Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.03.25

「桜桃」の読み方は? 特徴・品種・英語表現も解説

6月辺りから旬を迎える果物である「桜桃」ですが、皆さんはこの漢字読めましたか? 今回は「桜桃」の読み方から、特徴、品種、英語表現まで解説していきます!

Tags:

「桜桃」とは?

「桜桃」は何と読むかわかりますか? 「桜桃」は、実は「さくらんぼ」のことで、「おうとう」という読み方も。まずは、「桜桃」という読み方や名前の由来を紹介していきます。

■由来と読み⽅

「桜桃」は、「さくらんぼ」もしくは「おうとう」と読みます。なぜ漢字が当てられているのかというと、昔は果実全般のことを「桃」と呼んでいたから。桜になる果実ということで、「桜桃」という漢字になったそうです。

桜桃読み方意味とは

また、「さくらんぼ」という名前の由来に関しては、「桜の子」を意味する「桜の坊」がもとになっているそう。そのため、昔は「さくらのぼう」と呼ばれ、転じて「さくらんぼ」になったとされています。そのほか、「桜桃」を「さくらもも」と呼んでいたのが、いつしか「さくらんぼ」に転じたとされる説もあるようです。

■「おうとう」と「さくらんぼ」の違いは?

日常的に使う名前は「さくらんぼ」ですが、「おうとう」との違いはあるのか気になりますよね。一般的に、「おうとう」は、果実を含む樹全体のことをさし、「さくらんぼ」は果実のみをさすようです。生産農家などは、「おうとう」と呼ぶ場合が多く、市場に出回る際に「さくらんぼ」という名称に変わるのだとか。

「桜桃」の特徴

「桜桃」の栽培は、1868年にR・ガルトネルというプロシア(ドイツ)の商人が、日本に「桜桃」の果樹を持ち込んだのが始まりだそう。現在、世界ではおよそ1,300種以上、日本でも25種が栽培されているといわれています。では、「桜桃」の特徴をいくつか紹介しましょう。

1:3〜4月に白やピンクの花を咲かせる

市場に出回っている「桜桃」は、正式には「西洋実桜」と言い、お花見で観賞する桜とは種類が異なります。開花時期は、ソメイヨシノが満開になった1週間後あたり。この頃に、白くて可憐な花を咲かせます。

2:「桜桃」の実は6〜7月頃が旬

「桜桃」は、6〜7月頃、濃い赤色や、黄赤色の実をつけます。旬が短く、6〜7月頃にしか食べられないのも特徴です。ちなみに、現在日本で食べられている「桜桃」のほとんどは、「甘果桜桃・かんかおうとう(西洋実桜)」という系統のもの。甘味が強いため生食用に栽培されます。そのほか、「酸果桜桃(スミノミザクラ)」、「中国桜桃(シナノミザクラ)」という系統もありますが、これらは酸味が強いため、加工用として栽培されているようです。

3:栽培が意外と難しい

「桜桃」は、気温や降水量、土壌などの影響を受けやすく、栽培が難しい植物。昔、全国で「桜桃」の試験栽培を行ったそうですが、山形県以外のほとんどの地域では失敗に終わってしまったのだそう。山形県の気象や土壌の条件が「桜桃」に適しているため、山形県では「桜桃」の生産が盛んなのです。

また、「桜桃」は、自分の品種だけでは実をつけません。実をつけさせるためには、別の品種の花粉をつける必要があります。こうした性質を持つため、一般的に生産農家では、複数の「桜桃」の品種を一緒に栽培しているのです。さらに、相性の悪い品種同士だと、受粉をしても実がならないこともあるのだとか。このように、実をつけるまでにはさまざまな工夫が必要な植物なのです。

「桜桃(さくらんぼ)」の品種を紹介

世界中で栽培されているほか、日本でも約25の品種があるとされる「桜桃」。一番有名なのは「佐藤錦」ですが、そのほかにもさまざまな品種があります。いくつかピックアップして紹介します。

桜桃読み方意味とはさくらんぼ種類

1:佐藤錦

「桜桃」の最も代表的な品種は「佐藤錦(さとうにしき)」です。鮮やかな赤色をしており、「赤いルビー」という別名も。甘味が強く酸味が少ないのが特徴で、果肉・果汁も多く、ジューシーな味わいです。「佐藤錦」という名前は、生みの親である佐藤栄助さんにちなんだもの。

佐藤栄助さんは当時、果肉が固く酸味の強い「ナポレオン」と、甘味はあるものの日持ちしない「黄玉(きだま)」という品種の交配に挑戦。その後、より良い原木の育成を続け、ようやく完成したのは本格的な着手から15年が経っていたのだそうです。

2:ナポレオン

ヨーロッパで生まれ、1872年にアメリカから日本に伝わった品種です。熟すのは、通常の「桜桃」よりもすこし遅く、6月下旬〜7月上旬頃。実はやや固く、ハートのような形。果皮は黄色地に赤色がかかっており、完全に熟すと、全体が赤く色づきます。甘味のほか、酸味も強く、バランスのよい甘酸っぱさが特徴です。

「ナポレオン」という名前は、フランスの皇帝・ナポレオンが亡くなった後、彼にちなんでベルギーの王様が名付けたのだとか。ちなみに、明治時代、日本では「那翁(ナポレオン)」という名で親しまれていたそうです。

3:高砂

「高砂(たかさご)」はアメリカ生まれで、明治時代の1872年に日本に伝わった品種。もとのアメリカ名は「ロックポート・ビガロー(Rockport Bigarreau)」ですが、1911年に「高砂」と名づけられました。「佐藤錦」よりすこし早く市場に出回るため、旬初めから楽しめる品種です。実はハート形で、果肉はやわらかめ。果皮は熟すと鮮やかな赤色になります。甘味と酸味が適度にあり、あっさりとした味わい。多品種の受粉用にも適した品種としても重宝されています。

「桜桃」の英語表現は?

「桜桃」の英語表現は、「cherry」もしくは「cherry fruit」です。ただし、果実を含む樹全体のことを言いたい場合には「a cherry tree」と表現したほうが伝わりやすいかもしれません。ちなみに、「桜桃」の種の英語表現は、「cherry pit」もしくは「cherrystone」です。

最後に

漢字だと、一見難しい「桜桃」。身近な果物である「さくらんぼ」の漢字表記とは知らない方も多かったのではないでしょうか。「桜桃」の代表的な品種は「佐藤錦」ですが、品種によって味や食感も異なるので、さまざまな「桜桃」を試してみるのも楽しいかもしれません。

あわせて読みたい

「萌葱(もえぎ)色」ってどんな色?
「月桂樹」の花言葉は!? 育て方や効能、ローリエの活用法などを紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事