赤ちゃんにスパウトって絶対必要?練習の仕方や選ぶポイントとは | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2020.10.28

赤ちゃんにスパウトって絶対必要?練習の仕方や選ぶポイントとは

「ミルク以外の飲み物を」と考えたとき、購入を検討したいのがスパウトです。赤ちゃんに使わせることで、コップやストローへの移行がスムーズになるといわれます。スパウトデビューを考えているママのため、おすすめのスパウトや練習方法を紹介します。

Tags:

【目次】
そもそもスパウトとは?
スパウトは必要?
スパウトの練習方法
スパウトを選ぶポイントは?
スパウトのおすすめ商品

そもそもスパウトとは?

まだ自分でできることの少ない赤ちゃんは、哺乳瓶やおっぱいからいきなりストローやコップは使えません。「飲む」ことにも手順を踏んだ練習が必要です。そんな赤ちゃんの「飲む練習」に役立つといわれるのが、スパウトを取り付けたスパウトマグです。哺乳瓶やおっぱいからの移行時に購入するママが多いようですが、実際にはどのようなものなのでしょうか。スパウトの概要や使える時期について紹介します。

スパウトとは 赤ちゃん 時期 いつ 練習 選び方 ポイント コツ おすすめ 商品

(C)Shutterstock.com

傾けて飲めるマグの飲み口のこと

スパウトは、哺乳瓶の乳首を大きくしたような飲み口になっています。主にプラスチック製やゴム製のものが多く、飲み口には複数の穴が開いています。赤ちゃんが水分を取るときに、マグを傾けると穴から水分が出てくる仕組みです。そして、このスパウトが付いた赤ちゃん用のコップが「スパウトマグ」と呼ばれます。

赤ちゃんにスパウトマグの使用が推奨されるのは、赤ちゃんが乳首以外のものから水分を摂る練習をするのに適しているためです。スパウトならコップやストローコップのように水分がいきおいよく出過ぎることがありません。哺乳瓶やママのおっぱいに慣れ親しんできた赤ちゃんでも、比較的使いやすいといわれています。

いつから使えるの?

スパウトの使用が推奨されるのは、だいたい5~6カ月頃からです。この頃になると、離乳食をスタートする赤ちゃんも多いのではないでしょうか?食べる練習を始めるのにあわせて、飲む練習もスタートさせるのがおすすめです。というのも、離乳食ではスプーンやフォークなど、赤ちゃんは「初めて」のものをたくさん使うことになるはずです。このタイミングなら、赤ちゃんにとってなじみのないスパウトもスムーズに受け入れてくれるかもしれません。

ただし、スパウトを使うには赤ちゃんが「お座りができる」「手でしっかり物をつかめる」ことが必要です。赤ちゃんの成長には個人差があります。月齢だけではなく赤ちゃんの成長の具合も考慮して、スパウトのスタートに最適な時期を見極めましょう。

(参考:赤ちゃんの発育に合わせて飲む練習をはじめよう!|ピジョン公式HP

スパウトは必要?

赤ちゃんにスパウトを使わせてみても、初めてのことで最初はなかなかうまくいかないこともあるかもしれません。また、だいたい7~9カ月頃にはストロー飲みやコップ飲みをする赤ちゃんも増えてくるようです。「わざわざスパウトを用意する必要はあるのかな?」と考えるママがいるのも、当然といえるかもしれません。スパウトの有効性について疑問を覚えたら、「スパウトがおすすめ」といわれる理由について考えてみましょう。スパウトの目的やメリットについて紹介します。

スパウトとは 赤ちゃん 時期 いつ 練習 選び方 ポイント コツ おすすめ 商品

(C)Shutterstock.com

ストローやコップへの移行前に

赤ちゃんは、哺乳瓶やおっぱいからすぐにストロー飲みやコップ飲みができるようになるわけではありません。赤ちゃんがコップやストローを使えるようになるためには、「乳首やおっぱい以外の飲み口に慣れること」「飲み口に合った飲み方を覚えること」などが必要です。スパウトは、赤ちゃんが上記の動きや感覚を獲得するのをスムーズにし、ストロー飲みやコップ飲みに移行する助けとなります。特に、離乳食を始めたばかりの赤ちゃんはまだ唇で物を挟むことが苦手です。離乳食が進んで唇を上手に使えるようになるまでは、傾けるだけで水分補給ができるスパウトマグがあると重宝します。

スパウトとは 赤ちゃん 時期 いつ 練習 選び方 ポイント コツ おすすめ 商品 【ストローマグ】のおすすめを紹介|基本知識や選び方のポイントとは?

マグを自分で持つ練習になる

赤ちゃんの「飲むトレーニング」では、最終的に赤ちゃんが自分でマグカップを持って飲めるようになることを目指します。しかしこれも、すぐにできるわけではありません。「しっかりマグカップを握って持つ」「唇を動かして飲む」という、手と口の動きを身に付けることが必要です。そしてスパウトマグは、この「しっかり持って飲む」という練習には欠かせないアイテムなのです。

ほとんどのスパウトマグは、赤ちゃんの小さな手でも持ちやすい形状です。フタもしっかり閉まるので、赤ちゃんが落としたり振り回したりしても中身がこぼれる心配もありません。赤ちゃんがマグの扱いに慣れていくことで、自然とストロー飲みやコップ飲みへの移行をしやすくなります。

スパウトの練習方法

「スパウトを与えてみたけれど、嫌がって泣いてしまった…」などという声も多いかもしれません。また、スパウトをかじるだけで全然飲もうとしない赤ちゃんもいます。たとえ初めは赤ちゃんが上手にスパウトを使えなくても、ママは焦ったり悩んだりする必要はありません。気楽に構えて、赤ちゃんと一緒に練習してみましょう。赤ちゃんがスパウトを上手に使うための練習方法を紹介します。

スパウトとは 赤ちゃん 時期 いつ 練習 選び方 ポイント コツ おすすめ 商品

(C)Shutterstock.com

ミルクでチャレンジ

スパウトマグの使用目的の一つは、ミルク以外の飲み物に慣れることです。しかし、赤ちゃんが白湯や麦茶を嫌がるときは、ミルクを使うことをおすすめします。慣れ親しんだ飲み物なら、赤ちゃんもスパウトで飲もうとしてくれるかもしれません。ミルクはそのままマグの中に入れてもよいですが、スパウトに少しだけ付けてあげるのもおすすめです。ミルクのにおいで赤ちゃんも「これは飲み物だ」と認識しやすくなります。

最初は手を添えて

スパウトマグをただ握らせても、赤ちゃんには使い方が分かりません。使い始めの頃は、ママが「マグの持ち手を握る」「スパウトをくわえる」「マグを傾ける」といった一連の動きを一つひとつサポートしてあげましょう。今ひとつ赤ちゃんの反応が悪いと感じたら、ママが実際にスパウトマグを使って見せるのもおすすめです。楽しそうにスパウトマグを使うママの様子を見れば、赤ちゃんも安心します。。

ただし、ママが一生懸命教えても、赤ちゃんがスパウトマグを嫌がったり泣いたりする可能性もあります。そんなときは無理強いをせず、いったん中断しましょう。赤ちゃんの喉が渇いていそうなとき機嫌のよいときに試してみると、赤ちゃんも積極的に使おうとしてくれるかもしれません。

スパウトを選ぶポイントは?

スパウトは、ストローやコップに移行する前の練習に使われるものです。赤ちゃんがスパウトを抵抗なく使えれば、次の段階にステップアップしやすくなります。そのためには赤ちゃんが嫌がらずに使えるよう、赤ちゃん目線で「使いやすい」と思えるスパウトを選びましょう。スパウトマグを選ぶとき、チェックしておきたいポイントを紹介します。

スパウトとは 赤ちゃん 時期 いつ 練習 選び方 ポイント コツ おすすめ 商品

(C)Shutterstock.com

持ち手が二つ付いているか

離乳食初期の赤ちゃんは、片手でコップを持つことがあまり得意ではありません。スパウトマグは必ず持ち手が二つ付いているものを選びましょう。赤ちゃんが両手でしっかりとマグを握ることで、安定して持つことができます。また、持ち手は少し角度が付いているものがおすすめです。手や指の発達が不十分な赤ちゃんにとっては、まっすぐな持ち手よりも斜めの持ち手の方が使いやすく、口の角度と手の動きが連動しやすくなります。

飲み口の柔らかさも確認

これまで赤ちゃんは哺乳瓶の乳首やママのおっぱいなど、柔らかいものを口に含んできました。スパウトマグを選ぶときは硬めのスパウトではなく、赤ちゃんが違和感を覚えにくい柔らかい飲み口のものがおすすめです。例えば、シリコン素材のスパウトは柔らかく弾力があります。赤ちゃんの吸い付きがよければ、スパウトの練習もスムーズに進むはずです。

スパウトのおすすめ商品

「スパウトにチャレンジしてみよう」と思っても、種類が多く迷ってしまうママも多いのではないでしょうか。実際のところ、スパウトマグにはさまざまな種類があります。どんな商品がよいか迷ったら、有名メーカーのスパウトマグやちょっとおしゃれなスパウトマグなど、ママから好評を得ているアイテムをチェックしてみましょう。赤ちゃんの使い勝手やママの好みを考慮して、お気に入りを見つけてくださいね。

スパウトとは 赤ちゃん 時期 いつ 練習 選び方 ポイント コツ おすすめ 商品

(C)Shutterstock.com

2種類の吸い口をセットに「コンビ テテオ マグスパウト バルーン Neo」

赤ちゃんのお出かけグッズやお世話グッズが充実している「コンビ」からは、2種類のスパウトが付いたマグカップが販売されています。使い始めは「幅広の吸い口」、慣れてきたら「細い吸い口」、という具合に成長過程に合わせて使えるのが魅力です。また、飲み口・ハンドルとも傾斜が付けられており、赤ちゃんが持ったり飲んだりしやすい仕様です。このほか、フタがぴったりと閉まる「ラクピタ構造」「煮沸や電子レンジでの消毒・除菌OK」などの機能が充実。赤ちゃんもママも安心して使える配慮があるのはうれしいですね。

スパウトとは 赤ちゃん 時期 いつ 練習 選び方 ポイント コツ おすすめ 商品 コンビ テテオ マグスパウト バルーン Neo

商品名:コンビ テテオ マグスパウト バルーン Neo

取り外し可能な滑りにくいハンドル「NUK プレミアムチョイスラーナーボトル」

ドイツメーカーのおしゃれなスパウトマグは、ハンドルが下から上に向かって取り付けられているのが特徴です。滑りにくく赤ちゃんが握りやすい上、簡単に取り外せるため、スパウトマグを洗浄しやすく手軽にお手入れができます。また、スパウトはおっぱいや哺乳瓶の乳首のように柔らかいシリコン製です。赤ちゃんがくわえやすく、哺乳瓶やおっぱいからのスムーズな移行が期待できます。どうしてもうまく飲めないときは、別売りの「プレミアムチョイス用ニップル」に変えてみるとよいかもしれません。より柔らかく、乳首に近い感触です。

スパウトとは 赤ちゃん 時期 いつ 練習 選び方 ポイント コツ おすすめ 商品 NUK プレミアムチョイスラーナーボトル

商品名:NUK プレミアムチョイスラーナーボトル

愛らしいキャラクターが目印「ピジョン マグマグ スパウト カップ」

赤ちゃんが持つのにぴったりな、愛らしいキャラクター付きのスパウトマグです。赤ちゃんグッズの定番・ピジョンが提供するアイテムなので、「安心して使える」と感じるママも多いのではないでしょうか。こちらのスパウトは、赤ちゃんが口に入れる量を調整しやすいよう、飲み口がクロスカットされています。同様に持ち手部分も斜めに角度が付いているため、赤ちゃんが握って飲みやすい仕様です。また、コップの底部分は柔らかい素材でコーティングされており、食卓に置いても滑りにくいというメリットも。さらに、マグ本体は部品が少なく、細部まできちんと洗えます。衛生面が気になるママも安心して使えるのではないでしょうか。

スパウトとは 赤ちゃん 時期 いつ 練習 選び方 ポイント コツ おすすめ 商品 ピジョン マグマグ スパウト カップ

商品名:ピジョン マグマグ スパウト カップ

あわせて読みたい
【ストローマグ】のおすすめを紹介|基本知識や選び方のポイントとは?
【哺乳瓶】おすすめ3選|哺乳瓶の種類や特徴、選び方のポイント(まとめ)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事