〝心に余裕がある人〟の特徴って?心に余裕を持つための習慣とは | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.11.10

〝心に余裕がある人〟の特徴って?心に余裕を持つための習慣とは

「心に余裕のある」状態は、あらゆる意味で「ゆとり」があります。「落ち着き」「ゆとり」があれば、なにかトラブルが起きた時に、上手く対処できるでしょう。ただ、「心に余裕のある」状態を保つのはなかなか難しいですよね。今回は〝心に余裕がある人〟の特徴や〝心に余裕がない人〟の特徴、心に余裕を持つための習慣などをまとめてご紹介します。

Tags:

【目次】
「心に余裕がある」状態とは?
「心に余裕がある」⼈の特徴とは?
「心に余裕がない」⼈の特徴とは?
「心に余裕を持つ」ための習慣とは?
最後に

「心に余裕がある」状態とは?  

毎日の生活の中で「心に余裕がある」状態とは、どのような状態を指すのでしょう。チェックしてみましょう。

「心に余裕がある」の意味

先ずは「余裕」を辞書で調べてみましょう。

よ‐ゆう【余裕】
1 必要分以上に余りがあること。また、限度いっぱいまでには余りがあること。「金に―がある」「時間の―がない」「まだ席に―がある」
2 ゆったりと落ち着いていること。心にゆとりがあること。「―の話し振り」「周りを見る―もない」(<小学館 デジタル大辞泉>より)

「余裕」の意味が分かりました。「心に余裕がある」状態は、「心にゆとりがある」精神状態を示しています。

「心に余裕を持つ」ことのメリット

「心に余裕のある」状態は、あらゆる意味で「ゆとり」があります。「落ち着き」「ゆとり」があれば、なにかトラブルが起きた時に、上手く対処できるでしょう。日常生活においては、周りの人たちに「優しく」接することができるのではないでしょうか。

周りもそのような人を放っておくわけがなく、図らずも「モテてしまう」のが「心に余裕のある」人なのかもしれませんね。

心に余裕を持つ

「心に余裕がある」⼈の特徴とは? 

では、「心に余裕がある」人には、どのような特徴があるのでしょうか。確認していきましょう。

1:「時間の使い方が上手い」

時間を上手く使えずに、TODOリストに追い立てられるようでは、「心に余裕」は生まれません。仕事や家事の時間を上手くやりくりして、自分の趣味の時間を持つことも大切です。今まで時間を上手く使えなかったという方は、考え方を180度変化させて、今までとは違う時間の使い方にトライしてみてください。

やらなければいけないことの優先順位をつけて、時間を味方に付けることで「心に余裕」を持つことができるでしょう。

心に余裕を持つ

2:「常にポジティブシンキング」

小さなことから、大きなことまでトラブルが起きるたびに、右往左往していては、「心に余裕」がないですね。どんな困難も必ず解決できるという、ポジティブな思考は、それだけで「心の余裕」を呼び寄せます。「ポジティブシンキング」を考え方の基本にしてみてはいかがでしょう? 

「心配事の9割は起こらない」という本があるように、起こる前に心配しても時間の無駄なのです。今、ここに集中しましょう。

3:「ベストタイミングで自分をオフにできる」

人は常に臨戦態勢では、疲れてしまうもの。ちょっとした時間にも、一瞬オフの時間を作れる人は気持ちが楽にいられるでしょう。休憩時間など、調整が上手な人は「心の余裕」が沢山ありそうですね。すき間時間を見つけては、「心をオフにしてみる」を実行してみてください。「心の余裕」が生まれるかもしれません。

「心に余裕がない」⼈の特徴とは? 

「心に余裕がある」人がどのような人か分かりました。続いて、「心に余裕がない」人の特徴を見ていきましょう。

1:「常にマイナス思考」

なにかあるたびに、悪い方へ悪い方へ思考を巡らせ、考えて落ち込んでばかりいる人。どう見ても、「心に余裕」はありません。「ネガティブ」に物事をとらえる癖は良くないですね。少し考え方や見方を変えるだけで、解決の糸口は簡単に見つかりそうなのに。

心に余裕を持つ

2:「なんでも人のせいにする」

自己の成長なしに、「心の余裕」は生まれないのではないでしょうか。失敗しても、そこから学ばすに、人のせいにばかりするような人。そんな人は「心の余裕」を持てる精神は育っていかないかもしれませんね。なにが悪かったのかを、目を背けずにしっかりと見つめ、分析して、二度と同じことを繰り返さない気持ちは大切です。

3:「時間やお金にも余裕がない」

「貧乏暇なし」という言葉がありますが、生活のためにあくせく働いていては、「心に余裕」がない状態になるかもしれません。お金に余裕ができると、時間も余り、生活にも余裕ができるのでは? 生活に余裕ができること=心に余裕がもてること、と言えるかもしれませんね。

「心に余裕を持つ」ための習慣とは? 

「心に余裕を持つ」ために習慣とは、どんなことでしょう。チェックしてみます。

1:「リラックスタイムを作る」

心を常に張りつめていると、「心に余裕がある」とは言い難いですね。そんなときには、「リラックスタイム」を習慣化してみては? 例えば、半身浴をしながら、読書をしてもいいかもしれません。本を読むと、今置かれている世界とは違う世界に心をトリップさせてくれるのでお勧めです。「半身浴」「読書」というダブルの癒し効果で、「心の余裕」も復活しそうです。

心に余裕を持つ

2:「先を見据えて資格取得や転職を考える」

「お金の余裕」は「心の余裕」につながると、前の項目で解説しました。では、その「お金」を得るために、どうすればよいのでしょう。今の状況に満足せずに、取れる資格をどんどん取得し、より自分を活かせる仕事を探すのも良いですね。

資格取得することで、資格手当が上乗せされることもあるでしょう。また、転職する際には、より良い条件の所を探すこともできるかもしれません。現状維持ではなく、変化を恐れないという姿勢も「心に余裕」を持つために必要なことかもしれません。

3:「人間関係を整理する」

自分自身のステージが変われば、一緒にいて心地よい友人も変化する可能性がありますね。色々な所に顔を出せば出すほど、人間関係は複雑になっていくでしょう。

「心に余裕」をもって過ごすには、自分自身のステージに合わせて、人間関係の断捨離も有効かもしれません。

最後に

「心に余裕を持つ」には、どうしたらよいのかを探ってきました。年を重ねるほど、社会で様々な役割を担うことになり、「心に余裕を持つ」のが難しくなってくるかもしれません。ほんの少しの時間でも、すべてのしがらみから逃れ「素の自分」でいられる時間を持つことが「心の余裕」を持てる秘訣のように感じました。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
〝雲泥の差〟ってどれくらいの差?意味を理解して上手に使いこなそう!
〝教養を身につける〟とは?【意味は理解していても、説明するのが難しい言葉】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事