Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.03.06

非常に腹が立つことを意味する【業腹】←なんと読む?

「業腹」とは非常に腹が立つことを意味します。どんなときに使用するべきなのか、また類語表現や英語表現などをこの記事で学びましょう。

Tags:

「業腹」とはすごく腹が立つこと

「業腹」には「とても腹が立つ」「激しく怒る」といった意味があります。怒りの感情を表現する言葉ですが、広く使用できるものではなく、シチュエーションは限定的です。

業腹

例えば、上司からちょっとした嫌がらせを受けたり、友人が頼みごとをすっぽかしたりしたとします。このような場合は、「イライラする」、「むかつく」といった言葉で怒りを表すケースが多いでしょう。

一方、「業腹」は怒りの中でもかなり激しく強い感情を抱いたときに使います。例えば、彼氏に浮気されたときや、上司から理不尽な出来事で叱責されたときなどが当てはまるでしょう。また、強く腹を立てている他者を形容する表現としても使われます。

そのため、軽い怒りやイライラ程度の感情を「業腹」を使って表現すると、周りの人に誤解される可能性があるため、正しい使い分けが必要です。

「業腹」の読み方は「ごうはら」

あまり聞きなれない業腹ですが、読み方は「ごうはら」となります。業は音読みで「ごう」、腹は訓読みで「はら」で、それらを組み合わせてできた重箱読みの熟語です。

重箱読みとは、日本語の変則的な読み方の一つで、上が音読み、下が訓読みのものを指します。「業腹」を「ぎょうはら」「ぎょうふく」、「わざはら」と読み間違えるケースも多く、正しい読み方を覚えておきましょう。

「業腹」の語源は「業火」

「業腹」の語源は、仏教用語である「業火」とのつながりに遡ります。「業火」は、悪行をした人が自分の罪を報いるために、地獄で火に焼かれて苦しめられる意味を持ちます。

また、相手を苦しめるほどの大きな炎という意味も持ち、「業火」が燃え上がるような激しい怒りの状態が「業腹」の語源です。「業腹」の「業」には人々の怒りを表し、それが煮立って湧き上がるさまを「腹」という部位で表現していると考えられています。

語源である「業火」が燃え滾るほどの強い怒りは、「業腹」という言葉で日常的に使われるようになったのです。

「業腹」における4つの類語

「業腹」のように怒りを表す言葉には次の4つが挙げられます。

・怒気
・激怒
・忌々しい
・腸が煮えくり返る

業腹

いずれも「業腹」の類義語ですが、それぞれニュアンスや由来は異なる点には注意が必要です。よって、場面にあわせて適切に使い分けなければ、正しく相手に伝わらない可能性があります。ここでは、「業腹」の類義語をそれぞれ詳しくみていきましょう。

【類義語1】怒気(どき)

「怒気」とは、怒っている様子やその気持ちを表現する言葉です。怒りの程度はさまざまな場面で利用できますが、怒りを含んだ状態であるのが怒気の特徴です。

そのため、内に秘めた怒りというよりは、表向きに出ている怒りで使用すると覚えておきましょう。怒気の使い方は、「怒気をはらむ」「怒気を帯びる」など、怒りの気配を感じ取れる表現となります。具体的な例文は、以下の通りです。

【例文】
彼女は【怒気】を帯びた表情でこちらを見ている。
・【怒気】をこめた声で、若者たちに注意をしていた。
・今の上司からは、【怒気】がにじみ出ている。

【類義語2】激怒(げきど)

「激怒」とは、「業腹」と同様に激しく怒ることやその怒り自体を表現する言葉です。先程の「怒気」と比べると、さらに強い怒りを表す際に使用します。

「激怒」は日常的にもよく耳にする言葉であり、相手へ感情を伝える際には、「業腹」よりも伝わりやすい言葉といえます。具体的な例文は、以下の通りです。

【例文】
先輩から受けた屈辱に、私はついに【激怒】した。
・大切な皿を割られて、母は【激怒】している。
・相手の言い分に納得できず、上司が【激怒】している。

【類義語3】忌々しい(いまいましい)

「忌々しい」は非常に癪に障る、腹立たしいことを表現する言葉です。元々「忌々しい」は、不吉で慎むべき状態を表現する言葉でした。

そこから不吉を残念がる意味が入り、現代の癪に障るという意味へと変化したのです。

非常に腹立たしいという点では、「業腹」も同様の意味を持っており、類義語の一つといえます。上記の類義語と比べると、恨めしい感情や癪に障るといった内面の怒りを表すような使い方をします。具体的な例文は、以下の通りです。

【例文】
あの【忌々しい】彼に負けないよう、今度こそいい成績をとってやる。
・【忌々しげ】な表情で、こちらの様子を伺っている。
・旅行の日に限って雨になり、【忌々しい】。

【類義語4】腸が煮えくり返る(はらわたがにえくりかえる)

「腸が煮えくり返る」は、強い怒りを抑えきれない様子を意味します。似た意味の言葉に「腹が立つ」がありますが、違いは怒りの強さです。

「腸が煮えくり返る」は、内部にある腸から激しい怒りがこみあげてくるさまを表しています。一方、「腹が立つ」は腹という表面上を指すことから、「腸が煮えくり返る」に比べると怒りが弱いと分かります。

このように、激しい怒りを感じたときに使う言葉であるため、「業腹」の類義語といえるでしょう。具体的な例文は、以下の通りです。

【例文】
・部活でみんなが頑張っているのにサボっている彼を見ると、【腸が煮えくり返る】思いだ
・冷静に話をしていたが、きっと社長は【腸が煮えくり返る】思いだったはずだ。
・兄の言い分には【腸が煮えくり返る】。

「業腹」における3つの英語表現

「業腹」を英語で表現する単語には、次の3つが挙げられます。

業腹

・ENRAGED
・SPITE
・RESENTMENT

外国の友人や取引先とのやりとりのなかで、英語でどのように業腹を表現するのかを知っておくと、コミュニケーションの幅が広がるでしょう。ここでは、「業腹」の例文も踏まえて、英語表現における意味などを詳しく紹介します。

1.ENRAGED

「ENRAGED」は激怒した、腹を立てたという意味の形容詞です。強い怒りを指す激怒の意味を持ち、「業腹」とも同様の使い方ができます。

人に腹を立てているのであれば「ENRAGED with ~」、ものや状況に腹を立てているのであれば「ENRAGED at ~」と表現します。具体的な例文は、以下の通りです。

【例文】
・My brother was ENRAGED at their treacherous behavior. (私の兄は彼らの裏切り行為に対して非常に腹を立てた)
・She was ENRAGED with us. (彼女は我々に対して非常に腹を立てた)

2.SPITE

SPITE」は、意地悪や悪意のあるという意味を持ちます。また、人への恨みやいじめといった意味も持ち合わせており、さまざまな場面で使用可能です。

「腹いせに意地悪をした時」や「いじめられて恨んでいる時」などに使用される単語です。具体的な例文は、以下の通りです。

【例文】
・I’m not saying this out of SPITE.(私は意地悪で言っているわけではありません)
・Did you do it out of SPITE?(腹いせであなたはそれをしたのですか)

3.RESENTMENT

「RESENTMENT」は、憤りや腹を立てるという意味の単語です。この単語の特徴は、その場で腹を立てたというよりも長く根に持っていた怒りや鬱憤を意味しています。

そのため、長い間の気持ちをこめた「恨み」も含まれます。「業腹」とは少し違うニュアンスではありますが、よく使われる単語のため覚えておくと便利でしょう。具体的な例文は、以下の通りです。

【例文】
・There was massive RESENTMENT.(多くの人が腹を立てていた)
・I have RESENTMENT built up so I cannot sleep.(私は鬱憤がたまって寝られない)

まとめ

「業腹」は、抱えきれないくらいの強い怒りがこめられた言葉です。イライラや腹が立つだけでは表現しきれないくらい怒っているときや相手の状況を踏まえて客観的に伝えるときに使えます。

業腹

ただし、「業腹」という言葉自体あまり知られておらず、類義語である激怒や腸が煮えくり返るなどを使うこほうがより相手に伝わりやすいでしょう。また、しっかり伝える場面を理解していないと、いざ使ったときに相手の捉え方次第では誤解を招きかねません。正しい「業腹」の使い方をマスターして、適切なやりとりをしましょう。

こちらの記事もおすすめ

【100人に聞いた】威圧的な人にみられる特徴とは?上手な付き合い方についても紹介
【喜怒哀楽】の「哀」はなぜ「悲」ではないの?

写真・イラスト/(C) Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事