Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEヘルス

2022.02.23

生理中、食欲が止まらないのはなぜ? 食べたくなる原因や対策

生理中、食欲が増して体重がどっと増えてしまった…という経験をしている人は多いのでは?なぜ生理中は食欲が増すのでしょうか?ダイエット中の人もそうでない人も、生理中に太ってしまうのはやはり避けたいですよね。今回はその考えられる原因と、生理中食欲が増しても太らないための対策について解説していきます。

Tags:

【目次】
生理中、食欲が止まらなくなるのはなぜ?
生理中食欲が増しても太らないようにするコツ
生理中に食べたいおすすめの食事とは

生理中、食欲が止まらなくなるのはなぜ?

「プロゲステロン」というホルモンが原因

生理中、食欲が異常に増すのは「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というホルモンが原因になっている可能性が。

プロゲステロンは一般的に生理前に分泌されます。これが分泌されると、身体が何でも溜め込んでいくような体質になってしまいます。食欲が出て体重が増えてしまったり、人によってはイライラしやすくなってしまったりもするよう。

生理後はこのプロゲステロンの分泌が減り、エストロゲンというホルモンの分泌が増えるため、身体からの排出がうまくいくタイミングに変化し、食欲も落ち着くと言われています。

「食欲がない」という人も

生理中は食欲がなくなってしまう人もいるようです。

理由は主に、生理中に分泌される「プロスタグランジン」が関係しているそう。

プロスタグランジンは、生理中剥がれ落ちた子宮内膜を、流れやすいように経血に変えるために分泌される物質。この分泌量が多いと、子宮の収縮が激しくなり強い痛みを伴ったり、胃や腸にも作用して吐き気やむかつきを感じてしまったりするのだとか。

こういった体の不調から、食欲がなくなってしまう人も少なくないようです。

生理中食欲が増しても太らないようにするコツ

体を動かす

一般的に食欲の増加には「副交感神経」が影響していると言われています。そのため、運動することで「交感神経」を優位にさせることが、食欲を抑制することにつながる可能性があるのだそう。

とはいえ生理中は激しい運動は控えたいですよね。

そこでおすすめなのが「ヨガ」です。

体を動かす
(C)Shutterstock.com

ヨガには体の歪みを改善し、生理痛や腰痛を緩和するなどの女性にうれしい効果があるとされています。

精神のバランスを整えるので健康に良いだけでなく、ストレスを軽減したり集中力を高めたりする効果も期待できます。

ゆったりとした動きなので生理中でも無理なく行えますよね。

食べるものを変える

どうしても食欲がおさまらないのなら、食べるものを変えてみましょう。

おすすめは栄養がしっかりあってダイエットにも良いとされる「低脂肪のタンパク質」。

間食に高脂質なものや糖質の高いお菓子に手を出してしまうくらいなら、低脂肪なタンパク質の食事を思い切って摂ってしまった方が体に良いはず。

医師の日比野佐和子先生は、抗酸化成分豊富なサーモンや、疲労回復効果の高い鶏むね肉などの食事をおすすめしています。

食べるものを変える
他にも、発酵調味料の味噌を使ったスープもおすすめ。

食べるものを変える
ビタミンC以外の栄養素すべてを含む完全食品「卵」も、空腹を満たすのにぴったりです。

お菓子が食べたくなったらナッツや高カカオチョコレートを

どうしてもお菓子が食べたくなったとき、カロリーを摂りたくないからと人工甘味料を使った製品に手を出したくなる人もいるかもしれませんが、カイロプラクター 姿勢教育指導士の碓田紗由里さんによれば、これは「甘味依存症」に陥りやすい注意したい行動だと言います。

お菓子が食べたくなったらナッツや高カカオチョコレートを
「パッと見の摂取カロリーは減りますが、体には決してよくありません。人工甘味料は腎臓に過度な負担がかかり、副作用としては頭痛やめまい、むくみなどが生じる場合も。

人工甘味料は味覚を狂わせ、さらに依存性が高いといわれています。例えば、アステルパームは普通の砂糖と比較すると、100〜200倍もの甘さを感じるといいます。これを摂り続けると、『もっと甘いものが欲しい』という状態になり、コーヒーに砂糖を1袋だったものが、2袋、3袋…と徐々に増えていき、甘いもので頭がいっぱい…という状況になるケースも。

実は学生時代、私も似たような経験をしたことがあります。甘いものなしでは生活ができない、おなかいっぱいになっても甘いものを食べてしまう、といった『甘味依存症』になり、結果太ってしまうという状況になりかねないので、注意しましょう。健康食品と認識されがちなドライフルーツにも注意。ドライフルーツは高カロリーで砂糖を食べているようなものなので、こちらも避けましょう」(碓田さん)

お菓子がどうしても食べたくなったら、高カカオチョコレートやクルミなどのナッツが、満腹感が得られやすい上、太りにくいと言われています。

生理中に食べたいおすすめの食事とは

暖かい飲み物や食べ物

暖かい飲み物や食べ物
冷えは生理痛だけでなく、肌荒れや不眠、免疫力の低下など、さまざまな体の不調を引き起こします。

逆に体温が1℃上がれば、代謝や免疫力がグンとアップします。そのため、体を温めるシナモンなどのスパイスを使ったドリンクや、暖かいスープなどを積極的に食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

満腹感も感じられやすくなるので、食欲が自然とおさまるかもしれません。

鉄分を多く含む食材

鉄分を多く含む食材
毎月生理がある女性は、鉄分が不足し貧血を抱えている人が多いと言われています。そのため、自覚がなくても生理中はとくに、鉄分を多く含む食材を積極的に摂取することが推奨されているようです。

例えば以下のような食材がおすすめ。

・ビーツ
・レバー
・小松菜
・ほうれん草
・干しぶどう
・ドライいちじく
・ドライデーツ

など。

これらはビタミンEを含む食材と摂ることで、さらに効果的だそう。ビタミンEには抗酸化作用があり、血液を滞らせる老廃物の過酸化脂質を抑えて血流を促進してくれる効果が期待できるそうです。

大豆製品

大豆製品
生理中は、豆腐やきな粉、納豆や豆乳など大豆製品を摂ることも推奨されています。

大豆製品には子宮の収縮を抑えるという「マグネシウム」が多く含まれている上、女性ホルモンに似た働きがあると言われる「大豆イソフラボン」や抗酸化作用がある「大豆サポニン」が含まれています。

これらは中性脂肪を下げたり美肌効果をもたらしたり、脂肪燃焼を促進する効果も期待されているのだとか。

腹持ちが得られやすい大豆タンパク質も摂れるので、生理中、食欲が止まらないという人にもぴったりです。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事