台湾では日常茶飯事の「我告訴你」! 中国語で「告訴」って一体どういう意味?【元CAの中国語ってムズカシイ】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.04.04

台湾では日常茶飯事の「我告訴你」! 中国語で「告訴」って一体どういう意味?【元CAの中国語ってムズカシイ】

同じ漢字でも日本語と中国語では意味が異なる言葉も多く存在します。台湾の航空会社でCAとして乗務していた経験のある有田千幸が、中国語を勉強する中で印象に残った言葉をご紹介します。 連載第32回目は「告訴」編。

Text:
有田 千幸
Tags:

日本語と中国語、同じ漢字でも意味は違うと思っていた方が無難かも

「安心」のように、意味も発音も日本語と同じ言葉もあれば、「走」、「新聞」、「有料」のように意味も発音もまったく異なる、思わず「へぇ!」といってしまいたくなるような言葉がある中国語。



さて、今回の言葉は「告訴 (Gào sù)」
中国語では日々の会話でも頻繁に使う言葉で、よく聞く一文が「我告訴你 (Wǒ gào sù nǐ)」。「我=私」「你=あなた」というところから察すると「私があなたを訴える!」というような印象を受けますが…違います。


(c) shutterstock.com

中国語の「告訴」は「知らせる、告げる、教える」という意味

つまり「我告訴你 (Wǒ gào sù nǐ)」は、直訳すると「(私があなたに) 教えといてあげるね」ということ。これだと少々恩着せがましく聞こえますが、いわゆる英語の「Let me tell you」に近しい表現になるかと思います。

日本語では、「いっておくけど」や「伝えておくと」や「いや、まじで聞いて、あのさ」くらいのカジュアルな言葉だと思っておくといいかと思います。この「我告訴你 (Wǒ gào sù nǐ)」を使いこなせるようになれば、中国語のレベルもかなりのもの。

ちなみに「我告訴你 (Wǒ gào sù nǐ)」の「訴」を入れ忘れると、「我告你 (Wǒ gào nǐ)」と本当に「訴えてやる!」となるので、気をつけましょう (笑)。

中国語メモ:「告訴 (Gào sù)」=知らせる、告げる、教える

そして、避けて通ることのできない奇抜な中国語はまだまだ続きます。

【続】

▼ あわせて読みたい記事

画像ALT

美容ライター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て美容ライターに。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガル。環境を意識したシンプルな暮らしを心がけている。プライベートでは一児の母。ワインエキスパート。薬膳コーディネーター。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事