【比翼連理】とはどんな意味?翼を連ねて飛ぶ鳥の姿から予想してみよう! | Domani 「比翼連理」とは仲睦まじい男女を表す言葉!漢字から意味を予想するのが難しい表現

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.12.16

【比翼連理】とはどんな意味?翼を連ねて飛ぶ鳥の姿から予想してみよう!

「比翼連理」は、仲睦まじい男女を表す言葉です。漢字を見ただけでは意味を推測するのが難しい表現であるため、正しい読み方や意味をあらかじめ知っておくと安心です。「比翼連理」の成り立ちや類義語・対義語、会話での使い方を分かりやすくご紹介します。

Tags:

「比翼連理」の基礎知識

比翼連理」という言葉は、愛情深く仲の良い男女関係または夫婦を表す言葉です。漢字を見ても意味が推測しにくい表現であるため、正しい知識を付けておくといざという時に役立ちます。

比翼連理

「比翼連理」の意味や読み方、由来、気を付けたいポイントをご紹介します。

・「比翼連理」は仲睦まじい夫婦を表す言葉
・由来は『長恨歌』
・「肥沃連理」は誤用

「比翼連理」の読み方

一見しただけでは仲の良い夫婦を表す言葉には見えない「比翼連理」ですが、自信を持って読めるでしょうか?

正解は……「ひよくれんり」でした!

この後ご紹介する「比翼連理」の言葉の成り立ちにも関係してきますが、「比翼連理」の読み方は「比翼」と「連理」に分けると少し難易度が下がりますね。

「比翼連理」は仲睦まじい夫婦を意味する

「比翼連理」とは、愛情深く仲睦まじい男女関係を意味します。男女関係のなかでも、「比翼連理」は一般的に結婚している夫婦や婚約中のカップルを指して使われます。

【比翼連理】ひよくれんり
比翼の鳥と、連理の枝。夫婦の仲のむつまじいことのたとえ。男女の深い契り。

息の合った仕事上のパートナーとの関係を、「比翼連理」と表現してしまうとあらぬ誤解を招く恐れがあります。詳しくは「比翼連理」の使い方のポイントを参考にしてみてください。

「比翼連理」の由来は『長恨歌』

「比翼連理」の「比翼」とは、中国の伝説上の鳥を意味します。伝説上の鳥「比翼の鳥」は、雄鳥と雌鳥がそれぞれ目と翼を片方ずつしか持っていないとされています。

その特徴から、空に羽ばたくためには雌雄が一対となって飛ばなければなりません。協力し合って空を飛ぶ様子から、仲睦まじい男女の様子を形容する言葉となっています。

一方で「連理」とは、2本の樹木が合わさって1本の大木に見える様子を表します。「連理」も「比翼」と同様2本の木が支え合って立っている様子から、夫婦や男女の深い契りを意味するようになりました。

「比翼連理」とは、「比翼」と「連理」という男女の睦まじさを表す2つの言葉を組み合わせてできた言葉です。「比翼連理」は中国の詩人である白居易が残した『長恨歌』に登場しています。

仲睦まじい夫婦になりたいとの想いが込められた「天にあっては願わくば比翼の鳥となり、地にあっては願わくば連理の枝とならん」の一節が「比翼連理」の由来です。

「肥沃連理」の表記は誤用

「ひよく」と聞くと、栄養が豊富な土地を意味する「肥沃」が連想されるかもしれませんね。「比翼」は中国の伝説上の鳥であまり一般的に使われる表現ではないため、音だけを聞いて「肥沃連理」と誤解してしまう可能性があります。

あらかじめ「比翼連理」の意味や成り立ちを知っておくと、誤用に惑わされることもなくなるでしょう。

「比翼連理」の類義語・対義語

仲睦まじい夫婦を表す「比翼連理」の類義語と対義語をご紹介します。

類似表現と相対する表現を知ることで、「比翼連理」の理解度もグッとアップするはずです。読み方が難しい表現も多いため、一緒におさらいしましょう。

比翼連理

類義語は「偕老同穴(かいろうどうけつ)」「琴瑟相和(きんしつそうわ)」

「比翼連理」の類似表現として、次の3つの言葉をご紹介します。

偕老同穴(かいろうどうけつ):夫婦の仲が睦まじく、契りが固いこと
琴瑟相和(きんしつそうわ):仲睦まじい夫婦のたとえ
おしどり夫婦:いつも一緒に行動するような仲睦まじい夫婦

どれも夫婦仲の良さを強調する表現で、「比翼連理」の言い換えとして使えるでしょう。「琴瑟相和」に関しては、「琴瑟(きんしつ)相和(あいわ)す」と表現されることもあります。

【琴瑟(きんしつ)相和(あいわ)す】
「詩経」小雅・常棣から琴と瑟との音がよく合う。夫婦仲が非常によいたとえ。

対義語は「犬猿の仲」

「比翼連理」の対義語には、仲睦まじい様子と正反対の言葉が並びます。

犬猿の仲(けんえんのなか):犬と猿のように仲が悪いさま
不倶戴天(ふぐたいてん):恨み、怒りが深いさま、またその間柄

「犬猿の仲」は、使用頻度が高く不仲を表す耳慣れた表現であるでしょう。「不倶戴天」は、犬猿の仲よりも深刻な状況で使われる場合が多いでしょう。「不俱戴天」は読み方が難しい表現であるため、気を付けましょう。

【不倶戴天】ふぐたいてん
「礼記」曲礼の「父の讐(あだ)は倶(とも)に天を戴(いただ)かず」から
ともにこの世に生きられない、また、生かしてはおけないと思うほど恨み・怒りの深いこと。また、その間柄。「―の敵」

「比翼連理」の使い方のポイントと例文

「比翼連理」は、理想的な男女仲を表現する際に使える表現です。ご紹介する2つの使い方のポイントをマスターすれば、「比翼連理」を使いこなせるようになります。

比翼連理

1.仲の良い夫婦や恋人を指して使う
2.ビジネス関係の男女には使えない

また、「比翼連理」を使った例文もご紹介します!自然な流れで新しい表現を使いこなすヒントになるはずです。

【ポイント1】仲の良い夫婦や恋人を指して使う

「比翼連理」は、仲睦まじい男女のなかでも、特に深い契りを交わしている男女の様子を表す言葉です。基本的には、「比翼連理」を夫婦や婚約間近など深い関係にある男女に向けて使うと考えてよいでしょう。

まだ付き合って間もないカップルを指すには、「比翼連理」は少し重みがあり過ぎる表現であるため、利用するシーンには気を付けましょう。

【ポイント2】ビジネス関係の男女には使えない

「比翼連理」には、男女の仲が良いというだけでなく「相思相愛」であるというニュアンスが含まれているのがポイントです。ビジネスシーンでは、いくら息の合った男女のコンビであっても、「比翼連理」を使わないように注意しましょう!

もし誤って「比翼連理」をビジネス関係を表す言葉として使ってしまうと、相手の気分を害してしまう可能性もあります。

「比翼連理」を使った例文

「比翼連理」が使えるのは、深い契りを交わしている夫婦や男女について話す場合です。名詞を修飾する形で「比翼連理な関係」「比翼連理な様子」としても使いやすいですね。

【例文】
あのご夫婦の【比翼連理な様子】を見ると、私も早く運命の人に出会いたいと強く感じます。
【比翼連理】な両親の元に生まれた子供は、他のどんな子供より幸せだろう。
・お互いを思いやって一歩ずつ進んでいく彼らの姿はまさに【比翼連理】だ

「比翼連理」を使いこなして表現力をアップさせよう

「比翼連理」は、仲の良い理想的な夫婦像を話す時にも活躍する言葉です。ご紹介した類似表現も合わせて覚えておくと、表現のレパートリーを増やせますよ。

比翼連理

「比翼連理」をビジネス関係の男女を指しては使えない点は、しっかりと押さえておきましょう。漢字を見ただけでは分からない、ちょっと素敵な表現を学ぶのも面白いかもしれませんね。

あわせて読みたい

「年上妻」であることに不快感を示し続ける義母…嫁姑関係に妻が下した決断は
【11月22日は「いい夫婦の日」】旅を通してカップル・パートナーの絆をさらに深める3つの秘訣

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

(引用全て〈小学舘 デジタル大辞泉〉より)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事