれ衣類のサイズが大きくなり、より大きな収納場所が必要になります。

室内が狭く収納家具を増やせなかったり、収納するものの量を減らせなかったりで悩んでいる場合に適したアイテムだといえるでしょう。さまざまな形状の衣類圧縮袋があるので、収納場所に合わせて選ぶと、スペースを有効活用できます。

また、衣類圧縮袋は自宅の衣類収納に使用するだけでなく、旅行などの際にスーツケースの中を整理するにも便利です。「限られたスペースの中に衣類をコンパクトに収納したい」というシーンにおいて、さまざまな活用方法が考えられます。

衣替えを楽にする収納のコツとは?今すぐ実践したい保管方法も紹介|Domani

洋服の分類にも便利

衣類圧縮袋の色ごとに収納するアイテムを分けたり、衣類の種類ごとにまとめて同じ場所に保管すれば、洋服の分類にも役立ちます。家族それぞれで色分けをしておけば、衣替えのときもスムーズです。色で分ける以外にも、透明な素材でできていて中身が見えるタイプを選ぶのもよいでしょう。ぱっと見てどの衣類が入っているかを見分けられ、衣類が行方不明になってしまうことを防げます。

衣類圧縮袋のデザインは、商品によってさまざまです。目につきやすいところに収納する場合は、あえて中身が見えないタイプを選び、生活感を抑える方法もあります。

上手に使えば虫食いやカビの予防にも

衣類圧縮袋の中は「隙間や空気が少ない状態」になっているので、衣類に害を及ぼす虫が入り込みにくい形状です。小さな隙間ができないように慎重に空気を抜くと、より防虫効果を高められます。

完全な真空状態を保つことは難しく、虫やカビの発生を完璧に防ぎ切れるわけではありませんが、除菌効果や防虫効果がある衣類圧縮袋を使用すれば、虫食いの予防に効果的です。

また、虫やカビは衣類の汚れに集まりやすい特徴があります。多くの空気を抜くだけでなく、衣類を収納する前に、清潔で乾燥した状態に整えておくことも重要です。

衣類圧縮袋の選び方と使い方

「衣類を圧縮して収納できれば、どんなものでも構わない」と考える人もいるかもしれませんが、使いやすいものを選ぶには衣類圧縮袋のタイプや形状などを知っておくことが重要です。選び方や使い方のポイントを見ていきましょう。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 使い方

(C)Shutterstock.com

空気の抜き方で選ぶ

衣類圧縮袋の空気の抜き方は主に2種類で、「手で袋の中の空気を押し出すもの」と「掃除機で抜くもの」に分けられます。

「手で空気を押し出すタイプ」は比較的小さなサイズのものが多く、子どもの衣類や、薄手な夏物衣類の収納に便利です。衣類を入れたら口を閉じた状態で端から丸めていき、通気口から空気を押し出して密閉する仕組みになっています。圧縮袋さえあれば道具がなくても空気を抜ける手軽さが、手で袋の中の空気を押し出すタイプの大きな魅力です。自宅の収納だけでなく、旅先でも使用するなら手で空気を押し出すタイプを使いましょう。

「掃除機で空気を抜くタイプ」は、力がない人でも簡単に圧縮できます。バルブや入り口の隙間に掃除機の先端を入れ、スイッチを入れるだけなので、時間や手間もかかりません。手で押し出すよりもしっかりと空気を抜けるものが多く、アウターなどの冬物の衣類を圧縮したいときは、掃除機を使うタイプを選ぶと楽です。

圧縮袋の形状で選ぶ

衣類圧縮袋にはさまざまな形状の商品があり、用途に合わせて使い分けるのがおすすめです。例えば、シワになりやすい衣類を圧縮するなら、クローゼットにつるして収納できる「ハンガータイプ」を選びましょう。

セーターなどかさばる冬物の衣類をまとめて圧縮するなら、一度に20着程度の衣類をまとめて圧縮できる大きめなサイズが便利です。「細かく分類して圧縮するのが面倒」と感じる人にも、このタイプが向いています。

大きなサイズのものに少量の衣類しか入れなかったり、反対に小さなサイズのものに多くの衣類を入れたりすると、うまく圧縮できません。形状だけでなく、衣類のサイズに合ったものを選ぶことも忘れないようにしましょう。

ファスナーの形状や袋の厚みもチェック

ファスナーの形状によっても、使いやすさは変わります。衣類を入れた後の袋に隙間があると、うまく空気を押し出せません。

「スライダー」が付いているものだと、つまんで動かすだけできっちりと閉められます。スライダーがないものは手で少しずつ閉じていく必要があり、衣類の出し入れに時間がかかりがちです。圧縮作業をする際は、一気に空気を押し出そうとせず、何回かに分けて少しずつ押し出していくと上手に空気が抜けます。

また、同じ衣類圧縮袋と名前が付いているものでも、袋の厚みはさまざまです。できるだけ厚みがあるタイプを選んだ方が、作業中や保管中に破れにくくなります。

しかし、あまりに袋が分厚すぎてもカサが増えてしまい使い勝手がよくありません。長期間保管する必要があるときは厚めのもの、すぐに使用する予定があるときは薄めのものというように使い分けるとよいでしょう。

おすすめ衣類圧縮袋・つるすタイプ

圧縮した衣類をクローゼットに収納するなら、つるせるタイプが便利です。ハンガーにかけて収納すれば、使いたいときに簡単に取り出せます。バルブ式で使いやすい、つるせるタイプの商品を紹介します。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 つるす

東和産業「KP 吊るせる衣類圧縮パック ショート2枚入」

圧縮袋1枚の中に、複数の衣類を収納できる商品です。20cmのマチがあり、ダウンジャケットは2着、厚手のセーターなどは2~3着分が入る大きさです。「つるしたままバルブに掃除機を入れて空気を吸い出せる」ので、圧縮作業を短縮できます。

サイズは幅60×長さ110×マチ20cmです。ロングコートやスキーウェアなどの長さがある衣類を圧縮したいときは、同じシリーズのロングタイプを利用しましょう。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 つるす

商品名:東和産業 KP 吊るせる衣類圧縮パック ショート2枚入

ニトリ「吊るせるコート用圧縮袋(2枚入り)」

2連フック式になっていて、2着同時に衣類をかけられる作りの衣類圧縮袋です。バルブに掃除機のノズルをあてて圧縮するタイプで、スムーズに空気を抜けます。

サイズは幅60×長さ135cm(ハンガー部分10cm)で、長めのコートもかけられる大きさです。かさばる冬物のアウターを収納するにも、十分なサイズだといえるでしょう。

「カラーチャック」を使用しており、密閉状態になっているかが分かりやすく、スムーズに作業できます。2枚入りなので、合計4着の衣類を収納できるアイテムです。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 つるす ニトリ

商品名:ニトリ 吊るせるコート用圧縮袋(2枚入り)

オリエンネックス「吊るせる衣類圧縮袋 5枚セット」

掃除機だけでなく、付属の「手動式ポンプ」でも圧縮できるタイプです。掃除機を持っていない場合にも使用でき、多くの人が取り入れやすいアイテムといえます。バルブのキャップを開けて掃除機や付属のポンプを入れて空気を抜いたら、キャップを閉めて圧縮しましょう。手順が分かりやすく、不器用な人でも簡単に衣類を圧縮できます。

スライダー式で楽に開け閉めが楽でき、衣類を出し入れするときにもたつくことがありません。チャックが二重になっており、しっかりと密閉できる設計です。

幅67×長さ90cmのMサイズが3枚、幅67×長さ110cmのLサイズが2枚セットになっています。1袋につき2~4着が入るので、たくさんの衣類の収納が可能です。また、耐久性に優れたPE素材を使用し、繰り返し使えるように設計されている点も魅力です。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 つるす

商品名:オリエンネックス 吊るせる衣類圧縮袋 5枚セット

おすすめ衣類圧縮袋・大容量タイプ

たくさんの衣類の収納場所に困っている人は、大容量タイプの衣類圧縮袋がおすすめです。かさばる衣類を収納しやすく、初めて使う人でも上手に圧縮できる工夫がされた商品を紹介します。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 大容量

(C)Shutterstock.com

オリエント「超薄型バルブ 衣類圧縮袋コンパクト 2枚組」

畳んだ状態で、トレーナーを約10枚分入れられる設計の衣類圧縮袋です。この商品の最大の魅力は「バルブの薄さ」にあります。バルブの厚みが邪魔になることなく、コンパクトに収納できるように作られているのです。

圧縮方法も簡単で、バルブのふたを上げた状態で吸引し、圧縮後にふたを押せば完了します。「かさばる衣類を、とにかくコンパクトに収納したい」と思っている人にぴったりのアイテムです。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 大容量 トレーナー

商品名:オリエント 超薄型バルブ 衣類圧縮袋コンパクト 2枚組

石崎資材「衣類まとめて圧縮袋 衣装ケース用」

幅75×長さ85×底マチ32cmと、大型の衣類圧縮袋です。1枚につき、衣装ケース約2個分もの大容量の衣類を入れられます。

圧縮した袋の中の湿度を示す「湿気インジケータ」が内蔵されていることが特徴です。青色のときは乾燥状態、ピンク色のときは湿気がたまった状態になっています。袋の中の湿度が80%を超えると、カビが発生しやすい状態です。インジケータがピンク色になっていたら、中身を取り出して湿気を取り除きましょう。

約12mmの薄型バルブを使用し、スムーズに重ねられるように設計されています。使用しているときにスライダーが外れても、簡単に再装着できるなど、長く使える工夫がされている点も魅力です。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 大容量 衣装ケース

商品名:石崎資材 衣類まとめて圧縮袋 衣装ケース用

ワイズコーポレーション「圧縮plusシリーズ 衣類用」

ダウンジャケットは約8~10枚、セーターは25~30枚を収納できる大容量の衣類圧縮袋1枚と、衣装ケース1個がセットになった商品です。圧縮した衣類はジャストサイズの衣装ケースに入れることで、よりコンパクトに、見た目もきれいに収納できます。

圧縮袋はバルブに掃除機のノズルを入れて吸引するタイプで、スムーズに空気を抜ける仕様です。逆流防止バルブ付きなので「空気がうまく抜けない」というトラブルが少なく、手軽に扱いやすいといえるでしょう。

セットの収納ケースには、持ち手や衣類のふくらみを押さえるためのベルトも付属し、圧縮した衣類をケースの中に収納しやすいところもポイントです。ケースの側面には「透明な窓」が付いており、中に何が入っているかを確認できます。使用しないときは、畳んでコンパクトにできるところも便利です。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 大容量

商品名:ワイズコーポレーション 圧縮plusシリーズ 衣類用

おすすめ衣類圧縮袋・トラベルタイプ

トラベルタイプの衣類圧縮袋は、手で空気を押し出すことができることから、出番は少ないもののクローゼットの奥にしまうほどでもないアイテムの整頓に便利です。

例えば、厚手のインナーやタイツなどをコンパクトにできれば、収納スペースを増やせます。掃除機を使わずに簡単に圧縮でき、手早くクローゼット内を片付けられるはずです。

家でも旅行でも気軽に使える、トラベルタイプの商品を見ていきましょう。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 トラベル

(C)Shutterstock.com

無印良品「衣類用圧縮袋」

手で空気を押し出して、圧縮するタイプの衣類圧縮袋です。透明な面と色付きの面で構成されており、中身の衣類を見せないようにバッグや収納ケースにしまっておくこともできます。

サイズは幅39×長さ50cmで、Tシャツなら2~3枚、セーターは1~2枚を入れられる大きさです。中に衣類を入れたらチャックを閉め、チャック側からゆっくりと丸めて「脱気口」から空気を抜きましょう。入り口と反対側にある脱気口を、衣類で塞がないようにすることがうまく空気を抜くコツです。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 トラベル 無印

商品名:無印良品 衣類用圧縮袋

ラッキーシップ「Vac Pac SMLアソート」

汗をかいたあとの衣類を入れて持ち運べる「抗菌仕様」の衣類圧縮袋です。S・M・Lサイズが2枚ずつ入っていて、さまざまな衣類に対応できます。

幅27×長さ38cmのSサイズは下着やスポーツタオル、幅32×長さ50cmのMサイズはパジャマの上下、幅42×長さ50cmのLサイズはバスタオルやセーター、というように分けて入れるとよいでしょう。

衣類を入れてチャックを閉めたら、上から押したり体重をかけたりして空気を抜きます。仕上げに、入り口側から丸めるようにして空気を抜いて完了です。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 トラベル セット

商品名:ラッキーシップ Vac Pac SMLアソート

東和産業「VO 押すだけ衣類圧縮パック M2P」

片面が透明でもう片面に「プリント」が施されていて、中身が見えないように隠した状態で収納できます。収納ケースや旅行バッグから袋を取り出したとき、透明な面から中身を確認できて便利です。

Mサイズは幅45×長さ35cmで、下着4~6枚、Tシャツ2枚程度が入る大きさです。入り口が「スライダー式」で簡単に衣類を出し入れでき、旅行先で急いで荷物をまとめて出発したいときも慌てずに済みます。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 トラベル 押すだけ

商品名:東和産業 VO 押すだけ衣類圧縮パック M2P

リムーブエアー「衣類圧縮袋10枚セット」

フィルム素材にエンボス加工を施した、丈夫で破れにくい衣類圧縮袋です。しなやかで巻きやすい硬さに仕上げられています。抜いた空気が戻らない「逆止弁構造」でしっかりと密閉でき、真空に近い状態が長続きするところが魅力です。

素材・設計・製造など、全てが日本製で厳しい品質管理がされています。LLサイズ(幅44×長さ65cm)が2枚、Lサイズ(幅34×長さ49cm)が5枚、Mサイズ(幅32×長さ39cm)が3枚の10枚セットです。サイズごとに、ピンク・青・緑と色分けがされ、使いたいサイズが一目で分かります。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 トラベル かわいい

商品名:リムーブエアー 衣類圧縮袋10枚セット

衣類圧縮袋を使う際の注意点

初めて利用する人でも簡単に使える衣類圧縮袋ですが、使用する前に注意点を知っておくと失敗を防げます。使用後に後悔しないように、利用の際の注意点をチェックしましょう。

衣類圧縮袋 おすすめ 人気 選び方 注意点

(C)Shutterstock.com

しまうときは洗濯をしてから

衣類圧縮袋に入れる衣類は、洗濯済みの「清潔なもの」を選びましょう。汚れた状態で長期間圧縮していると、嫌な臭いや傷みの原因になり、ダニが発生することもあります。

洗濯後はよく乾かし、湿気が残っていない衣類をしまうこともポイントです。完全に乾いていない衣類は内部の湿度を上げ、カビを発生させやすくします。ゴミやホコリなどが付着している部分は特に傷みやすいので、粘着シートなどで取り除くことが大事です。

防虫剤と一緒に圧縮すると衣類に色移りしたり、接触している部分が傷んだりすることがあります。必ず取り除いた状態で圧縮しましょう。

衣替えは、収納前の洗濯が鍵!衣類ごとの洗濯方法や花粉対策(まとめ)|Domani

詰め込みすぎない

衣類圧縮袋にたくさんの衣類を入れすぎると、空気を抜いている最中や収納中に破れることが心配です。小さな亀裂ができただけでも空気が抜け、カサがもとに戻ってしまいます。破れた衣類圧縮袋は気密性が下がり、本来の力を発揮できません。商品ごとに収納できる洋服の枚数やサイズが決まっているので、規定の量を守りましょう。

無理に詰め込みすぎれば、衣類にたくさんのシワができることがあります。素材によっては、長期間圧縮した状態で保管すると、袋から取り出してもなかなかもとの状態に戻らなくなってしまうことも。

複数の衣類を一つの衣類圧縮袋に入れるときは、厚みが均一になるように工夫して入れると隙間ができにくく、より多くの衣類をしまえます。トップスを収納するときは、襟と裾が交互になるように重ねましょう。

それ、やったらダメな衣類収納かも…。正しい保管方法って?|Domani

空気の抜きすぎはNG

多くの衣類圧縮袋は、もとの厚みの「1/3程度」まで圧縮することを推奨しています。衣類や掃除機を守るために、空気を抜きすぎないように注意が必要です。

衣類のカサを減らそうとして、よりたくさんの空気を抜きたくなってしまうこともあるでしょう。空気を押し出すほどカサは減りますが、あまりにも空気を抜きすぎると衣類の繊維が傷む可能性が出てくるのです。

掃除機を使用して空気を抜くタイプはより衣類を圧縮しやすいですが、やりすぎると掃除機に負荷がかかり故障の原因になります。空気を吸い出す時間は商品ごとに設定されているので、取り扱い説明書をよくチェックしましょう。

 

こちらの記事もたくさん読まれています

知っておきたい衣替え時の7つのNG。プロが教える正しい洗濯&収納方法
衣替えも楽々!衣装ケースのおすすめ14選|上手な収納方法や保管のコツも紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事