Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.21

「春眠、暁を覚えず 」とは春が心地良く、つい寝過ごしてしまうこと!「春はあけぼの」とどう違う?

「春眠、暁を覚えず 」という言葉を学生時代に勉強して覚えている方も多いはずです。しかし、きちんと使いこなすには意味や成り立ちを知る必要があります。「春眠、暁を覚えず」の意味や語源、類語との使い分けのコツ、会話の中での使い方も解説しています。

Tags:

「春眠、暁を覚えず」の意味はつい寝過ごすこと

「春眠、暁を覚えず」は、学校の教科書にも掲載されているため、なんとなく記憶している方もいらっしゃるはずです。

春眠、暁を覚えず

読み方は……

しゅんみんあかつきをおぼえず」でした!

正しい意味を辞典でも確認しておきましょう。

【春眠暁を覚えず】しゅんみんあかつきをおぼえず
(孟浩然「春暁」から)春の夜はまことに眠り心地がいいので、朝が来たことにも気付かず、つい寝過ごしてしまう。

(引用〈小学舘 デジタル大辞泉〉より)

かつては意味を知っていても、時間が過ぎると忘れてしまうこともあります。言葉の詳しい意味や成り立ちを知ると、より頭に残るでしょう。

「朝寝」は意味が派生してできた季語

春の朝の心地が良く寝過ごしてしまうという意味を持った、「春眠暁を覚えず」の「春眠」の意味が派生した言葉に「朝寝」があります。「朝寝」も、春の心地よさでなかなか起きられず、うつらうつらする様子を表します。

「春眠暁を覚えず」の言い換えとしても利用できるでしょう。例えば「久しぶりに朝から天気が良くて、いつもより1時間【朝寝】をしてしまったよ」のように使えます。

「春眠、暁を覚えず」の由来は『春暁』

春眠暁を覚えず」の語源は、『春暁(しゅんぎょう)』という漢詩の一節です。『春暁』は、「五言絶句」の代表的な作品です。

春眠、暁を覚えず

「五言絶句」とは、中国の唐時代に完成された詩の形式で、近代史の一種に分類されます。5言が4句で構成されていることから、その名がつけられました。

『春暁』の作者である孟浩然と、『春暁』の全文を詳しくご紹介します。

漢詩『春暁』の作者は中国の孟浩然

孟浩然は、多くの作品の中でも、特に自然を題材にした詩が評価されている作詞家で、中国の唐の時代に活躍しました。彼は当時では高齢とされる、40歳の時に才能を認められた人物です。

『春暁』は春の朝の素晴らしさを表現した作品でありながら、短い詩の文面から作者である孟浩然の人生観や生活が垣間見られる作品として有名です。

『春暁』の全文をおさらいしておこう

『春暁』といえば、第一節が最も有名ですが、今回は全文をご紹介します。

【全文】
春眠不覚暁
(しゅんみんあかつきをおぼえず)
処処聞啼鳥
(しょしょていちょうをきく)
夜來風雨聲
(やらいふううのこえ)
花落知多少
(はなおつることしんぬたしょうぞ)

詩の意味を簡単にまとめると、下記のとおりです。

「心地よく眠気を誘う春の朝に、あちらこちらから鳥のさえずりが聞こえてきます。昨夜は雨音がしていたけれど、どれだけ花が散ってしまっただろうか。」

短い詩の中に、春の朝の素晴らしさや自然の風情を感じられる作品です。

「春眠、暁を覚えず」の類語は「春はあけぼの」

「春眠暁を覚えず」と同じく、春の朝の素晴らしさを表現する言葉として「春はあけぼのがあります。「春はあけぼの」は、『枕草子』という随筆の冒頭に登場します。

どちらも似たようなシーンで使われますが、「寝過ごしてしまう」という意味は「春眠暁を覚えず」にのみ含まれているのがポイントです。

春眠、暁を覚えず

類語として挙げられる、「春はあけぼの」の意味と「春眠暁を覚えず」との使い分けについて詳しくご紹介します。

「春はあけぼの」は『枕草子』の一説

「春はあけぼの」が登場する『枕草子』の筆者は清少納言です。作品の中で、趣がある春の夜明けを現した言葉として「春はあけぼの」が使われています。

言葉の由来となっている枕草子の冒頭部分をご紹介します。

【原文】
【春はあけぼの】やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる

原文の意味を解説すると、「春は夜がほのぼのと明ける頃、だんだん山際に光が差し、紫色をした雲が横に長く様子が趣深い」です。

2つの表現の使い分け

春眠暁を覚えず」と「春はあけぼの」は、どちらも春の朝の素晴らしさを表す表現であるため、使い分けに悩む方もいらっしゃるでしょう。使い分けのポイントは「春眠暁を覚えず」にだけ、朝寝坊をするという意味が含まれる点です。

暖かい春の朝が心地よくてついつい寝過ごしてしまうニュアンスを表現するには、「春眠暁を覚えず」が適しています。

「春眠、暁を覚えず」の使い方と例文

春眠暁を覚えず」は、うららかな春の朝を賞賛する言葉でありながら、ついつい寝坊してしまう様子を表現するシーンでよく使われます。

春眠、暁を覚えず

春眠暁を覚えず」を使う際には「春の朝」と「寝過ごす」という、2つのポイントを意識しておきましょう。これからご紹介する使い方のコツと例文を確認すれば、正しいシーンで利用できるようになるはずです。

春の朝の素晴らしさを表現する時に使う

厳しい冬を乗り越えて、暖かく希望に満ち溢れた春を歓迎する人は多いでしょう。「春眠暁を覚えず」は、そんな心地の良い朝を表現する際に使われます。

「春はあけぼの」との違いでもご紹介したように、「春眠暁を覚えず」には「寝過ごす」という行為がセットになっています。「春の朝が気持ちよすぎて、ついつい布団からでられない……」というシーンで使ってみましょう

「春眠、暁を覚えず」の例文

「春眠暁を覚えず」は、良く知られている言葉ではあるものの、普段の生活で使いこなすには少しハードルが高いと感じている方も多いかもしれません。例文を確認すれば、利用できるシーンのイメージが湧きやすくなるでしょう。

【例文】
この頃は【春眠暁を覚えず】で、なかなか布団から出られないよ。
・最近少し暖かくなってきて、今朝は10時までぐっすりだった。まさに【春眠暁を覚えず】だ。
【春眠暁を覚えず】な娘も今日は一人で起きられたようだ。

風情を感じられる「春眠、暁を覚えず」を使いこなそう!

春眠暁を覚えず」は、自然の豊かさを再確認できる表現です。ただ単に寝坊した言い訳をするよりは、「春眠暁を覚えず」を使って趣深い表現にするのも良いかもしれませんね。

春眠暁を覚えず」は、『春暁』という作品の冒頭部分に登場します。言葉の由来を知っておくと、理解が定着しやすくなるでしょう。

使いこなせる言葉の幅を広げてみるのも、ちょっと素敵な大人になれるコツかもしれません。小説やテレビなど、日常で出会う言葉にアンテナを張ってみるのもおすすめです。

こちらの記事もおすすめ!

つい寝過ぎていませんか? 〝眠りのプロ〟快眠コンシェルジュが寝過ぎの原因を解明!
【遅刻した場合】言い訳はしていいもの? 正しい対処方法と伝え方のポイント(まとめ)

写真・イラスト/(C) shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事