Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.06.11

使うシーンに注意!「カラスの行水」の正しい意味とは?由来や使い方も解説

「カラスの行水」とは、風呂に入る時間が極端に短いことをたとえた言葉です。相手によっては失礼な表現になりかねないので、使い方には注意が必要。「カラスの行水」の正しい使い方や、入浴にまつわる表現についても紹介します。

Tags:

「カラスの行水」の意味とは?

「カラスの行水」とは、どのような意味の言葉なのでしょうか。言葉の成り立ちや、なぜカラスなのかも併せて解説します。

入浴の時間が短いことを表す言葉

「カラスの行水」とは、「入浴にかかる時間が非常に短いこと」を表すことわざです。

「行水」とは「水浴び」のことを指しており、おけにお湯や水をためて体を洗うことを意味する言葉です。もともとは仏教の用語で、まだシャワーなどが存在しなかった時代の入浴方法を表しているといえるでしょう。

日本では毎日のように風呂に入るのが一般的な習慣とされているため、湯船にそれほど長く漬からない人に対して使われます。

入浴時間が極端に短いと、しっかり体を洗っているのか?と疑念を抱かれることも。そのため、汗を流す程度で風呂から上がる人は「カラスの行水だ」と言われるのです。

カラスが水浴びをする姿が由来

カラスはゴミ捨て場などに集まるため、不潔なイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実はきれい好きな動物です。カラスには体や羽をきれいにするため水浴びをする習性があり、水を浴びる時間が非常に短いことからこの言葉が生まれたとされています。

カラスの水浴びは、ほんの数分ほどの時間で終わってしまうので、まるで早風呂しているかのように見えるのです。カラスに限らず、鳥の水浴びは全体的に時間が短いといわれています。

カラスは漢字で「烏」と書き、この字は「鳥」と非常によく似ているため「鳥の行水」と間違えないよう注意しましょう。同じ鳥の名前が入った「スズメの行水」は、誤用とされる表現の一つです。

「カラスの行水」の使い方と例文をチェック

「カラスの行水」は、悪口だと思われる可能性もあるため、気軽に使うのは控えたいところ。使う場面やすぐに使える例文を紹介します。

カラスの行水

悪口と捉えられる可能性もあるので注意

「カラスの行水」は、風呂に入る時間の短さを表す言葉ですが、普通であればさほど親しくない人の入浴時間を知る機会は少ないでしょう。

そのため、同居している家族や、一緒に旅行に行くような友人に対して使われることが多いともいえます。

たとえ親しい相手であっても、「カラスの行水」という言葉を使うことで、不快な印象を与える可能性があることには留意しましょう。人によっては、「不潔だ」と言われたように感じる人もいるかもしれません。

近年では、湯船に漬からずシャワーを浴びるだけで入浴を済ませている人も多く存在します。入浴時間についてからかうような表現だと捉える人もいるため、使う場面には注意が必要です。

カラスの行水を使った例文

「カラスの行水」は、長く風呂に入らないことを指摘する表現でもあります。失礼な言い方だと思われることもあるため、基本的には親しい相手や自分に対して使うようにするとよいでしょう。

●うちの子どもは「カラスの行水」ですぐに風呂から出たがる
●普段は「カラスの行水」だが、今日はゆっくり湯船に浸かった

二つ目の例文のように、風呂にさっと入って上がるのが習慣になっている人は、おどけて自虐する際にも使える言葉です。

入浴にまつわる表現を紹介

「カラスの行水」のほかにも、入浴に関する表現はいくつも存在します。言い換えに使える表現や、長風呂の人を表す対義語を見ていきましょう。

カラスの行水

言い換えに使える「ひと風呂」

「ひと風呂」「ひとっ風呂」は、「カラスの行水」と同様に「入浴時間が短い様子」を表す言葉です。一度湯船に浸かって、すぐに出てしまうような入浴の仕方を指しています。熱い湯にさっと入って上がる、せっかちな江戸っ子らしい方法です。

《例文》
●今日は暑いから「ひとっ風呂」浴びるか

ただし、「ひと風呂」にはもう一つの意味があります。以下のような使い方の場合は、単に「これから入浴する」ことを意味しており、時間の長さは関係ないことを押さえておきましょう。

《例文》
●今から「ひと風呂」浴びてくる

長湯を意味する「腰抜け風呂」

「腰抜け風呂」は、「カラスの行水」とは反対に「長湯をする人」に対して使われる言葉です。風呂で腰が抜けてしまったのではないかと思われるほど、入浴時間が長いことを表しています。

《例文》
●うちの父親は「腰抜け風呂」だから心配している
●自分と違って、姉はかなりの「腰抜け風呂」だ

基本的には、あまりに長い入浴時間をからかう表現といえるでしょう。「腰抜け」というフレーズが含まれていることから分かるように、相手を罵倒するようなニュアンスを含む言葉でもあります。

言われた相手が不快に感じる可能性もあるため、使う場面には慎重になりましょう。

長湯する人をからかう「垢も身の内」

「垢も身の内」は、長風呂の人に対して使われる表現の一つで、「カラスの行水」の対義語にあたります。「垢」はもともと体の一部であるため、そこまで気にして洗い流す必要はないと諭す言葉です。

食べすぎを注意する「腹も身の内」という表現をもじったのが、由来ともいわれています。長く風呂に入る人が念入りに体を洗う様子をからかう表現なので、こちらも使い方には配慮しましょう。

《例文》
●きれい好きなのはいいけど、「垢も身の内」だよ
●「垢も身の内」というし、湯あたりに気を付けて

相手を心配すると同時に、ジョークのような意味合いもあるのが特徴です。

写真/(C)Shutterstock.com

あわせて読みたい

「当て馬」とはどんな意味?類語や使い方、例文もあわせて紹介
「有象無象」とはどんな意味? 読み方は? 由来・例⽂・類語・英語表現も紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事