ファザコン女性は父親への愛着が強い!5つの特徴や恋愛傾向、直し方を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.09.29

もしかしてあなたはファザコン!? 原因や5つの特徴、恋愛における傾向や付き合い方まで解説

ファザコンは父親への愛着が強いことを指し、「よく父親と出かける」など5つの特徴が見られます。ファザコン女性と向き合う際の参考として、5つの特徴から恋愛傾向、直し方を確認しておきましょう。

Tags:

【目次】
ファザコンの意味とは?
女性がファザコンになる2つの原因
ファザコン女性の特徴5つ
ファザコン女性の恋愛傾向4つ
ファザコンを克服する方法2つ
ファザコン女性とうまく付き合おう

ファザコンの意味とは?

「ファザコン」は「ファーザーコンプレックス」を省略した言葉で、父親への愛着や依存心が強すぎることを指します。どちらかというと、男性よりも女性に対して使われる言葉です。「父親のことが好きすぎて父親離れができない」「他の男性にも父親の影を求める」といった性格の女性がファザコンに当てはまります。

ファザコン

ただし、ファザコンと言っても一括りにできず、主に2種類のタイプに分かれます。1つ目は父親のことが大好きで、父親からも大きな愛情を受けているタイプ。2つ目のタイプは、口では「父親のことが嫌い」と言いつつ、心の底では父親の愛情を渇望しているケースです。

女性がファザコンになる2つの原因

女性がファザコン気質になる原因は2つあると考えられます。どちらも父親の愛情が関係しており、1つ目は「父親からの愛情が過剰だったケース」、2つ目は「父親からの愛情が不足していたケース」です。

つまり、父親からの愛情が多くても少なくても、ファザコンになる可能性はあるということです。ここでは女性が、ファザコンになる原因について詳しく解説します。

1. 父親からの愛情が過剰だった

女性がファザコンである場合、幼い頃から父親に過剰に愛されてきた可能性が高いです。父親から過剰な愛情をもらった分、自らも父親を過度に愛する傾向があります。

また、愛情が強すぎて父親が過保護になってしまうことも、女性がファザコンになりやすい原因の一つ。親子の関係性が濃厚なまま大人になるため、いつまでも親離れや子離れができない人が多いです。

父親との距離が近くなりすぎる理由には、「母親との間に心の距離があった」「単に父親との心の距離が近づきすぎた」などの背景が考えられます。

2. 父親からの愛情が不足していた

父親の愛情過多でファザコンになるケースとは反対に、父親からの愛情不足によってファザコンになることがあります。幼少期に父親から愛された記憶が薄い女性は、愛されなかったという事実がコンプレックスになりがちです。

その結果、幼い頃にあまり愛情をもらえなかった分、大人になってからも父親の愛情を強く求める傾向があります。父親からの愛情が不足するケースとしては、「両親が離婚して母親に引き取られた」「幼い頃に父親が他界した」などが考えられるでしょう。

または、父親が強い愛情を注いでいたにもかかわらず、素直に受け取れなかったために心の距離が開いたケースもあります。

ファザコン女性の特徴5つ

ファザコン女性に共通する特徴には、以下の5つが挙げられます。

ファザコン

1.男性に甘えるのが上手い
2.自分に自信がもてない
3.父親と出かける頻度が高い
4.父親に関する話題が多い
5.父親への苦手意識が強い

自分自身や周囲にいる女性を思い浮かべ、5つの特徴に当てはまるならファザコンの可能性が高いでしょう。ここではファザコン女性の特徴について詳しく解説します。

1. 男性に甘えるのが上手い

「男性に対して甘え上手であること」は、ファザコン女性によくある特徴の一つです。父親の強い愛情を受けてきた経験をもつファザコン女性は、どのように甘えればさらに愛情をもらえるかを学んでいます。

また、父親に甘やかされる環境で育ったことから、「男性に甘えるのは当然」と考える傾向があります。そのため男性に頼ることに対して照れがなく、甘え上手な人が多いです。

2. 自分に自信がもてない

「自分に自信をもてないこと」は、父親からの愛情不足によってファザコンになった女性に多く見られる特徴です。幼少期に愛情を感じられないまま成長すると、自己肯定感を養うのが難しいでしょう。

愛されていることを自覚できないため、「自分には価値がない」と思いやすくなります。その結果、褒められるような成果を成し遂げたとりしても、自分に対して自信をもてない状態に陥りがちです。

3. 父親と出かける頻度が高い

ファザコン女性によくある特徴として、「父親と出かける頻度が高いこと」が挙げられます。一般的に、思春期に入ると父親とのお出かけを拒む人は多いでしょう。

しかし、ファザコン女性の場合、思春期どころか大人になっても父親とのお出かけを好む傾向があります。たとえ父親と一緒にいる場面を知り合いに見られても、特に抵抗感はありません。

また、ファザコン女性は「甘え上手」という性質から、父親におねだりすることが得意です。そのため、何か買ってほしいものがあるときなどに、父親と出かけておねだりする人も多くいます。

4. 父親に関する話題が多い

ファザコン女性に共通する特徴の1つに、「父親に関する話題が多いこと」があります。ファザコンを自覚している・していないにかかわらず、会話の中でつい父親の話をしがちです。父親の話をする際は、父親の自慢話が多くなるのも特徴です。

父親のことが好きすぎるタイプのファザコン女性は、理想の父親を自慢するために話題に出す傾向があります。反対に父親と距離がある場合は、父親と他の男性を比較することが習慣づいており、無意識のうちに父親の話をしていることが多いのです。

5. 父親への苦手意識が強い

「父親への苦手意識が強いこと」も、ファザコン女性にありがちな特徴です。幼少期における父親の愛情が不足している場合、成長しても父親との間に心理的な距離が開いていることがあります。

そういった環境で育った経験から、「父親が嫌い」と周囲に公言していることも少なくありません。心の溝が深まった状態が長く続き、いつまでも父親への苦手意識が拭えない人は多いです。

ファザコン女性の恋愛傾向4つ

恋愛面において、ファザコン女性は以下の4つの特徴をもつ傾向があります。

ファザコン

1.父親に似ている男性に惹かれる
2.ストレートに愛情を伝えられる
3.不毛な恋に陥る
4.恋人と父親を比較する

ファザコン女性が恋愛に悩むとき、ファザコンならではの特徴が影響を及ぼしている可能性が高いです。ここからはファザコン女性の恋愛傾向について詳しく見ていきます。

1. 父親に似ている男性に惹かれる

ファザコン女性の恋愛対象は、父親に似ている男性であることが多いです。なぜなら、ファザコン女性は父親を「理想的な男性」と認識する傾向があるからです。

恋人に父性を求めることも少なくなく、「父親のように大切にしてくれる人」「愛情をもって叱ってくれる人」を好みます。父親の影を重ねがちであることから、年下男性より年上男性を好きになりやすいのも特徴です。

2. ストレートに愛情を伝えられる

多数のファザコン女性は、ストレートな愛情表現が得意。自分の気持ちを伝えることに抵抗がなく、素直に『好き』と言ったり、積極的にアプローチしたりすることができます。

特に父親から愛されて育ったタイプのファザコン女性は、たくさんの愛情をもらった分、自らも愛情表現が多くなりがち。「素直で愛情深い女性」に見えるため、異性にモテる傾向があります。

3. 不毛な恋に陥る

ファザコン女性の恋愛あるあるとして、不毛な恋に陥るケースが多いです。父親のような男性に魅力を感じることから、家族のために働く既婚男性に恋愛感情を抱く人は少なくありません。さらに「愛情表現が多い」という性質があるため、相手が既婚者でも好きアピールを抑えられず、不倫関係に発展することがあります。

または、父親から愛情を受けられなかった場合、父親に良く思ってもらうために「いい子ちゃん」を演じる人は多いです。いい子ちゃんとして振る舞おうとして我慢が重なり、それまで抑圧してきた気持ちが爆発して不倫に走ることも考えられます。

同じく父親の愛情が不足していたケースでは、「嫌われたくない」という気持ちから簡単に体を許してしまう人も少なくないようです。体のつながりを愛情と誤認してしまい、体を許すことで愛情を得ようすることがあります。

4. 恋人と父親を比較する

ファザコン女性は、何かと恋人と父親を比較する傾向があります。父親への憧れが強く、恋人を選ぶ際も父親を基準にしがちです。恋人に対して自分の父親と同じレベルを求めるため、恋人が理想から外れた言動をした瞬間に冷めてしまうことも多いです。

なお、恋人と父親を比べるのは、父親に愛されて育ったタイプのファザコン女性だけではありません。父親と距離があるタイプのファザコン女性も父親を理想としているケースが多く、つい恋人と父親を比べてしまいがちです。

ファザコンを克服する方法

ファザコンを克服したいなら、有効な方法が2つあります。1つ目は「自分を愛して自己肯定感を高めること」、2つ目は「父親と恋人を切り離して考えること」です。

ファザコン

父親を大切に思う気持ちをなくす必要はありませんが、特に恋愛面においてファザコンであることがハンデになっているなら、2つの方法を試してみるといいでしょう。ここでは、ファザコンを直す2つの方法について詳しく解説します。

1. 自分を愛して自己肯定感を高める

ファザコン状態を改善したい人は、まず自分を愛することから始めてみてください。自分を愛して自己肯定感を高めることは、ファザコン克服につながる重要なステップです。

父親からの愛情が薄かったタイプの女性は、恋に落ちたときに「私にはこの人しかいない」と決めつけがちです。愛情を与えてくれる人に執着してしまい、別れるべきタイミングで別れを決断できないこともあるでしょう。

自己肯定感が高まっていれば、「自分はもっと愛されていい」「我慢して付き合わなくていい」と、適切な選択ができるようになります。前向きな発言を意識したり、自分の魅力を見つけるようにしたりして、自分を好きになりましょう。

2. 父親と恋人を切り離して考える

ファザコン女性が自身の恋愛傾向を見つめ直すときは、父親と恋人を切り離して考えることが重要です。恋人に父親の影を求めるのは悪いことではありません。しかし、あまりに理想を追いすぎると、いつまで経っても運命の相手に巡り会えない可能性があります。

あるいは、「大好きな父親に認められるような恋人を見つけなければ」と、プレッシャーを感じて一歩踏み出せないケースもあるでしょう。まずは「父親と恋人は違う人間である」とを心に留めて、両者を比較しないことが大切です。父親に勝てない部分を見るのではなく、恋人の良いところに目を向けることを心がけましょう。

ファザコン女性とうまく付き合おう

女性がファザコンになる原因には、父親からの愛情の多さ・少なさが影響しています。ファザコン女性にはいくつか共通点があり、「甘え上手」「父親のことをよく話す」といった傾向が見られればファザコンである可能性が高いです。

恋愛においては、父親似の男性を好きになりやすいなどの特徴があります。父親と恋人を比較する癖があるため、恋愛がうまくいかないケースも多いです。ファザコン女性とうまく付き合うためには、ファザコン女性によくある性質を頭に入れたうえで接するようにしましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「シスコン」とは? 「シスコン」男性の特徴や見分け方
そもそも〝気が合う〟ってどういうこと?〝気が合う〟と思える人の特徴とは

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事