明るい性格とはおおらかで陽気な性格のこと|明るい性格になるための4つの方法を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.10.06

【明るい性格】になる方法とは?明るい人の行動や考え方の特徴

明るい性格とは、おおらかで陽気な性格を意味します。自分を暗い性格だと思う人は、その明るさに憧れることもあるのではないでしょうか。今回は、明るい性格になるための4つの方法を解説!明るさの裏に隠された心理や特徴もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Tags:

明るい性格とは陽気で周囲に好まれる性格のこと

明るい性格とは、陽気で周囲の人に好まれる性格を意味します。明るい性格への解釈は人それぞれですが、自分でアピールするのではなく、あくまでも周囲が判断するものです。そのため、明るい性格の特徴は周囲の人とのかかわりが深く関係しているともいえます。「明るい性格になりたい!」と思うときは、具体的な特徴や心理について理解することが大切です。まずはその前に、明るい性格の意味や類語、四字熟語について知っておきましょう。

明るい性格になる方法明るい性格の人特徴行動心理考え方

明るい性格の意味や類語

「明るい性格」で使われている〝明るい〟には「光が十分にあり物がよく見える状態」のほか、「性格や表情、雰囲気がほがらか」といった意味合いがあります。また「将来に希望や喜びがもてる状態」のように、ポジティブなイメージを持つ言葉です。類義語には「おおらかな性格」「オープンな性格」のような言葉が並びます。いずれも怒りや苛立ちを見せない人柄や、自分を隠さない余裕があることを意味する言葉です。このような意味や類義語からも、明るい性格は周囲に良いイメージを与えるものであることが分かります。

【明るい:あかるい】
1.光が十分にあり、また光が強く差して、物がよく見える状態である。
「―・い月」「東の空が―・くなってきた」
2.将来などに希望や喜びがもてる状態である。「―・い未来」「見通しが―・い」
3.性格や表情・雰囲気などが朗らかである。陽気だ。明朗だ。
「―・い人柄」「―・い職場」
4.公明正大で後ろ暗いところがない。
「―・い政治」
5.色が澄んで華やかである。
「―・い青」
6.(「…にあかるい」の形で)
その物事・方面によく通じている。経験が豊富だ。
〈小学館 デジタル大辞泉〉より

明るい性格を表す四字熟語

明るい性格を表す四字熟語には、次のようなものがあります。

・海闊天空(かいかつてんくう)
・洒洒落落(しゃしゃらくらく・さいさいらくらく)
・明朗闊達(めいろうかったつ)

海闊天空は、広い海と空のようにおおらかな心を持つ人のことを表す言葉です。また、洒洒落落はさっぱりと物事に執着しない性格を表しています。「朗らか(ほがらか)」という文字が入る明朗闊達は、そのとおり明るく朗らかな性格を表す四字熟語です。小さなことにこだわらないさっぱりとした人柄を意味しています。

明るい性格の人の行動の特徴3つ

明るい性格の人には、以下のような3つの行動の特徴があります。

1.相手の目を見てはっきりと会話をする
2.笑顔が多く周囲の人をよく褒める
3.悪口や愚痴を言わない

これらの特徴をふまえれば、明るい性格へと一歩近づくことができます。明るい性格の人が、ただただ笑顔で振舞っているわけではないことも分かるはずです。ここからは、早速それぞれの特徴について確認していきましょう。

明るい性格になる方法明るい性格の人特徴行動心理考え方

1.相手の目を見てはっきりと会話をする

明るい性格の人は、相手の目を見てはっきりと会話をします。相手に気持ちを伝えることを意識しながら、ゆっくりと話すことも特徴のひとつです。初対面の人が相手でも、緊張したり恥ずかしがったりすることなくコミュニケーションが図れます。話し上手であると同時に聞き上手でもあるため、友人が多いことも明るい性格の人の特徴です。性別や年齢問わず、多くの人から好まれる傾向にあるでしょう。

2.笑顔が多く周囲の人をよく褒める

明るい性格の人は、笑顔が多く周囲の人をよく褒めます。どんな相手でも、人の長所を見つけるのが得意です。相手の言動を否定的に捉えるのではなく、個性として素直に受け止めることができます。明るい性格の人が笑顔を忘れないのは、自分の笑顔が周りを明るくすることを知っているからです。そのため、周囲が暗いムードに包まれそうになったときにも、気持ちを切り替えて明るく接するように努めます。

3.悪口や愚痴を言わない

明るい性格の人は、人の悪口や愚痴を口にしません。周囲の噂話にも流されることなく、自分の基準で相手を判断します。相手に悪いことがあったとしても必要以上に責めることはなく、また、自分に非がある場合は素直に間違いを認めます。「自分は悪くない」と反論したり、イライラしたりすることもありません。これらの態度が周囲に明るく前向きな性格だと受け取られ、好意的に評価されるケースも多いでしょう。

明るい性格の人の心理3つ

いつも明るい性格の人は、以下のような3つの心理状態だと考えられます。

1.周囲のことを一番に考えている
2.何事も前向きにとらえるポジティブ思考
3.チャレンジ精神旺盛

明るい性格の人は、無意識に明るく振舞っているわけではありません。周囲への気遣いやポジティブな考え方が、明るいと言われる行動につながっているのです。「明るい性格になりたい」と思うときは、こうした心理状態を理解するのもひとつの方法です。

明るい性格になる方法明るい性格の人特徴行動心理考え方

1.周囲のことを一番に考えている

明るい性格の人は、いつも周囲のことを一番に考えています。身の周りの人や、家族への感謝の気持ちも忘れません。周囲の人が明るく笑顔でいることが、自分の明るい人生につながると知っているからです。そのため、周囲に困った人がいれば積極的に声をかけ、手を差し伸べます。明るい性格の人は、周囲の人への優しさや配慮を持ち合わせた人物ともいえるでしょう。

2.何事も前向きにとらえるポジティブ思考

明るい性格の人は、どんなことも前向きにとらえるポジティブ思考です。失敗や間違いがおこったときも「いい経験だった」と前向きに考えます。明るい性格の人のなかには、過去に辛い経験をしたからポジティブに行動するという人もいます。一度とことん落ち込んだ経験があるからこそ、悩んでいるだけでは物事は解決しないことを知っているのです。

3.チャレンジ精神旺盛

明るい性格の人はチャレンジ精神旺盛で、どんなことにも興味を持ちます思い立ったらすぐ行動に移すというアクティブな人も。思ったような結果が出なかったとしても、明るい性格の人は否定的にとらえません。「自分には向いていなかったんだな」と理解し、また次のチャレンジへと進みます。チャレンジすることが多いぶん交友関係が広くなり、周囲に人が集まりやすくなります。

明るい性格とどう違う?暗い性格の人3つの特徴

明るい性格と違い、暗い性格の人には次のような3つの特徴があると考えられます。

1.ネガティブ思考の持ち主
2.明るい人に比べ自分に自信がない
3.自己中心的に物事を捉えやすい

明るい人がポジティブ思考であるのに対し、暗い性格の人はネガティブ思考な傾向にあります。ネガティブ思考には、自信のなさや自己中心的な考えが影響しているのです。自分も気づかぬうちに暗い性格に陥っていないか、ひとつずつチェックしていきましょう。

明るい性格になる方法明るい性格の人特徴行動心理考え方

1.ネガティブ思考の持ち主

暗い性格の人は、つねに物事をネガティブに考えます。新しいことに挑戦する前から「きっと無理」「失敗する」と決めつけてしまう場合が多いのです。これは「とりあえずやってみよう!」と考える明るい性格の人とは、大きく異なる一面。明るい性格の人が失敗を次へ活かすのに対し、暗い性格の人は「やっぱりだめだった」と、ただただ落ち込むだけで終わってしまいます。

2.明るい人に比べ自分に自信がない

暗い人のネガティブ思考には、自信のなさが影響しています。極端に自己評価が低く、周囲に対して臆病な態度をとってしまうことも。また、自分に自信がないからこそ周囲からの評価がいつも気になってしまいます。明るい性格の人が周囲を気にしないのに対し、暗い性格の人は悪口を言ったり愚痴を言ったりすることもあるのです。そんな自分の言動に落ち込み、どんどん暗い性格になってしまうというケースも考えられます。

3.自己中心的に物事を捉えやすい

暗い性格の人は、自己中心的に物事を捉えやすい傾向にあります。トラブルが起こったときは、周囲のせいだと決めつけてしまったり。これは「家族や友人が笑顔でいられるように」と周囲を気遣う明るい性格の人とは大きく異なる考えです。周周りの人には考えが理解されづらく、結果的に人を遠ざけてしまうケースも。なかには周囲に評価されないことでさらに自信がなくなり、ネガティブ思考が深まるという悪循環に陥るパターンもあるでしょう。

明るい性格になるためのおすすめの方法4つ

「暗い自分を変えたい」「明るくなりたい!」と思うときは、次の4つの方法がおすすめです。

1.自分の得意分野を見つける
2.前向きな態度と言葉を心がける
3.自分より周囲を優先に考える
4.明るい性格の人と接する機会を増やす

前述したように、明るい性格の人は周囲を気遣ったり物事を前向きに捉えたりといった特徴があります。つまり、それらを心がければ明るい性格の人にぐっと近づくことができるということです。「どうせ自分なんか……」と思っていては、いつまでも暗い性格から脱却できません。明るい性格になるために、できることからひとつずつ取り組んでみてください。

明るい性格になる方法明るい性格の人特徴行動心理考え方

1.自分の得意分野を見つける

明るい性格になるためには、まずは自分の得意分野を見つけてみましょう。「これは得意!」というものを見つけることで、自信に繋がります。また、得意なことは、自分が時間を忘れて没頭できたり、もともと好きだった何かである場合が多いものです。好きなことを楽しんでいる時間というのは自然と笑顔が溢れます。笑顔になれる体験の積み重ねは、少しづつ明るい性格へと導いてくれるはずです。

さらに、得意分野を通して仲間ができることも大きなメリットに。これまでネガティブだった人も、新しい人間関係が自分を変えるきっかけになるかもしれません。自分では気づかなかった明るい一面を、周囲が気づかせてくれるケースもあるでしょう。

2.前向きな態度と発言を心がける

暗い性格をなおしたいと思ったときは、前向きな態度と発言を心がけてみましょう。具体的には、「明るいあいさつ」と「感謝の言葉を口にする」の2つを意識するのがおすすめです。「いきなり自分を変えるのは難しい」という人でも実践できます。特に、朝いちばんのあいさつは、その日を明るくスタートさせるための大切なポイントです。職場の同僚はもちろん、すれ違う人にも笑顔で「おはようございます」と伝えましょう。基本的なことですが、あいさつは人間関係を築くための第一歩。明るい性格の自分へ近づくことができます。

また、前述したように明るい性格の人は周囲への気遣いができる人でもあります。明るい性格になるためには「ありがとう」という感謝の気持ちも忘れないようにしましょう。人間関係もより円滑になり、ポジティブな感情の割合が多くなれば悪口や愚痴を言うことも減っていきます。

3.自分より周囲を優先に考える

明るい性格になるためには、自己中心的な考えを変えていきましょう。トラブルが起こったときも周囲のせいにするのではなく、自分のおこないを振り返ってみるのです。そのときは理解できなかったとしても、改善することができれば最終的には周囲からの信頼を得られます。困っている人がいるときは、人が見ていない場所でも手を差し伸べるという意識も大切です。明るい性格の人はただ明るく振舞っているだけでなく、人への優しさを持ち合わせている一面も。どんなときにも周囲の幸せを考えることで自然と笑顔になり、心に余裕が生まれて性格も明るく変化していきます。

4.明るい性格の人と接する機会を増やす

明るい性格に近づくためには、明るい性格の人と接する機会を増やしてみましょう。自分が暗いと思う人ほど、交友関係を変えてみることがおすすめです。明るい性格の人の特徴や考え方について、より深く理解できます。ネガティブな性格の人ほど、自分の考えに固執し、変化を受け入れることに戸惑いがちです。明るい性格の人は根っから明るく、自分とは縁遠い存在なのだと考えることもあるかもしれません。

しかし、明るい性格の人は過去に失敗した経験があるからこそ、ポジティブで前向きに考えているというケースもあります。そのような背景は、遠巻きに見ているだけでは分からないものです。「どうせ自分なんか」という考えから抜け出して理想像に近づく努力をすることが、明るい性格へと近づく機会となるでしょう。

明るい性格を目指して前向きに過ごそう

明るい性格の人は、周囲に配慮ができる優しい性格の持ち主でもあります。ただただ明るく振舞っているのではなく、家族や友人の幸せを考えていることが大きな特徴です。明るい性格になりたいときは、自分を変えよう!と意気込むのではなく、周囲を気遣う心を持つことが大切です。自然と笑顔が増え、やがて人間関係も円滑に進むようになります。理想とする明るい性格を目指し、できることから少しずつ、前向きに取り組んでみてくださいね。

明るい性格になる方法明るい性格の人特徴行動心理考え方

▼こちらの記事もチェック

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事