Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2022.05.16

赤ちゃんの「命名紙」おすすめ8選|おしゃれ・飾りやすい・アルバムタイプ

命名紙は、赤ちゃんの名前をお披露目する際に用いられるアイテムです。書き方や内容に正式な決まりはないので自作でもオーダーでも構いません。飾り方や保管方法、残したい内容に合わせて選びましょう。おすすめの命名紙8選も紹介します。

Tags:

そもそも命名紙ってどんなもの?

赤ちゃんへの名付けは、後々も思い出に残る大切なイベントです。命名紙は、赤ちゃんの名前・生年月日・身長・体重などを記録するために使われます。命名書とも呼ばれ、日本で昔から大切にされてきた風習です。命名紙を書くにあたって、詳しい内容を知っておきましょう。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム

(C)Shutterstock.com

お七夜で行う「命名式」で使うもの

命名書は、お七夜に行われる命名式で使う、名前を書いた紙のことです。お七夜は、子どもが生まれた日を1日として数え7日目に行うお祝いで、家族やお世話になった人たちで祝い膳を囲み、赤ちゃんの健やかな成長を願います。

その昔、赤ちゃんは生まれてから6日目までは産神様の保護の下にあり、7日目から正式な家族の一員として迎えられると考えられていました。そのため、お七夜に赤ちゃんをお披露目していたことから、現代ではお七夜は赤ちゃんに命名する日として認識されるようになり、ここで命名紙が用いられます。

命名紙を書く人に決まりはない

昔の日本の家庭では、父方の祖父母が命名紙を書くケースが多く見られましたが、正式な決まりはありません。赤ちゃんの両親が記念に書くこともあれば、書道のプロに依頼して書いてもらうなどさまざまな方法があります。ほかにも、ご利益にあやかるため、お坊さんや近所の最高齢の人に書いてもらうケースもあるようです。

ただし、地域や家庭によってはまだきちんとした風習が残っていることもあるため、事前に確認しておいた方がよいでしょう。もし心配であれば、住んでいる地域のしきたりを調べたり、父方・母方の両親に聞いてみましょう。

命名紙の選び方

命名紙にはいろいろな種類があります。自分たちがどんな命名紙を作りたいかに合わせて、命名紙の種類を選びましょう。命名紙を選ぶ際に注目したいポイントを大きく2つに分けました。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム

飾り方に合わせる

命名紙は額に入れて壁に掛けたり、アルバムに入れたりといろいろな保管方法があります。自宅でどのように命名紙を飾るのか、スタイルに合わせて選ぶのもおすすめです。壁や棚に飾る場合は軽くて扱いやすい半紙タイプにしたり、できるだけきれいに保存したいならラミネート加工タイプや額縁に入れるタイプにするとよいでしょう。

また、自宅の雰囲気に合わせて選ぶのもおすすめです。和室なら、床の間に飾る掛け軸タイプにするのも◎。思い出も一緒に記録したいなら、赤ちゃんの手形や足形も残せるアルバムタイプがおすすめです。

自作でもオーダーでもOK

こだわって作りたいという人は、命名紙用の和紙を購入して自分たちで名前を書くのもおすすめです。インターネットで無料テンプレートをダウンロードして作ったり、好きなデザインの命名紙を購入して筆で書くという方法も。命名紙を手作りすれば、赤ちゃんが大きくなったときの思い出話にもなるはずです。とはいえ、毛筆に自信がない人もいるでしょう。後々残る命名紙をきれいに作りたいという人は、プロの書道家が代書してくれるオーダーサービスを利用してはいかがでしょうか。

おしゃれ重視の命名紙3選

せっかく命名紙を作るなら、おしゃれなものを選びたいという人におすすめの商品を3つ紹介します。人気キャラクターのデザインや飾りやすい色紙タイプ、デザインを選べるタイプとそれぞれ特徴があるので、希望に合ったものを見つけましょう。

マルアイ「ディズニー 命名紙 A4」

ディズニー好きの人におすすめなのがマルアイの命名紙です。赤ちゃんのミッキー・ミニー・プーさんが描かれた命名紙は、優しい色合いとイラストで見ていて温かい気持ちになれます。インクジェットプリンターに対応しているため、きっちりとしたきれいな文字を入れたいという人にもぴったりです。デジカメの写真も印刷可能なので、赤ちゃんが生まれたときの思い出を名前とともに保存して飾ることができます。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム マルアイ 「ディズニー 命名紙 A4」

商品名:マルアイ 「ディズニー 命名紙 A4」

 

赤ちゃんの城「命名紙 彩・シュガーベビー2枚セット」

薄い紙では物足りないという人は、しっかりした厚紙でできた色紙タイプがおすすめです。スタンドが付属しているので、作った命名紙を立てて飾ることもできます。デザインは2種類。飾る場所の雰囲気や好みに合わせてセレクトを。どちらも赤ちゃんにぴったりな可愛らしいデザインです。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム 赤ちゃんの城「命名紙 彩・シュガーベビー2枚セット」

商品名:赤ちゃんの城「命名紙 彩・シュガーベビー2枚セット」

 

えにし屋「選べる71種類のA4命名用紙」

プロにオーダーすることを考えているなら、えにし屋の「選べる71種類のA4命名用紙」でお気に入りを見つけてみましょう。注文後に赤ちゃんの名前をメールすれば、プロの書道家が名前を書き込んだ命名紙を送付してくれます。赤ちゃんの名前だけでなく、生年月日や身長体重、両親の名前も。ラミネート加工に対応してくれるので、届いた命名紙をきれいに飾りたい人にもおすすめです。

えにし屋「選べる71種類のA4命名用紙」

商品名:えにし屋「選べる71種類のA4命名用紙」

 

飾りやすさにこだわった命名紙3選

命名紙をそのまま飾るのもいいですが、フレームや額縁付きのものもたくさんあります。作ったらすぐ飾りたいという人に向けて、おすすめの額縁付き命名紙を3つ紹介。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム 

えくぼちゃん「トレインマーク 命名額」

壁に掛けても置いても飾れるこちらの商品は、引っ越しや模様替えがあっても飾る場所に迷わずに済みます。軽くて丈夫なアルミフレーム付きなので、命名紙が折れ曲がったり汚れたりする心配もありません。デザインは昔の特急列車のヘッドマークをイメージした3タイプ。電車ファンの人は心躍るラインナップです。台紙は汚れに強いエンボス加工が施されており、経年劣化が心配な人におすすめです。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム えくぼちゃん「トレインマーク 命名額」

商品名:えくぼちゃん「トレインマーク 命名額」

 

トミーメモリアル「命名紙デラックスTDX-1000」

掛け軸タイプで、和風の命名紙を探している人や和室に飾りたい人におすすめです。吊るして飾ることを前提にデザインされています。命名紙にはすきこみ和紙、台紙には上質厚紙を使用。『命名』の2文字は金箔で入れられており、どこに飾っても見劣りしない高級感ある一品。手書きタイプなので、記念として自分で書いて残しておきたい人にもおすすめです。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム トミーメモリアル「命名紙デラックスTDX-1000」

商品名:トミーメモリアル「命名紙デラックスTDX-1000」

 

筆耕屋さん「額入り命名書」

赤丸と鶴亀の2種のデザインが用意されており、額縁の色はブラウンとゴールドから選べます。どの組み合わせも日本らしく格式を感じさせる雰囲気です。注文時に依頼すれば、命名紙には赤ちゃんの名前以外に身長・体重・出生時間・両親の名前も書き込んでもらえます。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム 筆耕屋さん「額入り命名書」

商品名:筆耕屋さん「額入り命名書」

 

思い出が残せるアルバムタイプの命名紙2選

記念となる命名紙に赤ちゃんの記録も一緒に残したいという人も多いのではないでしょうか?命名紙の中には、写真や手形・足形を残せるタイプもあります。将来成長した子どもと思い出を振り返るのにぴったりです。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム 

パイロット「おたんじょうきろく 命名紙セット」

大手文具メーカーのパイロットからは、名前だけでなく赤ちゃんの記録を残せる命名紙が販売されています。命名紙スペースのほか手形・足形のスペース写真や赤ちゃんへのメッセージなどを残せるフリースペースなど、ページが複数あるので、完成するととてもにぎやかな命名紙に。手形・足形は朱肉ではなく、発色紙に押し付けて取るので汚れることもなく、きれいに型が取れます。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム パイロット「おたんじょうきろく 命名紙セット」

商品名:パイロット「おたんじょうきろく 命名紙セット」

 

クラウンハート「まり 紺「命名」ゴールド箔 L版セット」

手形・足形と写真を一緒に飾れる命名紙です。シンプルながら高級感のある表紙で、日本らしさや伝統を大切にしたい人にもぴったりです。表紙の箔押しは、注文ごとに職人さんが1冊1冊丁寧に仕上げています。中央に命名紙、左に写真、右に手形・足形を入れるページがあります。表紙は厚みのあるビニールレザーが使われており、傷や汚れにも強く安心です。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム クラウンハート「まり 紺「命名」ゴールド箔 L版セット」

商品名:クラウンハート「まり 紺「命名」ゴールド箔 L版セット」

 

命名紙を作って大切な赤ちゃんをお祝いしよう

命名紙は昔から日本に伝わる伝統行事です。書く人に決まりはなく、父方の祖父母やパパママ、プロに依頼する方法もあります。命名紙は飾り方や好みのデザインに合わせて選ぶとよいでしょう。こだわりたい人は、自分で半紙などを購入して手作りするのもおすすめです。各メーカーがいろいろな命名紙を販売しているので、デザインや機能性などをチェックし、大切な赤ちゃんのお祝いにぴったりな一品を見つけてはいかがでしょうか。

命名紙赤ちゃんおすすめデザインおしゃれ飾りやすいアルバム 

▼「命名書の書き方」や「手形キット」もチェック!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事