Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.20

【元気になりたい】時におすすめ!心と体をリフレッシュする方法をご紹介

元気になりたいけれど、簡単には気持ちが上向きにならない時があります。主な原因として考えられるのは悩み事や心配事がある時や心が弱っている時、体が弱っている時などです。本記事では元気になりたい方におすすめの対処法やリフレッシュ方法をご紹介します。

Tags:

【元気になりたい】のになれない3つの要因

元気になりたい」のになれない、誰しもそんな経験があるでしょう。人の心は簡単にコントロールできるものではないからです。特に理由はないけれど、なんとなく元気が出ないこともあるでしょう。しかし多くの場合、思い当たることがあるのではないでしょうか?

元気になりたい

考えられる主な要因は次の3つです。

1.悩み事や心配事がある時
2.心が疲れている時
3.体が疲れている時

それぞれについて詳しく解説しましょう。

1.悩み事や心配事がある時

悩み事や心配事がある時は、元気になろうとしてもなれないものです。どうしても気持ちがネガティブな方向に向いてしまう経験は誰にでもあるものでしょう。

楽観的に考えることで解消できる程度の悩みや心配ならばまだいいのですが、悩みが深刻な場合は、元気になるまでに時間がかかって当然です。こうした時には、元気になれなくても仕方ないという意識も必要でしょう。

2.心が疲れている時

心が疲れていることも、元気になれない要因の1つとなります。心が疲れている状態とは、仕事でのミスが重なって落ち込んでいる時や、恋愛や友情などの人間関係で傷つくことがあった時、さらには人に対して気を遣い続けた時などの心の状態をいいます。

人の心を疲れさせる要因の多くは人によるものでしょう。心が疲れていると感じた時には、疲れていることを自覚して、さらに疲れるような事態を避けることが大切です。

3.体が疲れている時

体が疲れていることも元気になれない要因となります。忙しい日々が続いて睡眠時間があまり取れていない、不規則な生活が続いてバランスのいい食事を摂れていないなどによって、疲労が溜まってしまうケースは現代社会では少なくないでしょう。

体が疲れているだけならばまだいいのですが、長期間そうした状態が続いて病気になってしまうと、健康を取り戻すのは容易ではありません。日頃から健康管理に対する意識を持っておくことが必要でしょう。

悩み事や心配事がある時に元気になる2つの方法

悩み事や心配事がある時に元気になるのは簡単ではありません。テレビやゲームなどに逃げて、つかの間、悩みを忘れることができたとしても、現実に戻ればまた落ち込んでしまうでしょう。

元気になりたい

しかしずっと悩んだままでいるのも心に負荷がかかります。この状態を解消するために考えられるのは次の2つの方法です。

1.自分の気持ちに正直になる
2.悩み事や心配事を整理して対処法を考える

それぞれ詳しく解説しましょう。

1.自分の気持ちに正直になる

悩み事や心配事を抱えている時は、無理に元気になろうとしても逆効果になることがあります。元気になろう!と自分で自分を追い詰めてしまい、すぐに元気になれない自分を責めてしまう可能性があるからです。

こういう場合はもっとも心に負荷がかからない状態、つまり自分の気持ちに正直になることが求められます。「こんな状況なのだから、元気がなくて当たり前だ」と、認めることも必要でしょう。ただしずっと暗い気持ちのままでいるのもつらいものです。悩みは悩みとして、適度に気分転換をすることをおすすめします。

元気になることを目指すのではなくて、しばし気分を変える、くらいの意識を持つことも必要でしょう。

2.悩み事や心配事を整理して対処法を考える

悩みや心配から目をそらしているだけでは、元気になることはできません。最終的には悩みや心配を解消しない限り、根本的な解決にはならないからです。どこかのタイミングでは悩みや心配事を整理して、対峙しなければなりません。

簡単には解決できない悩みや心配事もあるでしょう。現状を認識して、できることをやり、自分の手ではどうにもならないことは受け入れるしかありません。解決するか、もしくは受容するか。それが元気になるための第一歩となるのです。

心が疲れている時におすすめの元気になる6つの方法

心が疲れている時は、その要因となった環境から距離を置いたり、まったく違う環境の中に身を委ねたりすることが有効です。元気になるためにはさまざまな方法が考えられますが、ここでは簡単に行動に移せる方法を6つあげました。

元気になりたい

1.一人の時間を作る
2.映画・音楽・本・漫画などにふれる
3.趣味などやりたいことに没頭する
4.髪型やメイクを変えてみる
5.元気な友人と接する
6.掃除や部屋の模様替えで気分転換する

それぞれ詳しく解説しましょう。

1.一人の時間を作る

心が疲れている時に元気になるためには、一人の時間を作ることが有効です。一人でいれば、誰かに気を遣ったり誰かに傷つけられたりすることもなくなります。頭の中を空っぽにして瞑想して、心を整えるのもいいでしょう。

目的をはっきり定めずに、一人旅をするのもおすすめです。気の向くままに歩き、自然にふれて、好きな物を食べると、心の疲れも少しずつ回復するでしょう。

2.映画・音楽・本・漫画などにふれる

映画・音楽・本・漫画にふれることは、元気になる上で有効な方法といえるでしょう。エンターテインメントやアートには鑑賞する側の気分をリフレッシュしてくれたり、エネルギーをくれたりする効能が備わっているからです。

笑ったり泣いたりすることで、気持ちが晴れることも期待できます。ただし中には気持ちがさらに落ち込むような作品もあるので、作品選びは入念にした方がいいでしょう。選択さえ間違わなければ、手軽に元気になれる方法としておすすめです。

3.趣味などやりたいことに没頭する

心が疲れている時には趣味など、自分の好きなことに没頭するのもいいでしょう。好きなことをやっていると、ストレス発散になり自然に元気になるからです。

ショッピングが趣味なら、思い切って散財するのもいいでしょう。カラオケが大好きならば、思う存分歌ってみましょう。人に迷惑をかけない範囲であるならば、やりたいことをやりたいようにやることが元気になる手っ取り早い方法です。

4.髪型やメイクを変えてみる

髪型やメイクを変えて、気分転換することも心を元気にする方法となります。外見が変化することが、内面にも影響を与える可能性があるからです。

以前からやってみたいと思っていた髪型にしてみる、使ったことのない色の口紅を使うなど、新しい挑戦をしてみるのもおすすめです。鏡に映った新しい自分を見ることで、元気が回復していくでしょう。

5.元気な友人と接する

友人に頼ってみるのも1つの方法です。元気な友人と接することで、その元気なパワーをわけてもらうことができるかもしれません。気心の知れた友人と話したり、遊んだりして一緒の時間を過ごすだけでも、気分が晴れるでしょう。

一人になることも有効ですが、人と話すことによって気分が紛れることもあります。元気のない時も悪いことばかりではありません。友人の存在のありがたさを実感できる良さもあるからです。

6.掃除や部屋の模様替えで気分転換する

掃除や部屋の模様替えで気分転換することが有効な手段になることもあります。不要なものを捨ててすっきりすることが、リフレッシュにもつながるからです。

単純に片付いた部屋、きれいに掃除された部屋にいるのは気持ちがいいものです。掃除や後片付けに没頭していたら、元気になっていたということもあるでしょう。

体が弱っている時におすすめの元気になる4つの方法

体が弱っている時には元気になれないのは自然なことです。逆にいうと、体が元気になると、自然に心も元気になれる可能性が高いといえます。体が弱っている時におすすめの方法は以下の4つです。

1.休息をたっぷりとる
2.食生活を充実させる
3.適度な運動をする
4.お風呂やマッサージでリラックスする

元気になりたい

それぞれ詳しく説明しましょう。

1.休息をたっぷりとる

体が弱っている時には休息をたっぷり取ることが基本です。元気のない時には寝るに限ります。早めに就寝して、すっきりとした目覚めを得られると、気分も変わるでしょう。

朝起きても疲れが取れていないと感じたら、短時間の昼寝タイムを設けると良いでしょう。ただしあまり長い時間の昼寝になると、夜寝付けなくなる場合があるので、昼寝は短めがおすすめです。

2.食生活を充実させる

体が疲れて元気が出ない時には、食生活を充実させることが大切です。ビタミン、タンパク質、鉄分など、バランスの取れた食事を摂るように心がけましょう。食べ物の内容だけでなく、適度な間隔を開けた規則正しい食事を心がけてください。

ただし、あまりにもストイックになりすぎて、精神的につらくなってしまうのは本末転倒です。毎食にならない程度に、好きな物を食べてリフレッシュするのもいいでしょう。

3.適度な運動をする

体が弱っている時には適度な運動で軽い負荷をかけることも元気になるために有効です。運動をすると、心に安らぎをもたらすセロトニンなどの神経伝達物質が脳内に増えることがわかっているのです。ウォーキングやジョギング、ヨガ、ストレッチなど、手軽にできる運動がおすすめです。

ハードな運動をする必要はありませんが、軽い運動でいいので、習慣化して行うことが大切です。

4.お風呂やマッサージでリラックスする

体が弱っている時に適度な運動とセットでおすすめしたいのはお風呂やマッサージでリラックスすることです。就寝前にお風呂に入ると血行が良くなり、良質な睡眠につながるでしょう。

また、マッサージで体がほぐれることによって、体だけでなく心もスッキリすることができるでしょう。体に気持ちいいことは元気になる上でも有効な手段です。

元気になりたい時は無理せずあせらず

元気になりたい時は「無理せずあせらず」が大切です。元気にならねばと考えることがプレッシャーになる場合があるからです。元気になれない時には原因を考えて、その原因を解消するように心がけましょう。

元気になりたい

心が疲れている場合にはリフレッシュ方法を考え、体が疲れている場合には睡眠や食事を充実させます。急がず無理せず、自分を甘やかしてあげることが元気になるための最良の方法でしょう。

こちらの記事もおすすめ

【100人アンケート】疲れたと感じるのはどんなとき?その原因や対処法は?
「自分が情けない」と感じるのはどんなとき?落ち込んだときの対処法と元気が出る名言も紹介

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事