「責任感」がある人とない人はどう違う?バランスよく責任感をもつコツも紹介 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く

2020.05.03

「責任感」がある人とない人はどう違う?バランスよく責任感をもつコツも紹介

ビジネスシーンではよく使われる「責任感」という言葉。そこには信念や使命感もともないますが、では上手にコミュニケーションを取りつつ、自分も周囲も責任を全うするには?

【目次】
そもそも責任感とは?
責任感が強い人の特徴は?
責任感がない人の特徴とは?
バランスよく責任感をもつには?

そもそも責任感とは?

仕事で、家庭で、仲間との行動で、たびたび使われる「責任感」という言葉。その範囲や背負い方は、置かれた状況によりさまざま。とらえ方もさまざま。日常の中で、うまく自分の責任感をコントロールし、他人の責任感と上手につきあうか。聞き慣れた「責任感」という言葉ですが、さまざまな角度からもう一度考え直してみましょう。

自分の任務や義務を全うすること

「責任」を辞書でひくと、「立場上当然負わなければならない任務や義務。自分のした事の結果について責めを負うこと」。「責任感」は「自分の仕事や行為についての責任を果たそうとする気持ち」(ともに『大辞泉』より)。

他の言葉で言いかえると?

「責任感」を他の言葉で言いかえるとしたら、よく使われるのが「使命感」。「使命」には、「与えられた重大な務め」や「責任を持って果たさなければならない任務」という意味が加わるのが特徴です。

また、「正義を大切にする気持ち」を表す「正義感」や「義侠心(ぎきょうしん)」なども責任感と似たニュアンスが。そのほか、最後まで責任を持ってやり遂げようとする気持ちがあることに注目して、「問題達成力」や「やり抜く力」などを使うこともあるようです。

責任感が強い人の特徴は?

いちばん多く使われるのが、仕事シーンでの「責任感」。仕事では役割や業務範囲が決まっているだけに、「責任感」が評価や給料に直結することも。人気のドラマや映画を題材に、以下ではその実例を見てみましょう。

時間や約束を守り、役割を全うする

たとえば、世界的大ヒット映画『プラダを着た悪魔』の主人公アンドレア(アン・ハサウェイ)。上司でありファッション誌編集長ミランダが無理難題を突きつけても、アシスタントとしての「責任感」で必死に対応。それも求められた内容、締め切りにキッチリ合わせて。「出版前のハリー・ポッターの新作を手に入れる」「パーティのゲストの名前を暗記する」といったことも、上司への敬意と「責任感」がミランダを突き動かします。

そんな行動が評価された結果、映画の結末では…。「責任感」をもって頑張る人が評価されて美しくなっていくのは、観ている誰にとっても心地よく、元気をもらえるものです。

強い信念をもち全力で行動する

近年のテレビドラマで「責任感」と信念を体現していた人といえば、『ドクターX』シリーズの大門未知子(米倉涼子)。得意のオペで患者の命を救うことに全身全霊をささげるけれど、それ以外のムダなつきあいは一切排除。「やるべきことがはっきりしている」ことが、「責任感」の原動力になっていることが、よくわかる一例です。

ゆきすぎ・マイペースすぎはマイナス要因に

「やるべきこと」をきっちり終わらせるタイプのもうひとつの女性が、人気ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の主人公・東山結衣(吉高由里子)。自分の仕事は「責任感」をもってちゃんと片付ける。そして残業ゼロ、定時退社。とても当たり前の主張だけれど、働き方改革が追いつかない職場では、思わぬトラブルに発展することもあると、ドラマは教えてくれます。

責任感がない人の特徴とは?

リーダー的存在であったり仕事のできる人は、「責任感ある人」として一目置かれるけれど、一方で「責任感がない人」は仕事の中も居場所がなくなっていき…。とかく仕事に不向きととらえられがちな、「責任感がない人」にもスポットを当てて考えてみましょう。

嫌なことから逃げる癖がついている

心理カウンセラー・吉野麻衣子さんによると、「過去の失敗に対する恐怖心がある人は、自分への危機回避機能が働くことが多いようです」と、責任感のない人を分析します。また、「人に何かをなすりつける、他責にする人は、根本的に自分に自信がない。自身のジャッジに対して不安を感じていることが多いです」(吉野麻衣子さん)とも。

バランスよく責任感をもつには?

ひたすら突っ走るだけのアツさは、若さの象徴だけれど、いったん社会に出てみれば、置かれた環境での調和の取り方も大事になる…。部下をもったとき、人をまとめるときなどに求められる責任感とは?

自己決定感を後押しする

心理カウンセラー・吉野麻衣子さんによると、「自信をもたせる」ことは上司としての大事な役割だといいます。何か仕事を依頼するとき、「なぜその人に任せたいか」を明確にして相手の承認欲求を満たす伝え方を心がけて。その上で、「最終的には、3つの選択肢から本人に決めさせる」(選択肢はふたつだと強要された感があり、4つ以上だと心理的混乱を与えさせてしまうため)。これによって、「自分の意思で結論を出した」と感じさせる事ができて、「自身でジャッジした事は遂行しよう」という心理的効果が働くといいます。

集中して最後までやり抜く力をつける

自覚や責任感をもって取り組みつつも、最後までそれを貫くには、また少し別の力も求められます。これを上司と部下との間柄で考えると、「必要なのはエンパワーメント(組織のメンバーひとりひとりがきちんと力をつけること)」だと新井千晶さん(キャリアコンサルタント)はいいます。

「部下を手取り足取り教えるのではなく、権限委譲し、勇気を与えるようなコミュニケーションを意識してください。

たとえば、『大手クライアントとの交渉、○○さんにお任せしたい。いつも○○さんのねばりある交渉、リスクの洗い出し、すごいなと思っているから。何かあったらすぐ助けるので、ぜひチャレンジしてみて」というふうに(キャリアコンサルタント・新井千晶さん)。

部下ひとりひとりが自立心と責任感をもてれば、最後までくじけずやり抜く力にもつながる。結果、仕事や組織自体の質の高さにもつながっていくといえそうです。

物事を客観的に捉えることも大事

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の主人公・東山結衣はマイペースだけれど、決して自分よがりにならないところに、好かれる秘訣がありました。人手が足りないところを自ら補ったり、やる気のでない同僚を気遣ったり。トラブルがあったときも、決して誰かを責めるようなことはせず。

また、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』では、予備校講師の春見順子(深田恭子)が、生徒を東大合格させるために「責任感」を果たしますが、その過程で恋愛感情に流されたり、主観だけで突っ走らないのが、もうひとつの見どころ。生徒のためなら、別の受験専門塾を勧める一幕もありました。

「責任感」を果たそうと必死になるのは大事なこと。そのとき、ものごとをトータルで見て、自分だけでなく周囲の協力を上手に得ていくことも、人生の大事なスキルだといえそうです。

写真/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事