Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.21

【付和雷同】は褒め言葉とけなし言葉のどちら?由来や使い方も見てみよう

「付和雷同」とは、主義や主張を持たず簡単に他人の意見に同調することを意味する言葉です。由来は古代中国の書物である『礼記』にあるといわれています。ネガティブな意味で使われることがほとんどであるため注意しましょう。今回は「付和雷同」の意味や由来、使い方などを解説します。

Tags:

「付和雷同」とは安易に他人の意見に同調すること

【付和雷同:ふわらいどう】一定の主義・主張がなく、安易に他の説に賛成すること。「多数派に付和雷同する」
〔類語〕矮人の観場、同意、賛同、支持、賛成、雷同、便乗、聴従、適従、追随、追従、驥尾に付す、下手に出る、後塵を拝する、人の褌で相撲を取る、尻馬に乗る

付和雷同

「付和雷同」は「ふわらいどう」と読み、主張を持たずに安易に他の人の意見に同調することを意味する言葉です。状況に応じて柔軟に相手の意見に合わせるのではなく、節操なく他人の意見に流されるニュアンスであることに注意してください。

「君は付和雷同なところがあるね」と言われたら褒められているわけではなく、たしなめられていると受け止めるのが無難でしょう。

「付和」も「雷同」も安易に他の意見に従うという意味

「付和」の「付」は相手の側につくこと、「和」は相手の意見に合わせるという意味で、深い考えを持たずに他人の意見に従うことをあらわします。「不和雷同」と書くのは誤りですので注意しましょう。

「雷同」とは雷が鳴るとあらゆる物が同じように鳴るように、その人の意見に同調することのたとえです。「付和雷同」は同じような意味を持つ「付和」と「雷同」を重ねることで生まれた言葉であり、そのまま、安易に人の意見に合わせるという意味で使われます。

「他力本願」「優柔不断」との違い

「付和雷同」と似たようなニュアンスを持つ言葉に、「他力本願」や「優柔不断」などがあります。「他力本願」とは、「たりきほんがん」と読み、自分で努力することなく他人の行動に期待することをあらわします。

いずれも自分の力でなんとかしようとせず、他者の存在をあてにしているという意味では共通しているかもしれません。しかし、盲目的に他人に同意する「付和雷同」と、他人の努力をあてにする「他力本願」とは言葉の意味が異なります。

「優柔不断」は気が弱く決断力に乏しい様子をあらわす言葉です。「付和雷同」は安易に他人の意見に合わせてしまうことを指し、常に他者の存在が近くにある状態です。しかし、「優柔不断」の「決断力に乏しい、決断が遅い」はその人の中で完結しており「付和雷同」とは異なる意味であることがわかります。

【他力本願:たりきほんがん】1 《他力(阿弥陀仏)の本願の意》仏語。自らの修行の功徳によって悟りを得るのでなく、阿弥陀仏の本願によって救済されること。浄土教の言葉。2 《誤用が定着したものか》俗に、自分の努力でするのではなく、他人がしてくれることに期待をかけること。人まかせ。

【優柔不断:ゆうじゅうふだん】
気が弱く決断力に乏しいこと。また、そのさま。「優柔不断な(の)態度」

由来は古代中国の書物「礼記」

「付和雷同」は、もともと漢文が由来の言葉です。中国の古代の書物である『礼記(らいき)』の中の「他人の意見を盗んで自分のものとしたり、他人の意見にむやみに賛同するべきではない」いう一節が語源であるといわれています。

この戒めの意味の言葉がもとになって、現在の意味で「付和雷同」という言葉が使われるようになりました。

【例文付き】「付和雷同」の使い方

「付和雷同」は、自分の主義や主張を持たず、なんとなく他人の意見に同調してしまうという意味で使います。

安易に他人に従ってしまうことを指して「付和雷同する」、他人の意見に流されがちな人を「付和雷同な人」といったように表現します。また「付和雷同的な」「付和雷同な性格」という用い方をすることもあるので、覚えておくと良いでしょう。

付和雷同

ここからは、付和雷同を使った例文をご紹介します。

【例文】
【付和雷同】するばかりで自分の意見を言わないのは、どうかと思う
・彼は協調性があるといえば聞こえはいいが、要するに【付和雷同】な人ということだ
珍しく【付和雷同】的な態度を取っていた
自分の【付和雷同】な性格をどうにかしたいと悩んでいる

ネガティブな意味で使われることに注意

「付和雷同」は自分の主張を持つことなく、むやみに他人に同調するという意味の言葉です。特にビジネスシーンにおいては、ネガティブな意味で使用されることが多いことに留意しましょう。

見方を変えれば、「周りの空気を読んで対応できる」「人を気遣い、その人に寄り添うことができると捉えることもできるかもしれませんが、そのような意味で使われることはほぼありません。

そのため、褒め言葉のつもりで「付和雷同だね」と言ったとしても、相手は否定の意味で受け止める可能性が高いでしょう。軽い気持ちで他人の評価に用いることは避けましょう。

「付和雷同」の類語・対義語

付和雷同」には似たような意味をもつ類語、反対の意味である対義語がいくつかあります。特に類語は言い換え表現として使うことができるため、覚えておくと表現が広がります。ぜひ確認してみてください。

ここでは「付和雷同」の類語である「尻馬に乗る」「唯々諾々」、対義語の「志操堅固」「独立独歩」について、意味や例文を交えた使い方などを解説します。

付和雷同

類語は「尻馬に乗る(しりうまにのる)」「唯々諾々(いいだくだく)」など

尻馬に乗る」は分別無く他の人に同調して軽はずみな言動をしたり、調子に乗って人のまねをするという意味です。軽々しく行動するさまのたとえです。「尻馬に乗って、よく調べずに株を買ってしまった」などと使います。

唯々諾々」は、少しも逆らうことなく従うさまをたとえる言葉です。「唯々」「諾々」は両方とも「はいはい」と答える声をあらわしています。「彼女は唯々諾々と従うイエスマンだ」といった使い方をします。

【尻馬に乗る:しりうまにのる】分別もなく他人の言動に同調して、軽はずみなことをする。人のあとについて、調子に乗ってそのまねをする。「―・って騒ぐ」

【唯唯諾諾:いいだくだく】少しも逆らわずに他人の言いなりになるさま。「唯唯諾諾として命令に服している」

対義語は「志操堅固(しそうけんご)」「独立独歩(どくりつどっぽ)」など

「志操堅固」は、思想や主義などを一貫して守り、変えようとしないことを意味します。しっかりした人物のことをあらわすため、「付和雷同」とは対照的な意味であることがわかるでしょう。「志操堅固な思想の持ち主に憧れる」というように使います。

「独立独歩」は誰の助けも借りずに、自力で物事を行うことのたとえです。自分で考え行動するさまは、他人の意見に安易に合わせてしまう「付和雷同」の正反対であるといえるでしょう。「独立独歩な生き方をしてきた」などと使います。

【独立独歩:どくりつどっぽ】1 他人にたよらず、自分の信じるところに従って行動すること。独立独行。「独立独歩の精神」2 他に並ぶもののないこと。

自分の意見を持ち「付和雷同」にならないようにしよう

付和雷同」は、自分の主義や主張を持たず他人の意見に合わせてしまうことをあらわす言葉です。他人の意見や考えに安易に同調することに対して、ネガティブな意味で使うことが多いでしょう。

付和雷同

「付和」も「雷同」も安易に人の意見に従うという意味で、同じような言葉を合わせてできたのが「付和雷同」です。由来は中国古代の書物『礼記』にあるといわれています。

似た意味を持つ類語としては「尻馬に乗る」、「唯々諾々」などがあります。言い換え表現として覚えておくと語彙の幅が広がるでしょう。反対語は「志操堅固」や「独立独歩」などです。

場の空気を読み人の意見に合わせることも時には必要です。しかし、自分の考えを持たず、常にその調子だと「付和雷同」な人になってしまう可能性があります。状況に応じて自分の主張ができるようにしましょう。

こちらの記事もおすすめ!

「共感」する力を身につけるには? 「共感力」が強い人の特徴や身につけ方をご紹介
【心理カウンセラー監修】「先輩に好かれる人」の特徴・共通点とは?100人アンケートの結果と先輩に信頼される5つのポイントを紹介

写真・イラスト/(C) shutterstock.com

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事