Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.02.09

「雀の涙」とはどんな意味? 分量はどれくらい? 例⽂・類語・注意点も紹介

「雀の涙ほどの〇〇」など何かの量を表す日本人にとって馴染みの深いフレーズですが、一体どれくらいの量のことを指すのでしょうか?今回は意味「雀の涙」の意味から、分量はどれくらいなのか、例⽂、類語、注意点も合わせて紹介していきます。

Tags:

「雀の涙」の意味や読み⽅とは? 

「雀の涙」という言い回しを、聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。歌のタイトルに使われていたので、世代によっては、知っているという方もいるかもしれませんね。ですが、意味や使い方を改めて聞かれると、自信がない方もいるかもしれません。

今回は「雀の涙」の例文・類語・注意点や英語表現を含めて紹介しますので、一緒に確認しましょう。

雀の涙

■読み⽅と意味

「雀の涙」は「すずめのなみだ」と読み、「とても少ない量」「ごくわずかな量」を意味します。由来は鳥類の中でもかなり小型で私たちに馴染みのある雀からです。

雀の語源は「スズ」が鳴き声もしくは「小さい」を意味する「ササ」だと言われ、「メ」は群れもしくは「ツバメやカモメ」のように「鳥を意味する接続詞」と言われています。この語源からも「小さい鳥」を代表する「雀の涙」が「ごく少量」であるだろうということがわかりますね。

ただし、「微々たる量」だけど「ないよりはマシ」というネガティブなニュアンスが含まれている表現。「ない方がマシ」という意味で使う時には、相手に失礼にならないかなどの注意が必要です。

■ビジネス等で使う時の注意点

「雀の涙」は日常会話だけでなく、ビジネスシーンでも使います。ただし、「わずかな量」「少ない量」を意味するので、なかなか良いニュアンスで使うことが少なく、愚痴などで使うことの多い表現です。使う相手や場面には、注意して使用しましょう。

使い⽅を例⽂でチェック

「雀の涙」の使い方を例文で3つ紹介しますので、見ていきましょう。

雀の涙

1:「雀の涙ほどの給料だ」

「雀の涙」の言い回しでよく使われるのが、お金に関してです。「給料」や「ボーナス」の他にも、「宝くじ」や「懸賞」で当たったごくわずかなお金、喜びはしないけれど無いよりはマシな額を手にした時などに使います。「雀の涙」で「お金」について表現する時は、基本的に愚痴になることが多いですね。

2:「お菓子が雀の涙ほどしか残っていなかった」

「雀の涙」はお金以外にも、わずかな量を表現する時にも使用できます。基本的に、ネガティブな感情を表す時に、使うことが多いです。この例文のように、「食べようとした時には残りわずかだった」「楽しみにしていた食材がわずかしかなくて、残念」といったシーンで使えますね。

3:「今は雀の涙ほどの幸せでも、嬉しい」

「雀の涙」はネガティブな感情の時に使うことが多い言い回しですが、「ごくわずかな」ことを意味するので、残念なこと以外にも使用できます。例文のように、他人から見たら「取るに足らない」ような幸せであっても、自分自身は喜びを感じているという表現にすることも。

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある? 

「雀の涙」の類語や言い換え表現は、どのようなものがあるでしょう。3つ紹介しますので、確認しましょう。

雀の涙

1:「蚊の涙」

「蚊の涙」は、「かのなみだ」と読み、「ごく少量」を意味します。「雀の涙」と同じ意味を持ちますが、雀よりも小さい生物なので、「雀の涙」よりもより少ない量をイメージしてしまいますね。また、「蚤の小便、蚊の涙」ということわざもあり、こちらも「少ない量」を強調する言い回しです。

2:「猫の額」

「猫の額」は「ねこのひたい」と読み、また「猫額」と書いて「ねこびたい」とも言います。「額」とは「おでこ」のことで、「猫の額」が狭いことから、「面積が狭い」という意味で使われることが多く、例えば「私の家は猫の額くらい狭い」のように表現します。

最近、使う人は減りましたが、おでこが狭い人を揶揄する時に、「猫の額のよう」とか「猫額」と言っていたので、使い方には気をつけましょう。

3:「九牛の一毛」

「九牛の一毛」は「きゅうぎゅうのいちもう」と読みます。「九牛」は文字通り「九頭の牛」を意味するのではなく、「たくさんの牛」という意味です。つまり「たくさんの牛の中の一毛」、「ほんの一握り」や「取るに足らない」という慣用句となります。

中国の『文選』に収録された司馬遷の文章が由来といわれています。司馬遷は自分が皇帝の怒りを買い、死刑宣告をされた時のことを「九牛の一毛」と例え、「私が死んでも何の影響もなかった」と述べたそうです。

英語表現とは? 

「雀の涙」を英語で表現すると、どんな言い回しになるでしょうか。3つ紹介しますので、チェックしましょう。

雀の涙

1:「a drop in the bucket」

a drop in the bucket」は英語表現ではポピュラーな言い回しで、直訳は「バケツの中の一滴」で、「ごくわずかな量」「微々たる量」を意味します。「雀の涙」の他、「焼け石に水」や「大海の一滴」など日本語の表現だとニュアンスに差が出る言い回しですが、「必要な量に対してほんのわずかな量」の英訳として、使いまわせるので、覚えておきましょう。

2:「chicken feed」

chicken feed」は直訳すると「鶏のエサ」になります。「鶏のエサ」くらい「ほんの少しの量」を意味しますが、語彙的には「わずかなお金」「はした金」を意味します。「雀の涙」は、お金以外の「微々たる量」のこと全般に使えますが、「chicken feed」はお金の量にしか使えないので、その点は注意して使いましょう。

3:「An insignificant amount」

An insignificant amount」は「insignificant」が「取るに足らない」で、「amount」が「量」を意味します。慣用句的な表現ではなく、ストレートに「わずかな量」を英訳したい時に使えますね。

逆に「An insignificant amount」を和訳する時に、文脈によっては「雀の涙」や類語表現に置き換えて使ってみると、幅が広がるでしょう。

最後に

「雀の涙」について、様々な角度から紹介しましたが、意外と知らなかったことも多かったのではないでしょうか。ネガティブな感情表現やお金にしか使えないと思っていた方もいると思います。ただ、ポピュラーな表現の1つですので、これからも正しく使うためにも、覚え直しておきましょう。

こちらの記事もおすすめ

「覆水盆に返らず」の意味とは? 由来や類語・対義語、英語表現を解説
【元の木阿弥】の意味や使い方とは?3つもある語源や類語を押さえておこう

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事