【怠い】「おこたる」や「なまける」以外のもう一つの読み方があります。この漢字なんと読む? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2020.12.27

【怠い】「おこたる」や「なまける」以外のもう一つの読み方があります。この漢字なんと読む?

読めそうだけど読めない漢字をおさらい!「親子で学べる漢字クイズ」連載、本日のお題は【怠い】。

Tags:

【怠い】ヒントは「●●い」!

【怠慢】や【倦怠】という言葉に使われる【怠】、訓読みでは「怠る(おこたる)」や「怠ける(なまける)」の他にもう一つの読み方があるのを知っていますか?

「怠る」「怠ける」と同じ意味合いで、もう少し砕いた言い方をします。

大人よりも若い年代で使う人が多いイメージです。

みなさんも一度は言ったことがあるかも?!

【怠】
〈音読み〉
タイ ダイ
〈訓読み〉
おこたる なまける ●●い
心がたるんでなまける。

【怠い】の読み方とは一体??

 

正解は…

Domaniドマーニ漢字クイズかんじクイズ「親子で学べる漢字クイズ」連載意外と読めない読めそうで読めない意外と知らない間違えがち正しい読み方正しく読める怠いだるい

 

【だるい】

でした!

【怠い:だる・い】
《「たるい」とも》
1.疲れや病気などで、からだを動かすのがおっくうである。かったるい。
「高熱で全身が―・い」
2.しまりがない。ゆるい。「縄ガ―・イ」〈和英語林集成〉
3.のろい。不十分である。

Domaniドマーニ漢字クイズかんじクイズ「親子で学べる漢字クイズ」連載意外と読めない読めそうで読めない意外と知らない間違えがち正しい読み方正しく読める怠いだるい

~【怠】を使った漢字・言葉あれこれ~

その1:怠学

【怠学:たい‐がく】
学問をなまけること。学校へ行くのをなまけること。

その2:怠け者の足から鳥が起つ

【怠け者の足から鳥が起つ:なまけもののあしからとりがたつ】
ふだん怠けている者は、いざ事が起こるとあわて騒いでやり始める。

その3:怠け者の節句働き

【怠け者の節句働き:なまけもののせっくばたらき】
ふだん怠けている者が、世間の人が休む日に限って働くこと。

その4:怠慢王

【怠慢王:たいまんおう】
《Ethelred the Unready》イングランド王、エセルレッド2世(在位978~1016年)の異名。バイキングの侵略に対し無策だったことから。「無思慮王」「無策王」とも。
(2019年01月現在)

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

あわせて読みたい
【石榴】この漢字なんと読む?ヒントは赤くて酸味のあるあの果物
【忽ち】この漢字何と読む?ヒントは「すぐ」や「急に」という意味!

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事