Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.02.25

「歯に衣着せぬ」とはどんな意味? 例⽂・類語・注意点も紹介

「歯に衣着せぬ」とは、「はっきりと率直に意見をいうこと」を表す言葉です。そのような発言をする人は、好意的な印象を与える傾向にあります。今回は、例文、類語、英語表現もあわせて紹介します。

Tags:

「歯に衣着せぬ」の意味や読み⽅とは? 

「歯に衣着せぬ」という言い回しを聞いたことはありますか? 発言や意見の仕方に装飾される「歯に衣着せぬ」ですが、どんな言い方を指すのでしょうか。褒め言葉なのか、それとも卑下している言葉なのか… 。例文・類語・英語表現を含めて紹介しますので、一緒に確認しましょう。

歯に衣着せぬ意味類語言い換え使い方例文英語

読み⽅と意味

「歯に衣着せぬ」は「はにきぬきせぬ」と読みます。「衣」は「ころも」ではなく、「きぬ」と読み、また漢字を「絹」と書かないように気をつけましょう。意味は「はっきりと率直に意見をいうこと」です。

「歯に衣着せぬ」の語源は、現実的に歯に衣を着せることはできないものの比喩として使われていて、「歯を隠さない」ことを指しています。「歯を隠さない」ということは、口を開けてしっかりと物を言うイメージが連想されます。したがって、「率直に物申す」ことを「歯に衣着せぬ」となったようです。

ビジネス等で使う時の注意点

「歯に衣着せぬ」は古くからの慣用句ですが、現在でも日常生活やビジネスシーンで使うことができます。現代風に語尾を変えた「歯に衣着せない」や「歯に衣着せず」も間違いではありません。

また、「ずけずけ物を言う人」が不快だから使うというよりは、なかなか普通の人は言えないことを、よくぞ言ってくれたと褒め言葉として使います。

使い⽅を例⽂でチェック

それでは、「歯に衣着せぬ」の使い方を例文で3つ紹介します。一緒に見ていきましょう。

歯に衣着せぬ意味類語言い換え使い方例文英語

1:「彼は正々堂々と歯に衣着せない論法で、相手を論破した」

この例文は、「歯に衣着せぬ」の現代版にした「歯に衣着せない」を使ったもの。語尾が変わっても使い方は変わらないので、この例文もポジティブな意味になります。ストレートに普通の人が言いにくいことを相手に伝える場面で、相手を賞賛して使うのが一般的です。

2:「彼女はいつだって歯に衣着せぬ言い方で、ファンを増やしている」

この例文のように、最近は毒舌キャラでブレイクする芸能人の方もいますが、その大半は本当の毒舌というよりは、「歯に衣着せぬ」人なのかもしれません。単刀直入に言いにくいことを、言ってくれている人であったりします。「歯に衣着せぬ」言い方は、相手の気持ちや周囲の反応をきちんと見た上での率直な意見なので、人気が出るといえるでしょう。

3:「歯に衣着せぬ物言いに、心の中で拍手喝采だった」

この例文で使われている「歯に衣着せぬ物言い」は、「歯に衣着せぬ」の定型句の1つ。「歯に衣着せない物言い」とも置き換えることもできるので覚えておきましょう。日常では「物言い」はあまり使わないかもしれませんが、「歯に衣着せぬ」とあわせて覚えておくと便利です。

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある? 

次に、「歯に衣着せぬ」の類語や言い換え表現を、3つ紹介します。一緒に確認しましょう。

歯に衣着せぬ意味類語言い換え使い方例文英語

1:「忌憚なく」

「忌憚なく」は「きたんなく」と読み、「忌憚」は「遠慮」を意味するので、「遠慮なく」という意味になります。ビジネスシーンでは、「遠慮なく」をあえて、「忌憚なく」と使用することも珍しくないので、覚えておくと便利です。

「忌憚」は「なく」「のない」などを後ろに否定形をつけて使います。「忌憚」の意味が「遠慮」だからといって、「忌憚します」とは使用できませんので、気をつけましょう。

2:「ざっくばらん」

「ざっくばらん」は、「素直な」「心を明け透けにして」「気取らない」「遠慮がない」といった意味があり、使い方によって良い意味にも悪い意味にも使われます。「ざっくばらんな人」や「ざっくばらんに話す」といった使い方が一般的です。

「ざっくばらん」は、擬態語の「ざっくり」と「ばらり」が合わさってできた言葉だといわれています。

3:「直言居士」

「直言居士」は「ちょくげんこじ」と読み、「良いことは良い、悪いことは悪いと白黒はっきり意見する」という意味になります。「直言」は「思っていることを素直にはっきり言う」ことを意味し、「居士」は戒名にも使われますが「男性」の意味。「歯に衣着せぬ」の四字熟語の類語といえます。

英語表現とは? 

最後に、「歯に衣着せぬ」の英語表現を紹介します。一緒にチェックしましょう。

歯に衣着せぬ意味類語言い換え使い方例文英語

1:「wear your heart on your sleeve」

wear your heart on your sleeve」は、直訳すると「袖に心臓を着る」となり、意味は「率直に話をする」です。まさに「歯に衣着せぬ」と英語版慣用句として使えます。

英語ではポピュラーなフレーズで、西洋における中世の騎士の馬上試合が由来だといわれています。「sleeve」は腕につける鎧のことで、そこに愛の証として愛する女性から貰ったハンカチなどをつけていたというロマンティックな話があるのです。

2:「to speak frankly」

to speak frankly」は、日本語でもよく使う「フランクに話す」と同じ表現です。「frankly」は「素直に」「率直に」「端的に」という意味があり、「to speak frankly」は「歯に衣着せぬ」や「腹を割って話す」と和訳されることの多いフレーズです。

3:「near the bone」

near the bone」は「ずけずけ言う」という意味があるので、「歯に衣着せぬ」の英語表現として使えます。ただし、「困窮した」「わいせつな」「きわどい」といったニュアンスを含みますので、文脈などには気をつけて使う必要があります。

最後に

「歯に衣着せぬ」について、さまざまな角度から紹介しました。聞いたことはあっても、使う機会がなかったり、褒め言葉なのかどうかもよくわからなかった方も多かったのではないでしょうか。「歯に衣着せぬ」は相手を賞賛する時に使いますので、積極的に活用していきましょう。

あわせて読みたい

【専門家が伝授】子どもの〝得意なこと〟を見つけるコツとは?
「説得力」のある人に共通する話し方とは? 今から実践できる説得力を高める簡単な方法

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事