「わかりました」は上司や先輩に使えない!正しい表現や漢字の使い分けを理解しよう | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.06.14

「わかりました」を正しく表現する4つの敬語【今さら聞けないビジネスマナー】

「わかりました」は上司や先輩に使えません。正しい表現や漢字の使い分けを理解しなければ、上司や先輩からの印象を悪くすることもあるのです。本記事では「わかりました」は敬語として使えるか、正しい表現方法などについて紹介します。

Tags:

【目次】
 ・「わかりました」は敬語として使える?
 ・「わかりました」を正しく表現する4つの敬語
 ・「わかりました」と同様に注意すべき言葉
 ・メールに記載する「わかりました」の漢字使い分け
 ・「わかりました」を表現する外国語
 ・「わかりました」を上司やお客様に使う際は特に注意を

「わかりました」は敬語として使える?

「わかりました」は敬語ではなく、丁寧語であるため、丁寧語を上司や先輩に対して使うのは失礼にあたります。ここではその理由について詳しく説明します。

わかりました 敬語

(C)Shutterstock.com

■「わかりました」は敬語ではなく丁寧語

「わかりました」は敬語ではなく丁寧語です。使用頻度も高く、丁寧な表現であるため、敬語だと勘違いしている人も多いでしょう。

「わかりました」は理解しているということを伝える言葉です。「わかりました」は「わかる」の活用系になり、「わかる」に過去丁寧語の「ました」を組み合わせて表現された言葉です。

丁寧語を上司や先輩に対して使うのは失礼

「わかりました」などの丁寧語を上司や先輩に対して使うのは失礼にあたる可能性があります。「わかりました」は丁寧語であり、尊敬の意味合いが低く、敬意が足りないと受け取られてもおかしくありません。

ビジネスシーンや日常生活において、目上の方との会話やメールでやりとりをする際は「わかりました」の使用は避けましょう。日頃から「わかりました」を多用している人は、特に注意が必要です。

「わかりました」を正しく表現する4つの敬語

「わかりました」の正しい敬語表現には「承知しました」、「承りました」、「かしこまりました」、「拝承いたしました」の4つが挙げられます。正しい敬語を身につけると、ビジネスシーンや日常生活において相手から良い印象をもたれる可能性が高まります。

わかりました 敬語

(C)Shutterstock.com

反対に敬語を正しく使用できないことで相手から信頼を失い、印象が悪くなることもあるのです。ここでは「わかりました」を正しく表現する4つの敬語について紹介します。

表現1:「承知しました」

「わかりました」を表現するには「承知しました」が適切です。「承知」には「理解できている」「相手の依頼を聞き入れる」といった意味があります。

「承る」という謙譲語に「いたす」と「ます」を繋げて使用することで、上司や先輩など目上の方に対しても適切な表現となるのです。「承知しました」は会社の会議やメールでのやりとりに使用されることが多いでしょう。

上司から「明日の会議は15時から始まるぞ」と言われた際、その部下は「承知しました」と答えるのは正しいやりとりになります。ビジネスシーンで多様される敬語なのでしっかり覚えておきましょう。

表現2:「承りました」

「承りました」も目上の方に使用できる適切な表現です。「承る」には「引き受ける」「聞く」の謙譲語にあたり、相手の言葉を謹んで聞くという意味を表すのです。相手からの指示や希望をしっかり聞いているというニュアンスにもなり、相手に指示や希望を聞いていることが伝わりやすくなります。

ただし上司や先輩から指示を受けた際よりも、顧客やクライアントからの伝言などに対して使用することが多いでしょう。正しい使用方法として、顧客から「御社の〇〇さんに伝えておいてください。」と言われた際の返答に「承りました。」と答えます。

表現3:「かしこまりました」

「かしこまりました」は「承知しました」よりも更に丁寧な表現にあたります。「かしこまりました」は目上の方に対して「謹んで承る」という意味があり、「恐れ敬う」や「恐縮」といった意味も含んでいます。

相手の行動に対して敬うという意味が強く、自分より目上の上司や先輩に使用するには適切な表現といえます。注意点としては、ビジネスシーンや日常生活で使用しすぎると堅苦しい様に受け取られることがあるので、利用シーンには気をつけましょう。

正しい使用方法として飲食店などでお客側が「ビールを1つください。」と伝えたその返答として「かしこまりました。」といった表現です。日常生活の中ではあまり使用しないかもしれません。

表現4:「拝承いたしました」

「拝承いたしました」も適切な表現です。読み方は「はいしょう」になります。

「聞きました」「理解しました」といった意味を持つ謙譲語です。「拝」には「謹んで受ける」、「承」にも「聞く」や「受ける」といった意味があり二重の敬語表現となります。

会話の中で使用するよりも、顧客やクライアントとのメールなどで使用されることが多いのでしょう。クライアントから「お伺いする時間が決まりました。15時です。ご確認よろしくお願いします。」といったメールに対して「時間拝承しました。」と返信するは正しい使用方法といえます。

「わかりました」と同様に注意すべき言葉

「わかりました」と同様に注意すべき言葉として、「了解しました」や「了承しました」があります。いずれもビジネスシーンや日常生活で使用することの多い言葉ですが、敬語と勘違いしている人が多い言葉でもあるのです。ここではそれぞれの注意点について解説します。

わかりました 敬語

(C)Shutterstock.com

注意すべき言葉1:「了解しました」

「了解しました」は敬語ではありません。ビジネスシーンや日常生活で何か指示や依頼をされた時につい「了解しました」と使った経験がある人も多いでしょう。

「了解しました」は「わかりました」と同義の言葉であり、友人関係など近しい間柄の人間に対して使用するのは問題ありません。ただし、目上にあたる上司や先輩などには使用を控えてください。

「了解」という言葉は、「事情を理解して承認すること」を表します。目上の人が目下の人に対して「承認」したことを表現する言葉なのです。

そのため、上司や先輩といった目上の方に対して使うのは失礼にあたります。何か指示やお願いをされた時は「承知しました」などの正しい敬語を使用しましょう。

注意すべき言葉2:「了承しました」

「了承しました」は「了解」の類語にあたるのでこれも敬語ではありません。「事情を納得、承知すること」を意味するため、承認の意味を強く感じる言葉です。

使用方法は目上の人が目下に対して何らかの事項を「了承する」際に使うのが正しいとされます。目上の上司や先輩に使用すると失礼に当たるので、注意しましょう。

メールに記載する「わかりました」の漢字使い分け

メールに記載する「わかりました」は、「分かりました」「解りました」「判りました」など漢字を使い分ける必要があります。「わかりました」の漢字を使い分けができると正しい日本語を使用できると認識され、好印象を与ることができるでしょう。ここでは「わかりました」の正しい漢字の使い分けについて紹介します。

わかりました 敬語

(C)Shutterstock.com

明確になったことを表す「分かりました」

「分かりました」は物事が切り離され、明確になることを意味します。「分かりました」と「わかりました」は同じ意味を表すのです。

「分かる」の使い方として、「相手の話が分かる」や「少し見ただけで分かる」などが挙げられます。

理解したことを表す「解りました」

「解りました」は物事の内容や理論をはっきり理解したことを意味します。「解る」の使い方として、「英語が解る」や「この作品の魅力が解る」などが挙げられます。

判決や判断を表す「判りました」

「判りました」は判決や判断を表す表現です。物事の事実や区別がはっきりした際に「判りました」を使うのが正しい使い方となります。「判る」の使い方としては、「新たな証拠により犯人が判る」や「作品を見れば違いが判る」などが挙げられます。

多くの場合では「分かりました」を使用するケースが多いです。だからこそ間違えやすいともいえます。それぞれの漢字が持つ意味を理解し、正しく使い分けることが重要です。

「わかりました」を表現する外国語

「わかりました」の外国語表現を理解していると、ビジネスシーンにおいて外国の企業やクライアントとの取引に活用できるかもしれません。ここでは「わかりました」についての「英語表現」と「中国語表現」についてそれぞれ紹介します。

わかりました 敬語

(C)Shutterstock.com

英語で表現する「わかりました」

「わかりました」を英語で表現すると、「OK」や「approved your request」などが挙げられます。「OK」は会社の同僚や部下、友人などに使用できる表現です。

一方、ビジネスシーンにおける取引先の顧客やクライアントに対しては「approved your request」がベストな表現といえるでしょう。相手からの要望や命令に対して「承った」ことを伝えることができます。

中国語で表現する「わかりました」

「わかりました」を中国語で表現すると「可以(OK)」や「明白了(わかりました)」となります。中国も日本語や英語と同様に多くの表現を持つ言語です。「可以(OK)」はフランクな表現なので、会社の同僚や部下、友人に使用できる表現になります。

「明白了(わかりました)」はミンバイラと読み、目上の上司や先輩などに使える表現です。他にも仕事の内容を説明してもらい理解できた時には「懂了(ドンラ)」という言葉も使用できます。

「わかりました」を上司やお客様に使う際は特に注意を

ここまで「わかりました」の敬語使用や正しい表現方法、漢字の使いわけなどについて解説しました。「わかりました」は上司や先輩に使えません。ビジネスシーンにおいて敬語を正しく使用できることは重要なポイントです。

わかりました 敬語

(C)Shutterstock.com

目上の上司や先輩、取引先のクライアントや顧客に対して正しい敬語を使用できるかどうかは、そのまま信頼にも直結しかねません。信頼が集まれば任せてもらえる仕事も増える可能性がありますし、相手を問わずコミュニケーションがスムーズになるでしょう。

日本語だけではなく「わかりました」の外国語も理解できれば仕事の幅も広がるかもしれません。正しい敬語を理解し、仕事や日常生活に役立てていきましょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

【了承しました】をマスターしよう! 間違えやすいポイントや例文、類義語をご紹介
間違っていない!?【承知しました】の正しい意味や使い分けを徹底解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事