Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.24

ビジネスシーンでよく聞く!【鶏口牛後】はどんな意味?

鶏口牛後は「けいこうぎゅうご」と読む四字熟語で、大規模な組織の末端よりも小規模な組織で地位を確立するほうがよいという意味です。主にビジネスシーンで使われることが多く、座右の銘としている人も少なくありません。鶏口牛後の意味や使い方、例文などを解説します。

Tags:

「鶏口牛後」の意味や読み方、由来

鶏口牛後」は四字熟語の一つで、「けいこうぎゅうご」と読みます。大規模な組織よりも小規模な組織のほうがよいという意味を表し、座右の銘としている人も少なくありません。

鶏口牛後

そもそもの由来は中国の歴史書で、遊説家の蘇秦(そしん)が説いたとされます。ビジネスシーンで用いられることが多いため、正しい意味を理解しておくと安心でしょう。ここでは、「鶏口牛後」の意味や由来について解説します。

「小規模な組織の良さ」を表す言葉

鶏口牛後」は、大規模な組織に末端として所属するよりも、小規模な組織で地位を確立するほうがよいという意味で使われます。これは、大きな組織の末端としてではなく、規模が小さくてもトップとして活動するほうがよいという考え方です。

前半の「鶏口」は小規模な組織の長を、後半の「牛後」は大規模な組織に仕える者を例えた言葉です。なお「鶏口牛後」は辞書では以下のように説明されています。

【鶏口牛後:けいこうぎゅうご】
《鶏口は小さな団体の長、牛後は大きな団体の従者の意》「鶏口となるも牛後となるなかれ」に同じ

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

辞書を見ると、「鶏口牛後」は「鶏口となるも牛後となるなかれ」と同じ意味をもつとされています。「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味を辞書で確認してみましょう。

【鶏口となるも牛後となるなかれ:けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ】
《「史記」蘇秦伝から》大きな団体で人のしりについているよりも、小さな団体でも頭 (かしら) になるほうがよい。

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

鶏口となるも牛後となるなかれ」は、他者に助言するような場面で使われることが多いです。例えば、就活や転職を控えた人へのアドバイスに適しているでしょう。

「鶏口牛後」は中国の歴史書に由来する

「鶏口牛後」は中国の歴史書『史記』の『蘇秦伝』に由来する言葉です。戦国時代に7つの国が争っている時期があり、その中でも秦は大きな力をもっていました。

秦に従うか、それとも戦うかを迷っていた韓王に対し、遊説家の蘇秦は「寧為鶏口、無為牛後(むしろけいこうとなるとも、ぎゅうごとなることなかれ)」と説きました。

これは「大国の秦の配下になるよりも、小さい国でも王として権威を維持することを優先すべき」という意味です。結果として、韓王は秦以外の国と同盟を結ぶ決意を固め、六国の宰相という地位につきました。

蘇秦と韓王のエピソードが元となり、「鶏口牛後」という言葉が生まれたとされています。

「鶏口牛後」の使い方

「鶏口牛後」は主にビジネスシーンで使われます。特に就活や転職時の決意表明や、新たなステップに進む人へのアドバイスとして使うことが多いでしょう。いずれにしても、使い方によっては失礼に当たることがあるため、正しい用法を覚えておくことが大切です。

鶏口牛後

また、「鶏口牛後」は誤った漢字で表記されることも少なくありません。使い方や例文とともに、よくある誤用も確認しておきましょう。

「鶏口牛後」は就活や転職時によく使われる

「鶏口牛後」がよく登場するのは就活や転職時です。例えば、「鶏口牛後」を座右の銘として掲げている人は多いでしょう。面接で自己アピールする際に「鶏口牛後」を使うと、「組織を引っ張るような存在になりたい」という意思を強調できます

ただし、面と向かって「小規模な組織のトップになりたい」という意味を伝えることにもなるため、失礼に当たらないかをよく考えたうえで使用するのが無難です。

自己アピール以外に、就活や転職を控えた人へのアドバイスとして用いられることもあります。注意点として、人によっては「安定している大規模な組織を選ぶのが最善」と考えている可能性があります。

「鶏口牛後」はアドバイスに適した言葉ですが、必ずしも小規模な組織がいいとは限らないため、相手の意見を尊重したうえで助言することを忘れないようにしましょう。

「鶏口牛後」を使った例文

「鶏口牛後」の具体的な使い方を例文とともに解説します。

<人生は鶏口牛後だ>
・【人生は鶏口牛後だ】と思い、中小企業に就職しました。
・【人生は鶏口牛後である】と考え、少数精鋭の御社を志願しました。

上記は仕事の価値観を表す際に使える例文です。大勢の組織の一人になるのではなく、小規模な組織の中でトップとして活躍するという意思が含まれています。

<鶏口牛後を望む>
【鶏口牛後を望み】、ライバルが多い強豪校よりもレギュラーになりやすい弱小校を選んだ。

活躍するのが難しそうな大きな組織にいるよりも、活躍のチャンスがある小さな組織にいるべきだという意味の例文です。

「鶏口牛後」のよくある誤用

鶏頭牛尾」や「鶏頭となるも牛尾となるなかれ」と表記されることがありますが、どちらも「鶏口牛後」のよくある誤用です。

そもそも「鶏口」はくちばしを表す言葉で、小規模の団体のリーダー以外の人には使いません。頭よりもくちばしのほうが面積が小さいことからもわかるように、先頭に立つ人(=鶏口)は一人のみです。

日本語では頭や尾のほうが先頭・末端を連想しやすいため、鶏頭牛尾という誤った形で広まったと考えられます。誤用表現があることを理解しておき、誤った使い方をしないように注意しましょう。

「鶏口牛後」の類義語&対義語

「鶏口牛後」には以下のような類義語があります。

・芋頭でも頭は頭
・鯛の尾より鰯(いわし)の頭

また、「鶏口牛後」には反対の意味をもつ対義語もあります。

鶏口牛後

・寄らば大樹の陰
・箸と主とは太いがよい

「鶏口牛後」を別の言葉で言い換えられるように、あるいは「鶏口牛後」の意味の理解を深めるために、類義語と対義語をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

類義語は「芋頭でも頭は頭」など

「芋頭でも頭は頭」は、どんなにつまらないもの・くだらないものでも、その集団のトップであることに変わりはないという意味です。地位を確立しているため、たとえ集団の規模が小さくても責任や権力を伴うことを表します。

「鯛の尾より鰯(いわし)の頭」は、大衆魚の鰯の頭になるほうが大きな鯛の尾になるよりもいいということを意味します。鰯の頭は進むべき道を自分で決められますが、鯛の尾には決定権がありません。つまり、主体的に行動したいのであれば、小さな団体に所属すべきという考え方を表します。

対義語は「寄らば大樹の陰」など

寄らば大樹の陰」は、何かを頼る際は勢力が大きいものを選ぶべきという意味です。大きな樹木の陰なら、雨や日差しを避けられて安全に過ごせるでしょう。このことから、たとえ活躍のチャンスがなくとも、規模の大きい組織にいれば低リスクで恩恵が受けられることを表します。

箸と主とは太いがよい」は、仕える相手は頼りがいがある人を選んだほうがいいという意味です。食事の際に使う箸は、太いほうが折れずに長く使えるでしょう。仕える主(あるじ)も箸と同じように、太っ腹で度量が大きい人のほうが好ましいという考え方です。

「鶏口牛後」の意味や使い方を理解しておこう

鶏口牛後」はビジネスシーンで使われることが多い四字熟語で、読み方は「けいこうぎゅうご」です。大規模な団体に属して末端にいるよりも、小規模な団体でリーダーとして活躍するほうがいいという考え方を表します。

鶏口牛後

座右の銘として掲げる人も多いほか、就職や転職時のアドバイスにも適した言葉です。「鶏口牛後」の意味や使い方を理解し、仕事に関連する話題の中で使ってみてください。

こちらの記事もおすすめ!

【収入を増やす】最適な方法とは?支出を抑える方法、副業で稼ぐポイントもチェックしよう
「後悔しない生き方」をするためには?意識したいポイント・NG習慣を紹介

写真・イラスト/(C) shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事