精神科医に聞く!ハグで期待できる効果とは?効果が高まるハグの方法は? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEリラックス

2020.07.04

精神科医に聞く!ハグで期待できる効果とは?効果が高まるハグの方法は?

今はなかなかできないハグだけど、実はこんな精神的効果があった! ハグができない今、不安や心配になる心理的要因も解明。

【目次】
ハグで期待できる効果とは
ハグと相手について
ハグの方法
習慣化するには

ハグで期待できる効果とは

ソーシャルディスタンスを保たなくてはならない今の生活。その不便さだけでなく、人との距離が離れることで、なんとなく不安感を感じている人も多いのでは。せめて、一緒に暮らす家族やパートナーと、また今は難しくても安心できる状況になったら、ハグでコミュニケーションを。そんなハグの効果を、総ざらいしてみましょう。

ハグ効果

リラックスやストレス軽減

神経伝達物質の一種「β(ベータ)エンドルフィン」と呼ばれる脳内物質は、モルヒネの数倍にあたる鎮痛作用があります。「幸福ホルモン」「脳内麻薬」とも呼ばれるのを聞くこともありますが、気分が高揚したり幸福感が得られたりする作用もある物質として知られます。

βエンドルフィンが分泌されると、リラックス効果やストレスを軽減する効果が得られるとされています。

マラソンなどで苦しい状態を乗り越えた後に得られる「ランナーズハイ」も、βエンドルフィンの影響によるものです。また、ハグなど信頼できる相手との接触や、おいしいものを食べるなどの欲求が満たされて心地よく感じるときに、βエンドルフィンが分泌されると言われています。

参照:β-エンドルフィン | e-ヘルスネット(厚生労働省)

幸福感が増す

βエンドルフィンとは別に、「オキシトシン」と呼ばれるホルモンも脳内で分泌されています。オキシトシンも、「幸せホルモン」「愛情ホルモン」などの別名を持つ物質です。

オキシトシンが分泌されると、人は幸福感や安心感に包まれます。相手との間に愛情を感じさせ、愛による心のつながりを感じさせてくれます。

現代社会では、愛情や絆といった感情が希薄になっているとされます。現代社会の中で生活する人々にとってオキシトシンの分泌は、人々の社会的行動を高めてくれるメリットがあり、ますます必要とされているといえます。

参照:「タッチケアで絆を育む」…安らぎの物質オキシトシン|公益財団法人 母子健康協会

信頼関係が深まる

ハグをすることで、精神的に良い影響を与えるだけでなく、お互いの信頼関係が深まるという、人としてのつながりにも好影響を及ぼします。

ハグをしたくなったり、ハグをしてしまったりするということは、相手に愛情を持っていることが理由と言えます。相手はハグをしてきた人からの愛情を感じ取ることができます。

ハグを通じて相手からの信頼も得られ、相手からの信頼感は「大事にされている」という安心感へとつながります。

同時にハグをする側も「自分のことを信頼してほしい」という気持ちを相手に伝えられます。お互いの信頼関係をより深められる効果は大きいといえます。

ハグと相手について

親子や家族間で行うハグの効果など、ハグと相手について解説します。ハグする人がいない場合にできることも確認しておきましょう。

ハグ効果

子どもには安心感を

母親が子どもに対してハグをすることは、特に大きな効果があるとされています。母親からハグされた子どもは安心感に包まれ、リラックスした精神状態になります。

ハグが子どもの成長に良い影響を与えることもポイントです。幼少期から母親に多くのハグを受けて育った子どもは、問題行動を起こしにくい上、情緒豊かな大人に育つ効果が期待できます。

ハグには良好な信頼関係を築ける効果があることから、子ども以外の家族とも積極的にハグをする習慣を持つと◎。家庭が幸福感に包まれ、円満な夫婦関係にもつながります。友人や恋人と行うハグも互いの信頼関係をより強くできます。

また、街頭に立ち「フリーハグ(FREE HUGS)」という看板を掲げて他人同士でハグを行うのは、近年世界各地で広がった活動です。

ぬいぐるみでもOK

子どものころから使っているぬいぐるみがあると、「安心できる」という人も多いのではないでしょうか。お気に入りのものを入眠時に抱きしめることは安心につながることがあるといわれています。肌触りのいい毛布やタオルなどでも同様の効果を感じている人もいるようです。

ハグの方法

ハグの仕方により、得られる効果は高まったり下がったりします。より効果的とされるハグの方法と避けるべきハグをチェックしましょう。

ハグ効果

効果的なハグとは

精神的な効果を高めたい場合は、お互いの密着部分ができるだけ広くなるようにハグをすることがポイント。多くの部分が触れ合うことで、より強い安心感が得られると言われます。

姿勢に関しては、向き合うハグでも後ろから抱きしめるハグでも、大きな差はありません。愛情を込める場合は、相手がきつく感じない程度に、やや強めがおすすめ。

血管が緩んで血圧が低下し、自律神経における副交感神経が優位になった時に、人はリラックス状態に入ると言われています。

精神科医・浦島佳代子先生からは、こんなアドバイスも。

「リラックスした穏やかな環境づくりが大切です。相手の鼓動や気持ちを感じながら、ゆっくりした動作で行い、背中を優しくさすってあげることもいいのではないでしょうか」

NGなハグ

愛情を感じない人や嫌いな人とのハグは、リラックス効果が全くありません。むしろ、ストレスが大きくなってしまう恐れもあります。

人は、苦手なものや嫌いな人と触れ合うことで、体が緊張し神経が興奮してしまいます。このことにより、血圧が上昇し呼吸が浅くなると、リラックスどころではありません。

βエンドルフィンやオキシトシンといったホルモンは、気持ちがこもっている相手とハグする場合のみ分泌されます。ハグの効果を得るためには、愛情を注げる相手であることがとても重要です。

習慣化するには

大切な人とのハグを習慣化することで、さらに効果が増し、健康にも良い影響を与えると言われています。ハグを習慣化するために意識したいポイントを紹介します。

ハグ効果

まずは慣れること

日本では、まだまだハグ文化が定着しているとは言えません。多くの人は、街中などでハグをすることに強い抵抗を感じるのではないでしょうか。

ハグを習慣化するには、とにかくハグに慣れることが重要です。恋人や家族とハグできる機会が多い場合は、意識的にハグを繰り返せば、次第に抵抗感がなくなっていきます。

人とハグをすること自体に抵抗がある場合は、ぬいぐるみなどを相手に、1人でハグを練習するのも◎。自分自身を抱きしめる行為も、ハグへの慣れにつながります。

ひとりでの練習は、誰にも迷惑をかけない上、ハグすることへの恥ずかしさを減らしていけます。

心地よさが重要

ハグを習慣化するために欠かせない要素のひとつが、相手の気持ち。自分だけでなく、相手にとっても心地よいハグを心がけることで、相手がハグに対して感じる抵抗感も弱められます。

勢いよく突然抱きつくなど、相手の気持ちを考えない押し付けのようなハグを繰り返せば、相手がハグされることを嫌がる恐れもあります。

「愛情や安心を示す方法はたくさんあるので、自分たちにとって心地よい方法を選択することが大事だと思います」(浦島佳代子先生)

タイミングがポイント

1日の生活において、誰とどのタイミングでハグをするかということを決めておけば、より習慣化しやすくなります。

出勤前に夫婦間でハグをする、子どもが帰宅した際にハグをする、寝る前は全員とハグをするなど、あらかじめルーチンにしておくことで、ハグにかかわる全員が慣れていきます。

ただし、タイミングを守ることだけを意識し過ぎず、全てのハグに気持ちを込めることも重要。ハグする相手のことを大切に思えなければ、ハグの効果も下がってしまいます。

前出の浦島佳代子先生は、最後にこうアドバイスします。

「先の見えにくい不安な状況を乗り越えて行くためには家族や社会がお互い支え合うことが必要です。今はハグができなくても、言葉やその他のボディランゲージでお互いの愛情や信頼を確認し合って。そして、何の心配もなくハグできるようになったら、ぜひハグする喜びを分かち合いましょう」

写真/Shutterstock.com

画像ALT

精神科医

浦島佳代子(うらしま かよこ)

精神科医、医学博士
1977年京都府生まれ。その後、岐阜県の清流でのびのびと育つ。長崎大学医学部卒業。現在は長崎大学病院精神科に所属。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事