セミロングのまとめ髪|忙しい30代40代でも簡単にできる くるりんぱ・ポニーテールなどヘアアレンジ集 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTYワーママ美容まるっと大全

2019.01.02

セミロングのまとめ髪|忙しい30代40代でも簡単にできる くるりんぱ・ポニーテールなどヘアアレンジ集

30代40代に人気のセミロングヘア。仕事に家庭に忙しいアラフォー世代でも簡単にできちゃうヘアアレンジをご紹介します。もはや定番となったくるりんぱや、ポニーテール、サイドアップなど集めました♪

【目次】
簡単!セミロングヘアアレンジ《くるりんぱ》
簡単!セミロングヘアアレンジ《ポニーテール》
簡単!セミロングヘアアレンジ《サイドアップ》

簡単!セミロングヘアアレンジ《くるりんぱ》

【1】基本!くるりんぱの作り方

【1】基本!くるりんぱの作り方
まとめ髪の基本テクニックのひとつになったくるりんぱ。毛束を結び目の上につくった穴に通すというシンプルなプロセスで、まとめた髪に毛流れやメリハリが生まれるというメリットから、多くの人が日常使いをしています。毛束をきれいに入れ込むコツから、こなれ見えのポイントとなる引き出し方まで、一度マスターすれば毎日のまとめ髪の幅が広がります!

STEP1.下めに結び中央に穴をつくる

【1】基本!くるりんぱの作り方
髪には、全体にソフトワックスをなじませておく。全体を下めの位置でひとつにきつめに結び、結び目上の真ん中あたりに指を入れて広げ、穴をつくる。

STEP2.毛束を外→内へ入れ込む

【1】基本!くるりんぱの作り方
左手の指を内側から入れて穴をキープしながら右手で毛束を持ち、外から内へ向かって穴に通す。このとき、左手で毛束を捉えにいくと通しやすい。

STEP3.毛先をひっぱりねじり部分を引き出す

【1】基本!くるりんぱの作り方
毛束を通したら、毛先をぐっとひっぱり形を安定させる。ねじりができた部分の表面をつまんで少しずつ引き出し、ゆるさを演出する。

《BACK STYLE》

【1】基本!くるりんぱの作り方
毛先をひっぱりすぎると髪がつぶれてしまうので要注意。鏡でチェックしつつ、くるりんぱならではの美しい立体感を演出してみて!

こなれ感も見栄えも叶う! くるりんぱベーシック講座1

【2】三つ編み風 ダブルくるりんぱ

【2】三つ編み風 ダブルくるりんぱ
くるりんぱがもつ、ゆるりとした毛流れを生かしたまとめ髪。ふたつのくるりんぱで三つ編み風に仕上げたら、流線型のコームで、さらに大人なアクセントを。

《POINT》立体感を出すため、くるりんぱをふたつ

【2】三つ編み風 ダブルくるりんぱ
うなじ付近でひとつ、少し間をあけて、下の位置にもうひとつ、くるりんぱをつくる。つくったくるりんぱの毛流れの表面を引き出し、立体感を出し、左耳の後ろに、コームを挿したら完成!

ヘアアクセひとつでアラフォー的おしゃれ見え!する【ヘアアレンジ】まとめ

【3】オールアップくるりんぱ

【3】オールアップくるりんぱ
くるりんぱがつくる立体感を利用した、オールアップスタイル。ふたつのくるりんぱで 一見編み込みをしたような複雑な毛流れが生まれ、 華やかな雰囲気も生まれます。顔周りに少し毛を残すことで、小顔効果も狙えます。

【3】オールアップくるりんぱ
STEP1.2つのくるりんぱをつくる
耳上、耳下でふたつのくるりんぱをつくる。1個目の毛をまきこみながら、下の2個目のくるりんぱをつくる。

STEP2.後れ毛で空気感を
最後の毛束はねじりながら根元に入れてピンで留める。顔まわりに毛を残し、女性らしいニュアンスをプラスして。

不器用だって絶対できる! 大人のくるりんぱ応用編1

【4】ドーナッツくるりんぱ

【4】ドーナッツくるりんぱ
どの部分がくるりんぱでできているのか、パッと見ではわからない独特なフォルムがゆるっとして大人かわいい!アクセなしでも充分な華やかさと、 手が込んで見える上級者感で、ちょっと差がつきます!

【4】ドーナッツくるりんぱ
STEP1.毛先を3分の1だけくるりんぱ
耳を隠しながら手ぐしでざっくりと髪を集め、下の位置でひとつ結びに。結び目の上に穴を開けて、結んだ毛束の3分の1の量の髪を表側から入れ込む。

STEP2.お団子状にする
入れ込んだ毛束を下に引っ張って、くるりんぱしたのがこちら。やや変わった形になって、このままでもこなれてていい感じだけど、ここからさらにひと手間加えます!

STEP3.くるりんぱ部分を広げる

【4】ドーナッツくるりんぱ
結び目の上にあるくるりんぱ部分の髪の重なりを、手で広げながらボリュー ムを出していく。さらに表面の髪や毛束もほどよくくずして、抜け感をプラス。毛束広げてドーナッツ風にしたら完成!

今さら聞けない神アレンジ! 大人のくるりんぱ応用編2

【5】編み込み×くるりんぱ

【5】編み込み×くるりんぱ編み込み+くるりんぱで黒髪を軽やかに。

【5】編み込み×くるりんぱ
前髪から後ろへ2~3回編み込み。そのまま耳横で結び、その毛をくるりんぱ。「トップと後ろにボリュームを出すのがポイント」

藤田えりさん(32歳)の手間をかけずに手間暇感じる「ひとつ結び」のコツ

【6】サイドポニー×くるりんぱ

【6】サイドポニー×くるりんぱ
ハットもOK! な低め位置のひとつ結び。

【6】サイドポニー×くるりんぱ
「子供と遊びに行くときは帽子がマスト。ぶつからない高さにしています」。耳上の毛を結び目の上に入れ、残りは左側でひとつに。

金子ゆりさん(通信会社勤務・39歳)の大人かわいい【くるりんぱ】って?

簡単!セミロングヘアアレンジ《ポニーテール》

【1】ウエッティポニーテール

【1】ウエッティポニーテール
流行のウエット系の中でも、ジェルで濡れたような質感に仕立てたルーズなポニーテールが女っぽい。だらしなく見せないポイントは、多めに出したおくれ毛を細い束にまとめること。大人の色っぽニュアンスがのぞく。

【1】ウエッティポニーテール
STEP1.顔周りを中心におくれ毛をつくる
あらかじめ、こめかみ、もみあげ、耳の後ろなどに少しだけおくれ毛を残してから、ひとつに結ぶ。束感を出すときに使うスタイリング剤を、ワックスでなくジェルにすると濡れたような束感に仕上がる。 指先にほんの少し取り、おくれ毛をつまむようにしながらなじませていく。

STEP2.毛先にばさっとした質感をつくる
結んだ毛束も、濡れ感やボリュームを加えるとバランスよく仕上がる。ジェルのついた指先で、毛先に向かって上から下へしごくようにしてなじませて。つまむ毛束の量をまちまちにして、あえて無造作な束感をつくるようにするとおしゃれ。

透け感アップ!ウエットなヘアアレンジで大人色っぽ系

【2】スカーフ×ポニーテール

【2】スカーフ×ポニーテール
シンプルな服も、一気にこなれて見えるスカーフ使い。背中にディテールのあるトップスを、さりげなく引き立てるポニーテールは、スカーフの主役感に負けないように、結び位置を高くし、ボリュームを出すのがこなれポイント。

《POINT》耳を半分隠すことで、ヌケ感アップ!

【2】スカーフ×ポニーテール

【2】スカーフ×ポニーテール
スカーフは耳にかかる程度にぐるりと巻き、いつもよりやや高めの位置でひとつ結びに。ひとつ結びにしてから、毛束に指を入れ、上下に動かし、逆毛を立ててボリュームを。縦長のスカーフなら、頭に巻きやすく、サマになりやすい。

ヘアアクセひとつでアラフォー的おしゃれ見え!する【ヘアアレンジ】まとめ

【3】ヘアアイロンでカール×ポニーテール

【3】ヘアアイロンでカール×ポニーテール
ファッションとバランスをとりやすい、ポニーテール。

【3】ヘアアイロンでカール×ポニーテール
ざっくりラフに手ぐしでまとめた、高め位置のポニーテール。「ベースは細めのアイロンで巻いています」。

メーカー勤務・宇野康子さん(37歳)がガチでやってる「ひとつ結び」のコツは?

簡単!セミロングヘアアレンジ《サイドアップ》

【1】襟足ねじりサイドアップ

【1】襟足ねじりサイドアップ
襟足をねじっておけば髪が落ちてこないのでオフィスでも◎。

【1】襟足ねじりサイドアップ
STEP1.襟足をねじる
前髪を横分けにして分け目側の髪を、襟足に沿って少しずつとってねじっていく。分け目と反対側の耳下ぐらいまでねじったらクリップで仮留めに。

STEP2.斜め下で選ぶ

【1】襟足ねじりサイドアップ
分け目側の髪とねじった毛束を合わせて、ひとつに結ぶ。結んだら仮留めをはずし、表面の髪をくずして。結び目の上あたりにクリップをオンしたら完成。

知的美人な簡単アレンジ! 【ひとつ結び】応用編2

【2】襟足プチくるりんぱ

【2】襟足プチくるりんぱ
小さいくるりんぱを3つつなげて、アップ風に。髪が落ちてきて困るシーンにも最適です!

【2】襟足プチくるりんぱ
STEP1.片サイドをくるりんぱ
前髪を横分けにし、分け目側の髪は耳にかける。耳の後ろの毛束をゴムで結び、プチくるりんぱをつくる。さらにその少し下を結び、同様にくるりんぱをする。

STEP2.襟足をピンで留める
生えぎわに沿うようにくるりんぱを3つつくったら、全体の髪を逆サイド に集めて襟足の真ん中あたりでピン留め。ほら!こうすると髪が落ちてこない!

今さら聞けない神アレンジ! 大人のくるりんぱ応用編2

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事