【100人に聞いた】周囲に〝攻撃的な人〟はいる?みんなが実践している対処法や臨床心理士のアドバイスも紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.07.08

【100人に聞いた】周囲に〝攻撃的な人〟はいる?みんなが実践している対処法や臨床心理士のアドバイスも紹介

あなたの周りに攻撃的だと感じる人はいますか? ワーママ100人に聞いたアンケートの結果や、臨床心理士が語る攻撃的な人との接し方をご紹介します。

Tags:

【質問】周りに攻撃的だと思う人はいる?

攻撃的な人

「攻撃的」だと感じる人が周囲にいるか、ワーママにアンケートを実施。その結果、4人に1人は思い当たる人がいるという結果に。

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

攻撃的な人に見られる特徴とは?

どうしてそんなに強く当たるのだろう……と考えてみても、なかなか気持ちを推し量ることはできないもの。どのような人が攻撃的な言動や態度をとってしまうのか、臨床心理士の吉田美智子さんに聞きました。

「人は誰でも、自分の安全が脅かされて恐怖を感じたときに『闘う』か『逃げるか』の行動をとります。この『闘う』が攻撃です。

攻撃的な人というのは、『安全が脅かされたと感じる→闘う』行動が頻繁な人ということで、(1) 脅かされやすい人(2) 衝動性の強さから攻撃に転じやすい人(3) 攻撃的な行動をとることで優位に立てると誤って学習している人、ではないでしょうか」(吉田さん)

それでは、みなさん実際にどんな人に「攻撃的だな」という印象を抱いているのでしょうか。アンケートの回答から代表的なものをピックアップしました。

言い方がきつい

・喧嘩越し。 (30代・愛知県・子ども1人)
・言い方がきつい。 (30代・島根県・子ども2人)
・言葉が強い。 (30代・宮城県・子ども1人)
・声が大きい。 (40代・愛知県・子ども2人)

自己中心的

・自己主張が強く周りを考えない人。 (30代・千葉県・子ども3人)
・自己中。 (40代・北海道・子ども2人)
・自分が偉い人間だと思い込んでいる人。 (40代・愛知県・子ども3人)

人の悪いところを指摘してばかり

・粗探し。常にみんなをみていて悪いところを探している。 (30代・群馬県・子ども2人)
・常に人を批判するようなことしか言わない。 (30代・愛知県・子ども2人)

攻撃的な人【猜疑心】の強い人ってどんな人?扱いにくい・自己肯定感が低いなどと言われる理由は

【体験談】攻撃的な人にどう対応している?

周囲に攻撃的な人がいるとき、どのように対応しているのかについても質問しました。回答をみてみると、なるべく深く関らないようにしたり、なんとかスルーしたりして対処している人が多いことがうかがえます。

深く関わらない/距離を置く

・あえて関わらない。 (30代・埼玉県・子ども1人)
・近寄らない。 (40代・宮城県・子ども1人)
・無視する。 (40代・千葉県・子ども1人)
・必要以上に関わらないようにする。 (30代・長崎県・子ども2人)
・適度な距離感を維持する。 (30代・神奈川県・子ども1人)
・必要最低限の会話にとどめる。 (30代・神奈川県・子ども1人)
・2人にならない。 (30代・千葉県・子ども2人)
・相手のペースにのらない。 (40代・東京都・子ども1人)

聞き流す/反論しない

・相手を否定せず聞き流す。 (30代・大阪府・子ども1人)
・聞いているふりをする。 (40代・和歌山県・子ども2人)
・話を聞いておくが反論しない。 (40代・千葉県・子ども2人)
・刺激しない。 (30代・北海道・子ども1人)
・反論の姿勢は一切とらない。なるべく近寄らない。 (40代・東京都・子ども1人)
・賛成も反対もしない。相手にしない。 (30代・愛知県・子ども2人)
・なるべく関わらないようにし、他の人の否定的な話をされても否定も肯定もしない。 (30代・愛知県・子ども2人)

話を聞く

・とりあえず考えを一旦すべて聞く。 (30代・宮城県・子ども1人)
・初めは聞き役に徹する。その後テンションが下がってきたら一緒にやりましょうとこちらに巻き込む。 (40代・兵庫県・子ども2人)
・話をよく聞く。 (40代・新潟県・子ども1人)

攻撃的な人嫌いな人を気にしない方法は? 嫌いな人との上手な距離のとり方、付き合い方

【臨床心理士に聞く】攻撃的な人にどう接したらいい?

職場などに攻撃的だと感じる人がいる場合、関わりたくなくてもそうはいかないという場面もありますよね。攻撃的な人と接するときどのように心がけるとよいのか、吉田さんに聞きました。

「攻撃的な人の不安要素は何だと思いますか? 相手が不安だと感じている部分は安易に刺激しないほうがいいと思います。相手が落ち着いているときに信頼関係が築けるかどうか、信頼関係までいかなくても、相手の攻撃性が発揮されていないときは適切なコミュニケーションがとれるかどうか、そちら側を工夫してみてください。それによって本人の不安が軽減し、安心が脅かされにくくなれば、不適切な攻撃性も減ってくると思います。

一方、不安を押し隠して攻撃的な態度をとることで周囲を従わせることができる、と誤って学習し、身に着けてしまっている人もいます。力で相手を従わせる方法では誰にも信頼してもらえずに、ますます不安が募るだけ。本人が気づいて変えていこうと思う必要があると思います。

不適切な攻撃性を頻繁に浴びることで、受け手の方が傷ついたり、怖い・不安な気持ちになってしまうこともあるでしょう。距離をとること相手の攻撃性を2人きりの場所では受けないように注意すること2人きりのときに受けてしまった場合は適切な相手に報告・共有することで、隠れた場所で攻撃され続けてしまうことのないようにしてください」(吉田さん)

「攻撃的な人」と一口に言っても、落ち着いているときに話してみれば、意外とこちらの話を聞いてくれるかもしれません。とはいえ自分が傷ついてしまっては元も子もないので、距離をとることも決して忘れずに。

画像ALT

臨床心理士

吉田美智子

東京・青山のカウンセリングルーム「はこにわサロン東京」主宰。自分らく生きる、働く、子育てするを応援中。オンラインや電話でのご相談も受け付けております。
HP
Twitter: @hakoniwasalon

写真・イラスト/Shutterstock.com

あわせて読みたい

【100人に聞いた】中途半端だと思われてしまう人の特徴とは?臨床心理士が教える改善方法も紹介
どうして【上から目線な人】になるの?そんな人との関係性を上手に築く方法もご紹介!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事