Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2022.04.21

ひとつ結びの基本!シンプルをこなれさせるテクニックとおしゃれなアレンジ方法まとめ

究極にシンプルなアレンジ「ひとつ結び」。でもだからこそ、少しのテクニックでおしゃれにも、ダサくも見えてしまうもの。今回はひとつ結びを素敵に見せる、基本的なまとめ方やおしゃれに見せるためのテクニック、くるりんぱなどのアレンジを加えた前髪あり・なし、ひとつ結びの方法をご紹介します。レパートリーを増やして、ひとつ結びをぜひ楽しんでみてください♪

Tags:

【目次】
一つ結びの基本的な結び方
おしゃれなひとつ結びは後れ毛が重要
くるりんぱなどひとつ結びのアレンジ方法
仕事にもOK!ストレートヘアの一つ結び

ひとつ結びの基本的な結び方

一つ結びが素敵に見えるポイントは3つ

\ポイントは以下の3つ!/

ひとつ結びが素敵に見えるポイントは3つ
1.トップにふんわりとしたボリューム
2.結んだ毛束に揺れ感やボリューム
3.かきあげたようなサイドの毛流れ

ベースの髪は巻いておく

\ヘアアイロンでベースの髪に動きをつけるのがマスト!/

ベースの髪は巻いておく
クリップで髪を上段と下段に分け、下段からアイロンで巻いていく。顔周りの毛束をとったら、中間付近から毛先に向かって前方へ巻いたら、そっと引き抜いて。この巻き方をフォワード巻きという。

ベースの髪は巻いておく
巻いた髪のすぐ後ろの毛束をとったら、最初の巻き方とは逆に、後ろに向かってアイロンで巻いていく。これをリバース巻きという。このフォワード巻きとリバース巻きを順に繰り返していく。

ベースの髪は巻いておく
下段を巻き終わったら、クリップを外して上段の髪も巻いていく。顔まわりはリバース巻きからスタートし、同様にフォワード巻きと交互になるように。

ベースの髪は巻いておく
フォワード巻きとリバース巻きをミックスすることで、毛流れがランダムに混じり、自然な動きができる。中間から毛先にかけての毛の動きやボリューム感は、ひとつに結んだときに華やかさとリッチ感が出て、ちょうどいいバランスに!

スタイリング剤でニュアンスをつける

\動きをキープしながら毛束感も出してくれる!/

スタイリング剤でニュアンスをつける
髪を巻き終わったら、まずは何もつけずに指を首元から入れ込み、外側にとかし上げるようにしてふんわりとくずす。これによって自然な空気感を出すことができる。

スタイリング剤でニュアンスをつける
髪をほぐしたら、ワックスを指の第一関節の半分、およそパール粒大程度、手のひら全体に薄くのばす。

スタイリング剤でニュアンスをつける
先ほどと同様にクリップで髪を上下段に分け、くずれやすい下段からワックスをなじませていく。毛の中間〜毛先を軽く指先で包むようにして塗布させて。

スタイリング剤でニュアンスをつける
手に残ったワックスで上段も同様に、中間〜毛先を中心になじませる。上段はつけすぎて重くならないように注意して。

あごと耳上のつけ根を結んだ延長線上に結ぶとキレイ

\やや高めのひとつ結び/

あごと耳上のつけ根を結んだ延長線上に結ぶとキレイ
髪を結ぶときの位置は、あごと耳上のつけ根を結んだ延長線上あたりにすると、キレイにまとまる。

あごと耳上のつけ根を結んだ延長線上に結ぶとキレイ

おしゃれなひとつ結びは後れ毛が重要

後れ毛があるだけで一気にこなれる!

後れ毛があるだけで一気にこなれる!
後れ毛があるだけで、ほんのりと色っぽさをもたらし、センシュアルな印象のひとつ結びに!

後れ毛があるだけで一気にこなれる!
結ぶ毛束をおさえつつ、耳の前と後ろに後れ毛を1〜2束ずつ引き出すだけ。

後れ毛はあまり多く下ろさない

後れ毛はあまり多く下さない
耳の前の髪をたっぷり下ろしてしまうと、重く野暮ったい印象に…。

後れ毛はあまり多く下さない
生え際をこすって自然に落ちてきた髪を後れ毛にすると、ちょうどいい量感で一気におしゃれに!

後れ毛はあまり多く下さない
髪を結んだら、こめかみ〜耳の生えぎわを、指でジグザグとこすって少しずつ髪を落とす。

後れ毛はあまり多く下さない
この生えぎわからほんの1cmくらいの落ちた髪を後れ毛に。

後れ毛を巻くときは3等分にして

後れ毛を巻くときは3等分にして
後れ毛を一気に巻いてしまうと、なんだかわざとらしい印象に…。

後れ毛を巻くときは3等分にして
髪を分けて巻くだけで、程よくラフに散って、今どきな印象に!

後れ毛を巻くときは3等分にして
髪を3等分したら、まず上の表面に位置する毛束を32mmアイロンで根元近くを挟んで巻く。すぐに熱が通るので、時間をおかずに毛先までスルーさせて。

後れ毛を巻くときは3等分にして
内側のふたつの毛束は、中間〜毛先にカールをつけるようにして巻く。毛束はやや下向きに引き出し、アイロンを縦に使って中間から巻くのがポイント。

後れ毛を巻くときは3等分にして

くるりんぱなどひとつ結びのアレンジ方法

ひとつ結びにくるりんぱでこなれムードを

サッと誰にでも簡単にできるひとつ結びアレンジ。それゆえに一歩間違えると「時間がなかったのかな……」なんて推測されてしまうような生活感丸出しの髪型になってしまうことも。ここでは簡単に凝って見せられる、くるりんぱを使ったひとつ結びをご紹介。

ゴムの結び目を割いて毛束を通すアレンジテクニックのくるりんぱをするだけ。ここで手抜きに見えないポイントは、ニュアンスのある立体感とゴムの結び目を隠す工夫があること!くるりんぱ、トップの毛束をしっかり崩しておくと無造作なこなれ感も手に入ります

表面と毛先だけざっくりと巻いておくとグッと凝って見える。耳まわりの後れ毛はあえてきっちりまとめず、あいまいに残しておくと正面から見たときもおしゃれに。

アレンジ方法

1]32mmのコテで全体をざっくりとミックス巻きにする。時間がないときは表面と毛先だけでもOK。オイルを2プッシュとり、手ぐしでよくなじませる。

2]両サイドから耳上の毛束を後ろでひとつに結んだ後、残りの髪と合わせて毛先を外から内にくるりんぱする。結び目をキュッと締め、ねじれた毛束が広がりすぎないようにピンで留める。

3]トップと結び目をほどよく崩して完成。

三つ編み隠しひとつ結び

三つ編み隠しひとつ結び
アレンジ方法

三つ編み隠しひとつ結び
前髪を横分けにしたら、髪をざっくりとまとめ、低い位置でひとつに結ぶ。表面の髪をくずしたら、毛束の一部を取り分け、細い三つ編みにしていく。

毛先まで編んだら、それを毛束の結び目にぐるりと巻きつけ、結び目の下でピンを使って見えないように固定する。

襟足ねじりアップ

襟足ねじりアップ
アレンジ方法

襟足ねじりアップ
前髪を横分けにしたら、分け目側の髪を襟足に沿って少しずつとり、ねじる。耳下くらいまできたら、クリップで仮止めしておく。

襟足ねじりアップ
分け目側の髪とねじった毛束を合わせたら、そのままひとつに結ぶ。仮留めしておいたクリップを外し、表面の髪をくずす。最後に結び目の上に、クリップをのせて完成!

くるりんぱひとつ結び

くるりんぱひとつ結び
アレンジ方法

くるりんぱひとつ結び
髪全体にソフトワックスをなじませたら、下めの位置できつめに結び、結び目の上に穴を作っておく。

くるりんぱひとつ結び
左手で穴をキープしながら、右手で毛束を外から内へ向かって穴に通す。

くるりんぱひとつ結び
毛先を左右に引っ張り形を安定させたら、髪の表面をつまんで引き出し、ゆるさを演出したら完成!

くるりんぱひとつ結び

仕事にもOK!ストレートヘアの一つ結び

質感違いでイメージ激変! 甘めでこなれたふんわりひとつ結びor辛口ハンサムなタイトひとつ結び

ひとつ結びって、結ぶ位置でかなり雰囲気が変わりますよね。例えば高い位置で結ぶポニーテールは元気でカジュアルに、襟足近くの低い位置で結ぶとグンと落ち着いた感じに。実は、使うスタイリング剤の違いによって質感とフォルムに変化が出て、イメチェンできる方法もあるんです。このバリエーションも覚えておくとアレンジの幅が広がっておすすめです!

フェミニンでこなれ感のある【ふんわりひとつ結び】

ふわっとラフで立体感のあるひとつ結びは、後頭部のボリュームと手ぐしによるランダムさがカギ。エアリーなベースを作るために使うのは、シーミスト。シーミストとは、塩分が含まれたスタイリング剤で、吹きかけるだけで無造作なボリュームが出る優れもの。丸みのあるシルエットに仕上がり、女性らしく好感度の高い印象に仕上がります。早速作り方をご紹介!

【1】ラフな質感を作るミストを全体に吹きつける

表面だけでなく、毛束を持ち上げながら髪の内側にもつくように吹きつける。根元近くにつけると、髪が細くてボリュームが出にくい人でも自然にふんわり。

■おすすめスタイリング剤

▲ジョンマスターオーガニック S&Lシーミストスプレー N 125ml 
海の風に吹かれたようなドライ&ラフな質感のボリュームスタイルを作るミスト。オーガニックの保湿成分を配合し、髪に潤いを与えてパサつきを防止。リラックス感のあるラベンダーの香り。

▲LUSH マリーナの恵み 100g 
無造作なナチュラルヘアを作るミスト。海水とシーソルトが、髪にツヤを与えながら軽やかにホールド。ボリューム感を出したい時は根元に、ラフなスタイルにしたい時は髪全体につけて、もみ込んで。

【2】手ぐしを通してミストをなじませながら髪をまとめる

ミスト成分が髪全体に行き渡るように手ぐしを通してなじませつつ、後頭部の真ん中あたりに髪を集める。この時、サイドはタイトに抑え、後頭部は膨らみを残したまままとめ、丸みのあるシルエットの土台を作る。

【3】髪を結んだあと、表面の毛束を少しずつつまみ出して凸凹に

表面の髪を指先で少しずつつまみ出し、凸凹させて立体感をつける。ハチ周りやサイドはほんの少し、トップや後頭部など丸みがほしい部分は大胆につまみ出すのがコツ。最後、もみあげに後れ毛を引き出す。

できあがり!

トップや後頭部には丸みがあるけれど、サイドや襟足はピタッとしているため崩れにくいのもポイント!

クールで知的な印象の【タイトひとつ結び】

髪にツヤと潤いを与えるしっとり系スタイリング剤を使い、表面をなめらかに整えながらタイトなフォルムにしたひとつ結び。モードっぽさを感じるタイトなアレンジは、辛口でハンサムなムードに。束感のある後れ毛や前髪など、ディテールまで作り込むことがおしゃれに見せる秘訣。さっそく作り方を紹介します。

【1】髪がしっとりするヘアクリームなどを全体になじませる

油分があってのびのいいヘアクリームなどを髪全体によくなじませる。髪が広がる人や、剛毛で扱いにく人には特におすすめ。髪が細くて少ない場合、ヘアクリームをつけすぎるとベタッと見えるため、つける量を調節して。

■おすすめスタイリング剤

▲大島椿 ヘアクリーム しっとり 160g 
椿油配合のクリームは、スタイリングにも洗い流さないトリートメントとしても使える。リペア成分が傷んだ髪を補修し、椿油が髪1本1本の表面をコーティング。広がりがちな髪も、しっとりツヤツヤに。

▲b-ex mm ソフトジェル 260ml 
ジェル特有のキープ力はそのままに、オイルのようなソフトウエット感と、手ぐしの通る柔らかい質感が特長。ベタつきを抑えながら潤いたっぷりに。濡れ髪スタイリングにもぴったりな新感覚ジェル。

【2】コームで髪の表面を整えながらタイトに結ぶ

コームを使って根元からとかし、毛流れをタイトに整える。前髪ともみあげの後れ毛を残し、下めの位置でキュッと結ぶ。

できあがり!


タイトなひとつ結びは一歩間違うと手抜きっぽく見えるけれど、セミウエットな質感やシースルー前髪などでアクセントを足してグンと今っぽく。きちんと見せしたいお仕事シーンにもマッチします。

誰でもできるアレンジだからこそ、いろいろなチャレンジができるひとつ結び。手早くできるので、ぜひ変化を楽しんでみてくださいね。

きっちりタイトなひとつ結び

きっちりタイトなひとつ結び
アレンジ方法

きっちりタイトなひとつ結び
タイトに結んでいくので巻かなくてOK!まずはパール粒大のワックスと500円玉大のオイルを手のひらでしっかりと混ぜたら、毛先からまんべんなくなじませていく。

きっちりタイトなひとつ結び
手に残ったスタイリング剤を、前髪からトップへなじませる。

きっちりタイトなひとつ結び
コームの細い部分でセンターに分け目を作って、キチッと分ける。

きっちりタイトなひとつ結び
髪をひとつにまとめたら、結ぶ前に細く前髪を分けとっておく。顔まわりのひと筋を左右それぞれ2~3本程度ずつが目安。

きっちりタイトなひとつ結び
ブラシを使って全体の面の毛流れを整える。

きっちりタイトなひとつ結び
結ぶ位置は首の後ろ側に沿うようなイメージで、ごく低くして全体のタイトなシルエットとのバランスをとる。

きっちりタイトなひとつ結び
髪を結んだら、指先にワックスかオイルをとり、前髪に束感を出す。前髪がバラバラになると一気に老けて見えるので、この工程は外さないで。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事