「三大欲求」と上手く付き合うには? 三大欲求の3要素からコントロール法もご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.06.23

「三大欲求」と上手く付き合うには? 三大欲求の3要素からコントロール法もご紹介

生きていく上で逃れられない「三大欲求」ですが、上手く付き合っていく方法はあるのでしょうか? 今回は、三大欲求の3要素からコントロール法もご紹介していきます。

Tags:

【目次】
「三大欲求」の意味
三大欲求の3要素
「三大欲求」には他の説もある?
「三大欲求」の必要性と危険性
「三大欲求」との付き合い方
最後に

「三大欲求」の意味

人間が生きていく上で軸となる3つの欲求のことを「三大欲求」といいます。あなたは毎日の生活の中で、「欲求」を意識して過ごしたことはありますか? 

三大欲求

■「欲求」の意味

「欲求」とは、 強く欲しがり求めること。また心理学では、生理的・心理的な欠乏が生じた時に、それを満たすために行動を起こそうとする状態や要求をさします。

■「三大欲求」とは何か?

「三大欲求」として日本で最もポピュラーなのが、「睡眠欲」「食欲」「性欲」。人間の生理的な欲求です。また「生存」「関係」「成長」を「三大欲求」とするアメリカの心理学者が提唱する、ERG理論という概念もあります。

三大欲求の3要素

まずは日本独自の表現とされる基本的な「三大欲求」についてまとめてみましょう。

三大欲求

【睡眠欲】とは

眠ることは人間が生命を維持するために重要な要素の一つ。意志とは関係なく眠ってしまうこともあるので「欲求」には入らないのではないか、という考えもあります。

【食欲】とは

食べるということも、生存していくため栄養を摂取する欠かせない行為。恵まれた環境にいると、空腹を満たすためだけではなく、あれが食べたい、これが食べたいなど、美味しいものを食べたいというさらなる欲求も生まれます。

【性欲】とは

子孫を残すために必要な動物の本能としての欲。男女によって欲求の大きさや、ピーク年齢なども異なるのが特徴的です。「性欲」に関わるホルモン分泌量の違いにより、一般的には男性の方が強い欲求を持つとされています。一方で、女性の方がホルモン分泌量のピークが長いという説もありますよ。

「三大欲求」には他の説もある?

人間の生存に関係する「三大欲求」には、ほかにも説があるようです。いくつかをご紹介します。

■「食欲」「性欲」「集団欲」説

眠るという行為を人間の脳機能であるとして欲求に含めない変わりに、集団の中にいたいという「集団欲」をプラスした説。自衛のため、生きるために集まって暮らした原始時代の人間の行動からもうなずける部分がありますね。

■「睡眠欲」「食欲」「排泄欲」説

「性欲」ではなく、変わりに「排泄欲」を加えたパターン。種を残すために必要な「性欲」ではありますが、子孫を残さなくても本人の生死に関わるわけではありません。しかし排尿や排便を止めることはできないため「排泄欲」が「三大欲求」の一つであるという説。確かにそのように考えると納得です。

「三大欲求」の必要性と危険性

いくつかの説はありますが、人間が生存するうえで重要な「睡眠欲」「食欲」「性欲」を「三大欲求」とし、その必要性と危険性について抑えておきましょう。

三大欲求

■「三大欲求」の必要性

「三大欲求」は生理的なものと捉えがちですが、それだけではなく目的にむかって行動するためのモチベーションでもあります。仕事が終わったらこれを食べよう! とか、今週はがんばったので土日はぐっすり眠ろう! など、生きるため、満たされるための行動要因にもなります。

■「三大欲求」がない人っているの?

3つすべての欲求が強い人もいれば、3つのうちの1つが特出していたり、どの欲求もさほど無い人も。欲求の強さには個人差があるようです。しかし、眠れなかったり食欲が激減するなど、今まで普通に生じていた欲求が急に無くなったという場合には、鬱などの治療が必要なことも。もともと持っている欲求の強弱は、自分の心と体の調子を知るためのバロメーターにもなります。

■「三大欲求」の危険性

欲求が極度に強すぎる場合にも注意が必要です。「睡眠欲」が強過ぎて日常に支障が出たり、「食欲」が抑えられず暴飲暴食に走るなど自分の生活や心身への弊害。また「性欲」を抑えられないことで、あとあと自身が後悔する行動をしてしまったり、他者に危害を与えて犯罪に繋がるなどのケースもあります。

生きる上で重要な「三大欲求」ではありますが、上手にコントロールし自制することが人間生活の中では必要なことです。

「三大欲求」との付き合い方

自分自身の欲求の強さを意識して、うまく付き合っていきましょう。

三大欲求

・「睡眠欲」と上手く付き合うには?

まずは生活リズムの見直しからはじめてみましょう。スマホの見過ぎなどの要因を排除し、眠る時間の過不足はないかを意識。夜ぐっすりと眠れる環境作りをしてみましょう。それでも日中に睡魔に襲われる場合には、短時間の昼寝を取り入れるなどが解決に繋がる場合もありますよ。

・「食欲」と上手く付き合うには?

こちらも、生活リズムの見直しから。栄養バランスの良い食事を三食とることが大切です。”ながら食べ”などの惰性は止めて、食べている時間とそうでない時間を区切ることも効果的。しっかりと咀嚼することで、満足感も得られます。

ダイエットを意識しすぎると、逆に食への執着が強くなる場合もあります。反動で過食してしまう恐れもあるので、食べてしまったことに罪悪感を持たないことも大事。量を減らすなど決まった時間に三食とることで調整してみましょう。

・「性欲」と上手く付き合うには?

女性の場合の欲求不満は、他者に危害を加えるというよりも自分自身のイライラなどに現れる人もいます。タブーとされがちな女性の「性欲」ですが、パートナーがいる方は相手に相談したり、自分を満たすセルフプレジャーなど欲求を昇華させる行為がオープンにされてきているようです。

とはいえ、スポーツで体を動かしたり、マッサージや入浴で心身をリラックスさせることで解消することも。また食や睡眠で補える場合も多いので、個人個人にあった方法を模索して、自分の心と体を労わりながら安定した精神状態を保ちたいものです。

最後に

仏教では「三大欲求」に加えて、「生存欲」「怠惰欲」「歓楽欲」「承認欲」を加えた「七大欲求」が人間の陥りやすいものとして示されてきました。またキリスト教でも「七つの大罪」として戒められてきた欲求があります。

欲求コントロールは人間にとって永遠のテーマ。生理的な欲求のほかにも、さまざまな欲が生まれがちな現代だからこそ、あえて「三大欲求」に意識をむけて、自分自身を内観する時間が必要なのかもしれません。

こちらの記事もたくさん読まれています

【欲がない人】ってどんな人?無欲な人の心理や上手に付き合っていく方法をご紹介
【メリハリをつけて過ごす】にはどうすればいい?メリハリをつけられる人の特徴とは

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事