たこ焼き器の〝失敗しない選び方〟とおすすめ10選 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.08.01

たこ焼き器の〝失敗しない選び方〟とおすすめ10選

専門店や夜店などで食べるたこ焼きを家で作れば、特別感を演出できるでしょう。初めてでも比較的簡単に作れますが、プロのような仕上がりを目指すには道具選びが大事です。たこ焼き器の選び方のポイントや、おすすめのアイテムを見ていきましょう。

Tags:

たこ焼き器の失敗しない選び方

たこ焼き器はどれも同じだと考えていると、思ったように焼けないことがあります。それぞれのタイプの違いや、得意分野を知っておいた方がイメージに近いものを選びやすくなり、失敗も少なくなります。家庭で手軽においしいたこ焼きを焼くために、チェックしたいポイントを見ていきましょう。

【ホットプレート】おすすめ8選|時短レシピや長持ちさせるコツも解説|Domani

たこ焼き器 おすすめ 選び方

(C)Shutterstock.com

熱源、プレートの種類で選ぶ

たこ焼き器の熱源は「電気式」「ガス式」があります。電気式の火力はガス式に劣るものの、温度調節がしやすく焦げにくいことが特徴です。

卓上で使用するなら、コンセントとの距離もチェックしましょう。ダイニングテーブルとコンセントが離れている場合、延長コードが必要となります。

一方、ガス式は火力が強く、手早く調理できるところが魅力です。カリっとした食感の本格的なたこ焼きを作れますが、作り慣れないうちは火の調整にコツが必要です。

調整を間違うと焦がしてしまう場合もあるので、火加減に注意しましょう。ガス式は専用の卓上コンロが付属しているタイプと、そのまま直火で使用できるプレートタイプに分かれています。

また、たこ焼き器だけでなく、たくさんのプレートが付属しているタイプを選ぶと、さまざまな料理が作れて便利です。焼肉やお好み焼き用のプレートが付属しているものもあり、調理のバリエーションを広げてくれるでしょう。

洗いやすいタイプかどうか

洗いやすいタイプを選ぶと、後片付けに時間がかかりません。プレートの部分だけを取り外して洗えるものを選ぶと、お手入れも楽になります。プレートと本体を分離できないタイプの中には、丸洗いできないものもあるので注意しましょう。

また、汚れが付きにくい素材でできているかもチェックしたいポイント。「フッ素加工」されたタイプなら、焦げ付きにくく扱いやすくなります。調理後の洗浄も楽にでき、キッチンペーパーや布巾などで拭くだけで、手軽に汚れを落とせます。

穴の大きさ、個数、火力をチェック

たこ焼き器の穴の数は、テーブルを囲む人数に応じて選びます。

一度に12個程度が焼けるタイプは1~2人用、20個程度を一気に焼き上げるタイプは3~4人用におすすめです。

穴の大きさにも違いがあり、通常よりも大きなたこ焼きを焼けるタイプもあります。たくさんの具を入れられたり、たこ以外の具を入れたりして楽しめるところが魅力です。

また、たこ焼きパーティーをするなら、火力が調節できるものの方が便利です。「保温機能」があると焼きすぎを防げるので、食べるスピードが落ちてきたら保温に切り替えるなど、マイペースに楽しめます。

「電気式」のおすすめたこ焼き器

電気式のたこ焼き器は温度が上がり過ぎる心配がなく、食卓で気軽に使いやすいアイテムです。ホットプレートと兼用で使える複数のプレートを備えた、おすすめのたこ焼き器を紹介します。

たこ焼き器 おすすめ 選び方 電気式

(C)Shutterstock.com

山善「ホットプレート 3WAY」

「平面」「たこ焼き」「波形」の、三つのプレートがセットになったアイテムです。1台でさまざまな料理に対応できるので、これからホットプレートを購入しようと考えている人にぴったりです。

一度に25個のたこ焼きを作ることができ、3~4人でのパーティーで活躍するでしょう。たこ焼き以外にも、焼きそば・お好み焼き・焼肉の調理におすすめです。

また、約80~230℃まで温度調節が可能となっており、ダイヤル式で簡単に操作できます。各プレートは簡単に取り外せて、丸洗い可能です。「フッ素加工」で汚れがこびり付きにくく、お手入れの手間もかかりません。

 たこ焼き器 おすすめ 選び方 電気式 山善

商品名:山善 ホットプレート 3WAY

IDEA「BRUNO crassy+ オーバルホットプレート」

調理家電のデザインにこだわりたい人におすすめの、オーバル型のホットプレートです。一見、調理家電とは思えないおしゃれなデザインですが、「平面」「たこ焼き」「深鍋」が付属しています。一度に24個のたこ焼きを作れるほか、煮込み料理や炊飯にも使えるところが魅力です。

深鍋は直火での調理もでき、鍋料理にも向いています。プレートの取り替えをする際は、専用のハンドルを使用しましょう。

温度調節は本体の側面にあるツマミを操作するだけで、簡単に行えます。プレートだけでなく「くず受けトレイ」も本体から外せる仕様となっており、食材がこぼれたときもお手入れが楽です。ヒーター部分は埋め込み式で、隅々まで汚れを拭き取りやすいでしょう。

 たこ焼き器 おすすめ 選び方 電気式 山善 BRUNO

商品名:IDEA BRUNO crassy+ オーバルホットプレート

パナソニック「ホットプレート NF-W300」

「平面」「焼肉」「たこ焼き」プレートの三つを備えたホットプレートです。食べ応えがある、直径4.7cmの大きめなたこ焼きが21個焼けます。焼肉用のプレートは穴が開いていて、余分な油を落とせる仕様です。

プレートには耐久性が高いセラミックに、ダイヤモンド微粒子を加えた「ダイヤモンドハードコート」が施され、金属へらを使用しても表面のコーティングが剥げにくく、使いやすさが長持ちします。

収納ホルダーに入れれば、立てた状態でしまっておけるので場所を取りません。4~5人で使いやすい大きさとなっていて、ホームパーティーや家族のイベントなどで、活躍するでしょう。

 たこ焼き器 おすすめ 選び方 電気式 panasonic パナソニック

商品名:パナソニック ホットプレート NF-W300

「ガス式」のおすすめたこ焼き器

電気式はヒーターが温まるまでに時間がかかりますが、ガス式なら素早く熱が行き渡り、速やかな調理を可能にしてくれます。十分な火力でスムーズにたこ焼きを作りたい人におすすめな、たこ焼き器を見ていきましょう。

たこ焼き器 おすすめ 選び方 ガス式

(C)Shutterstock.com

LOGOS「たこ焼きボールメーカー」

卓上ガスコンロや直火で使える、たこ焼き器です。「上下分離型」となっていて、汁気が少ない肉団子やベビーカステラなどは、具や生地を挟んだ状態で両面を焼けます。

たこ焼きやアヒージョを作るときは、分離した状態で使用しましょう。たい焼きのように、あんこを挟んだスイーツも楽しめ、アイデア次第でさまざまな料理を作れるのも魅力です。

ハンドルは着脱式でかさばらず、収納場所を取りません。コンパクトな状態で持ち運びできるので、アウトドアシーンでも活躍してくれます。

たこ焼き器 おすすめ 選び方 ガス式 logos ロゴス

商品名:LOGOS たこ焼きボールメーカー

岩鋳「たこ焼23穴 IH対応 黒焼付 南部鉄器」

約4mmの厚みがある「南部鉄器」を使用した、たこ焼きプレートです。ガス火とIH100V・200Vの両方に対応しており、卓上ガスコンロでもオール電化のキッチンでも使えます。

熱を蓄える力に優れ、専門店や屋台のようなムラのない焼き上がりを目指せるでしょう。表面に細かい凹凸が付けられ、油がなじみやすく焦げ付きにくい仕様です。

油なじみをよくするために、使用後は汚れを拭き取ったあと、洗剤を使用せずに水洗いしましょう。よく乾かしてから油を塗って保管することで、さびを防げます。

たこ焼き器 おすすめ 選び方 ガス式 岩鋳

商品名:岩鋳 たこ焼23穴 IH対応 黒焼付 南部鉄器

イワタニ 「カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ」

たこ焼きをムラなく焼くことにこだわり、専用の「U字バーナー」を使用した、カセットガスコンロ式たこ焼き器です。フッ素加工されているので焦げ付かず、ひっくり返しやすい点がポイントです。

火力のコントロールさえ間違わなければ、外側がカリッと、中がトロッとしたおいしいたこ焼きを、初めてでも比較的簡単に作れます。プレートは取り外して丸洗いでき、お手入れも簡単です。

また、変わり種が作れるレシピが付属していて、たこ焼き以外のスイーツにも挑戦できます。上手に使えば、たこ焼き器の可能性を広げてくれるでしょう。

たこ焼き器 おすすめ 選び方 ガス式 iwatani イワタニ フッ素

商品名:イワタニ カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ

個性的なおすすめたこ焼き器

オーソドックスなたこ焼き器はもう持っているという場合や、パーティーを盛り上げたいときには、個性的なタイプがおすすめです。

便利な機能が付いたものや、一般的なたこ焼き器とは一味違う魅力を備えた商品を紹介します。

たこ焼き器 おすすめ 選び方 個性的 ユニーク

(C)Shutterstock.com

杉山金属「たこ焼き工場トントン」

「自動返し運転機能」を備えた、機能的なたこ焼き器です。スイッチを入れると、プレートの中央部にあるアームが自動でたこ焼きをひっくり返します。

たこ焼き作りが初めての人をサポートしてくれるので、自分でうまく返す自信がない人でも簡単に、きれいな形のたこ焼きを焼けるでしょう。

また、生地を穴に一つずつ流し入れるのではなく、中央のつぼの中に入れる仕組みなので、初めてでも均一に入れられるところも便利です。

粉を注ぐためのポットも付属しており、たこ焼き職人になったような気分を味わえるでしょう。

たこ焼き器 おすすめ 選び方 個性的 ユニーク

商品名:杉山金属 たこ焼き工場トントン

LITHON「ギガたこ焼き器」

直径約10cmの「ギガたこ焼き」と通常サイズを同時に焼ける、電気式のたこ焼き器です。

大きなたこ焼きをひっくり返すのは大変ですが、その分抜群の存在感でパーティーの盛り上げ役になってくれるでしょう。

フッ素加工されているので焦げ付きにくく、サッと拭くだけでお手入れができます。プレートは、キッチンペーパーや布でサッと拭くだけの簡単お手入れです。汚れが落ちにくいときは、調理用のオイルをたらしてから拭きましょう。本体はぬらした布巾などで拭くと、べた付きを防げます。

本体のサイズは約幅25×奥行13.5×高さ8cmと小ぶりで、テーブルの上に置いても邪魔になりません。

たこ焼き器 おすすめ 選び方 個性的 ユニーク LITHON

商品名:LITHON ギガたこ焼き器

マルチに使える深鍋対応のたこ焼き器

深さがあるプレートとセットになっているたこ焼き器を選ぶと、作れる料理の種類が増えます。

たこ焼き器と深鍋の両方で、幅広い料理に対応できるアイテムを見ていきましょう。

たこ焼き器 おすすめ 選び方   深鍋 マルチ

(C)Shutterstock.com

タイガー魔法瓶「ホットプレート ダイニングプレート」

卓上で使いやすい、テーブルウェアのようなデザインのホットプレートです。本体のサイズは約幅38.7×奥行24.9×高さ17.7cmと、1~2人で使いやすいコンパクトサイズで、狭いテーブルの上でも使えます。

深さ約4.6cmの深さがある「鍋」「グリルプレート」の2種類がセットになっており、さまざまな料理に対応できるでしょう。

別売りの「ホットプレートCRL-A200専用ボールプレート」を使用すれば、たこ焼きも焼けます。

スライド式のレバーで、約70~250℃の温度調節が可能です。本体とプレートを簡単に分離でき、お手入れが簡単なところも見逃せません。

たこ焼き器 おすすめ 選び方 タイガー  深鍋 マルチ

商品名:タイガー魔法瓶 ホットプレート ダイニングプレート

アイリスオーヤマ「着脱式ホットプレート 温度調節機能付き」

「たこ焼きプレート」「深鍋プレート」がセットになった、着脱式のホットプレートです。深鍋プレートは約6cmの深さがあり、たこ焼きだけでなくおでんや鍋料理も楽しめます。

「セラミックコーティング」されているので食材がこびり付きにくく、ツルっとひっくり返せるでしょう。温度は保温から最大250℃までをダイヤルで調節でき、適温を保てます。

プレートは取り外して丸洗い可能で、清潔感をキープしやすいでしょう。

レッド・バニラクリーム・ペールブルー・スモーキーグリーンなど、ポップなカラーがそろっていて、好みに合わせて選べます。

たこ焼き器 おすすめ 選び方 アイリスオーヤマ 着脱 深鍋 マルチ

商品名:アイリスオーヤマ 着脱式ホットプレート 温度調節機能付き

トップ画像/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

ホットプレートのおすすめ13選 |家族で使う際の選び方やポイント
【ミキサー】機能別おすすめ10選|氷・離乳食・スムージー対応

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事