Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2022.01.02

マイルの貯め方を徹底解説!賢く効率的な3つの方法

旅行好きに定番の「マイル」。旅行は好きだけどちょっと難しくてわからない…という人も多いのではないでしょうか?そこで今回は「マイルの貯め方」を徹底解説!今さら聞けないマイルの基本から、マイルを賢く貯める3つの方法、さらにマイルをこれからしっかり貯めたいという人におすすめのクレジットカードをご紹介していきます。

Tags:

【目次】
そもそも「マイル」って何?マイルの基本知識
マイルの貯め方は大きく3つの方法に分けられる
マイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード

そもそも「マイル」って何?マイルの基本知識

マイルとは「航空会社が提供するポイント」のこと


(C)Shutterstock.com

マイルとはそもそも「航空会社が提供するポイント」のことを言います。事前にマイレージ(マイルを運用したサービス)に登録することで貯めることが可能になります。

貯まったマイルは航空券やツアー料金に交換できる

マイルを貯めてどうするのかというと、無料の航空券や航空会社が提携するツアー料金に交換します。

他にもエコノミークラスからビジネスクラスへ変える座席のアップグレードができたり、商品や他社ポイント、電子マネーなどに交換できたりと、使い道はさまざま。

賢く貯めるとお得に旅行を楽しめるだけでなく、生活もうるおう可能性があるのですね。

どのアライアンスのマイルを貯めるかが重要

どのアライアンスのマイルを貯めるかが重要
(C)Shutterstock.com

マイルは航空会社が提供するポイントだということがわかりました。このマイルを効率よく貯めるためには、まず最初にしなければならない重要なことがあります。

それは「どの航空会社のマイレージを貯めるか」ということ。

実は航空会社には「アライアンス」という航空会社のネットワークが存在します。マイルは同じアライアンスのグループに属する航空会社間でのみ、利用や合算が可能なのです。

現在アライアンスには以下の3種類があります。

・「スターアライアンス(Star Alliance)」→ANAやユナイテッド航空など
・「スカイチーム(SkyTeam)」→デルタ航空や大韓航空など
・「ワンワールド(oneworld)」→JALやアメリカン航空など

例えばJALのマイルを貯めるとしたら、貯めたマイルはJALはもちろん、ワンワールドに属しているその他航空会社でも使用することができます。ですが、スターアライアンスに属しているANAでは利用できません。

つまり自分がどの航空会社を頻繁に利用するのか、行きたい国や地域へ多く運航されている航空会社はどれなのかによって、最適なアライアンスが変わってきます。

すべてのアライアンスのマイルを貯めることもできますが、できるだけ早くたくさんのマイルを貯めるのなら、ひとつのアライアンスに絞ることが推奨されています。

マイルの貯め方は大きく3つの方法に分けられる

飛行機に乗る

マイルを貯める方法のひとつ目は「飛行機に乗る」こと。

これは航空会社や航路、座席のグレード等によって左右されるため、一概にどれくらい貯まるかとは言えませんが、JALでハワイに飛ぶ場合、片道につき「3831マイル」が加算されるよう。

実際に貯めたマイルでハワイまでの無料航空券をゲットしようとすると、4万マイル必要だと言われているので、フライトマイルだけでマイルを貯めようとするのは少々大変です。

飛行機に乗ってマイルを貯めるのは、一番王道なマイルの貯め方だと思われがちですが、もっと効率よくマイルを貯めるためには、次にご紹介する2つの方法も掛け合わせることが推奨されています。

クレジットカードで決済する

一般的に、マイルを効率よく貯める方法として「クレジットカードで決済して貯める」というのがあります。

日々の買い物をクレジットカードで決済することでクレジットカードのポイントが貯まります。そのポイントをマイルに交換することでマイルを貯めていく方法です。

飛行機に乗らず日常生活でマイルを貯めることから、こうしてマイルを貯めていく人たちは「陸(おか)マイラー」と呼ばれているそう。

どのカードを使うかによってポイントの付与率は変わりますが、買い物から公共料金の支払い、通信費まで、すべてをひとつのクレジットカードで支払えば、毎月8万円ほどの支出がある人なら一年で1万マイルほど貯めることができるようです。

1万マイルあれば国内旅行で飛べる地域がいくつかあるので、決して無駄な努力ではないですよね。

Suica機能があればさらにマイルが貯まる

Suica機能があればさらにマイルが貯まる
通勤に電車を使っている人も多いのではないでしょうか。

ITジャーナリスト・高橋暁子さん曰く、実はSuica機能付きのANAやJALのマイルが貯まるクレジットカードなら、航空会社のマイルとJR利用でのポイントの両方を貯めることができるのだそう…!

「Suicaをはじめとする交通系カードは、電子マネー初心者でも日常で使っていますよね。実は、JR東日本のJREポイントを設定しておけば、JRの利用でもポイントが貯まるようになりました。電車に乗ったり買い物にSuicaを使ったり、こまめにしているようなら、日常でどんどんポイントが貯まりますよ」(ITジャーナリスト・高橋暁子さん)

Suica機能があればさらにマイルが貯まる
「さらにクレジットカード機能付きのSuicaであれば、JREポイント、そしてクレジットカードのポイントと2か所で貯まります。またクレジットカードがANAやJALのマイレージがたまるクレジットカードでSuica機能つきであれば、航空会社のマイレージとJREのポイントと、両方が貯まります。Payサービスを連携すれば、そちらでのポイントも貯まる。これからは2か所、3か所と同時にポイントを得ていくことが普通になるでしょうね」(高橋さん)

今は飛行機だけでなく、電車でもマイルを貯められる時代なのですね。

ポイントサイトを活用する

さらにもっと効率よくマイルを貯めたい!という人には、「ポイントサイトを活用する」という方法があります。いわゆる「ポイ活」と呼ばれるものです。

ポイントサイトとは、何かものを買ったりホテルを予約したりするときに、直接ECサイトや予約サイトから申し込むのではなく、ポイントサイト経由で申し込むことでポイントが付与されるという仕組みだそう。

「モッピー」や「ハピタス」といったポイントサイトが有名ですが、ここで貯めたポイントはマイルに交換することができるだけでなく、現金化も可能だと言われています。

キャンペーンや案件によってポイントは変動しますが、例えばクレジットカードをポイントサイト経由で作成すると「8000ポイント付与!」といったものも珍しくないそう。

他にも楽天やAmazonでのお買い物を、このポイントサイト経由でするだけでもOK。購入金額の数%がポイントで付与されるので、こういったネットショップをよく利用する人はチェックしてみるといいかもしれません。

マイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード

「SPGアメリカン・エキスプレス・カード」

「SPGアメリカン・エキスプレス・カード」
ポイントの有効期限がないのでゆっくり貯められる「SPGアメリカン・エキスプレス・カード」。利用金額100円ごとに3ポイント付与され、さらにMarriott Bonvo参加ホテルでの利用なら6ポイントにアップ!

貯まったポイントをマイルに移行する際は、1回の手続きで6万ポイントごとに1万5000ポイントのボーナスがつくのも嬉しい魅力です。

「JALカード CLUB-Aゴールドカード」

「JALカード CLUB-Aゴールドカード」
マイルを貯めつつ提携カード会社のゴールドサービスも受けることができる「JALカード CLUB-Aゴールドカード」。提携カード会社によっても変わりますが、最高1億円の海外旅行保険と最高5000万円の国内旅行傷害保険が付帯されています。

エコノミークラスの運賃や特典航空券でも「JALビジネスクラス・チェックインカウンター」の利用が可能。さらには各提携カード会社専用の空港ラウンジも利用できるため、快適な空の旅が楽しめます。

JALカード特約店での購入なら、積算率2.0%。かなりお得にマイルを貯めることができます。

「ANA VISA Suicaカード」

「ANA VISA Suicaカード」
(C)Shutterstock.com

「クレジット機能」と「ANAカード機能」、さらに「Suica機能」の三つが搭載された「ANA VISA Suicaカード」は、陸マイラーにぴったりなクレジットカード。ショッピングや食事の代金を決済することで貯まる「ワールドプレゼント」のポイントは、マイルだけでなくSuicaへも移行させることが可能。

Suicaのオートチャージサービスも利用できるので、電車を頻繁に利用する人におすすめです。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事