お腹の冷えは内蔵の冷えに直結!? 理想の【はらまき】を見つけるためのポイントやおすすめアイテム(まとめ) | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2019.11.25

お腹の冷えは内蔵の冷えに直結!? 理想の【はらまき】を見つけるためのポイントやおすすめアイテム(まとめ)

はらまきで腹部を温めると血流がアップし、冷え性が改善されるかもしれません。免疫力アップや妊活にもおすすめで、女性こそ積極的に使いたいアイテムではないでしょうか。大手メーカーのおすすめのはらまきと選び方のポイントを紹介します。

お腹を冷やさないように、はらまきを使おう

腹部周辺には大腸や子宮などの大事な器官が集中しており、お腹の冷えは内蔵の冷えに直結すると言われています。はらまきを上手に活用し、女性の悩みでもある「冷え」を改善できるようにしましょう。

(C)Shutterstock.com

冬の冷え対策に活用しよう

冬はもちろん、夏はクーラーの効いた職場で体が冷えるなど、1年を通して「冷え性」に悩まされる女性は多いはず。冷え性の主な原因は、自律神経や生活習慣の乱れなどによる「代謝の低下」が挙げられます。冷えが長引くと、肌荒れ・生理痛・肩こり・不眠・免疫力の低下など、さまざまな体の不調を引き起こします。

反対に、体温が1℃上がるだけで代謝や免疫力がぐんとアップし、病気にかかりにくい健康的な体が作れるとも言われています。手足が冷える女性は、末端だけでなくお腹周りをしっかり温めましょう。腹部には臓器や太い血管が集中しているため、ここを集中的に温めると体全体の血行が良くなります。

妊活中の方にもおすすめ

生理のときにお腹を冷やすと生理痛が悪化するのは、子宮が冷えで「収縮」するためと言われています。特に、妊活中の女性は「慢性的な冷え性」に気を付けなければなりません。冷えが続くと子宮や卵巣の働きが鈍くなる上、血液や栄養分が届きにくくなります。一般的に、妊娠しやすい体温は36.5度以上と言われています。低体温や冷え性の人は、季節を問わずはらまきを積極的に活用しましょう。

はらまきの選び方のポイントとは?

毎日身に着けるはらまきは、機能性が高く付け心地が良いものを選ぶことをおすすめします。理想のはらまきを見つけるためのポイントを三つ紹介します。

(C)Shutterstock.com

保温性が良いものを選ぼう

はらまき選びで重要視したいポイントが「温かさ」です。特に、妊活や冷え性対策のはらまきは、エアコンの風や冬の寒さをしっかりシャットアウトする「保温性が高いもの」が理想でしょう。

店頭で購入するときは、実際に見て、触って使い心地を確かめられますが、通販で買うときは「素材のチェック」が大切です。繊維の間に温かい空気をしっかりと取り込めるものや、遠赤効果のあるものを選ぶと良いでしょう。

シルクやコットンなど素材に注目

はらまきの素材には、シルク・コットン・ウール・化学繊維などがあります。シルクは、「夏は涼しく冬は温かい」のが特徴で、1年中はらまきを使いたい人に最適。やや価格が高めですが、薄くて肌触りが柔らかく、一度使うと手放せなくなるほど使い心地が良いのも特徴です。夏の冷えには、通気性と吸湿性に優れたコットンや、冬は保温性が高いウールがおすすめ。ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は、安価な上に保温性も良いですが、人によっては肌に合わない場合がありますので、素材のチェックも必要です。

デザイン性や使いやすさを重視しよう

はらまきは洋服の下に身に着けるものなので、外側に響かないシンプルなものがベストです。色は白・黒・グレーが定番ですが、おしゃれな柄物やピンクや赤などの明るい色もあります。

はらまきの中にカイロが入るポケットがあるタイプなど、メーカーによってデザインがさまざまなのも特徴。自分の生活のシーンに合った使いやすいものを選びましょう。

女性にもおすすめなはらまきを紹介

(C)Shutterstock.com

肌着メーカーからは女性に特化したはらまきがラインナップされており、服の下から見えてしまっても違和感を感じさせないタイプも多く発売されています。大手肌着メーカーのおすすめはらまきをチェックしてみましょう。

履いても目立たない薄手タイプ グンゼ「シーファー はらまき」

はらまきをすると「腰回りが太くなる」「もこもこして目立つ」と心配する人もいるでしょう。グンゼの「シーファはらまき」は、綿85%、ポリウレタン15%のさらっとした薄手の素材で、裾がカットオフされています。そのため、薄手のカットソーを着てもはらまきとの段差が目立ちにくくなっています。

体にフィットする付け心地の良さも評価されており、シンプルなデザインのため、付けやすいでしょう。

商品名:グンゼ シーファー はらまき

ストレッチ素材が特徴 グンゼ「腹巻 男女兼用」

冷え性対策や妊活におすすめなのが、遠赤効果のある綿混のはらまきです。グンゼの「腹巻 男女兼用」は綿95%なので温かい上に通気性が高く、季節の変わり目には手放せないアイテムになるでしょう。

ベージュやサックス、オフホワイトなどの柔らかい色合いは、年齢や季節を問わずに使えます。しっかりとした丈夫な生地で、伸縮性もあるので、締めつけが苦手な人でも楽に付けることができるでしょう。

商品名:グンゼ 腹巻 男女兼用 Mサイズ ベージュ

履き心地良好 ワコール「腹巻き」

女性用下着メーカー「ワコール」のはらまきは、希少価値の高い手摘みの天綿を使っているのが特徴です。

ナイロンを約50%と綿を45%配合しているため肌触りが滑らかで、伸びが良く、編み組織が体の動きにしっかりフィットしてくれます。洗濯機で丸洗いでき、お手入れが楽なのもポイントです。

商品名:ワコール 腹巻き

あわせて読みたい
▶︎冷え性の救世主!おしゃれで便利、マルチに使える【玄米カイロ】で温活はじめませんか?

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事