Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 働く

2023.10.25

「視線」を気にする人の心理とは? 恋愛における視線の意図などを詳しく解説

 

「露出の多い服装だと見てしまう」

これは、男性に限ってという意見が多いのですが、好き嫌いに関わらず、「露出の多い」服装をしている女性には目がいきがちなようです。女性には、分からない心理ですが、男性にはこのような「視線」の送り方があると理解しておきましょう。

「視線」を感じるのが脈ありサイン? 脈ありか脈なしかを見抜く方法

ほとんどの人が他人からの「視線」を感じたことがあると思います。「視線」を送ることで好意を示す人もいるので、「視線」の理由を知ることはとても重要かもしれません。その「視線」がどんな心理の表れなのか、探る方法を一緒に見ていきましょう。

視線

「目が合ったら、恥ずかしそうにする」

チラチラとこちらを見ているので、見返してみると恥ずかしそうにされた経験はありませんか? それは、気になっている相手にする行動といえるでしょう。

「目が合ったら、ここぞとばかりに話しかけてくる」

「視線」を感じて目が合ったら、話しかけられた。それは、好意があるからではなく、ただ単純に話があっただけ、あるいは話しかけるタイミングを見計らっていたと考えていいかもしれません。

「目が合ったら、きょろきょろする」

見るつもりはないのに、なんとなく「視線」を送っていたら、見つめ返されてしまった経験はありませんか? この場合もまさしくそうで、たまたま目が合ってしまったケース。ドギマギして「視線」がきょろきょろしてしまうのです。

「視線」を感じる時の対処法とは? 

では、「視線」をたびたび感じてしまう時には、どう対処するのがよいのでしょうか? 

「見つめ返してみる」

熱い「視線」を感じたら、その「視線」の主を見つめ返してみるとよいかもしれません。相手が好意を持ってくれているのなら、喜んでくれるでしょう。

「何か用かと聞いてみる」

相手が何気なく見ている可能性が高そうで、その「視線」が迷惑と感じる相手なら、用があるのかを直接聞いてみましょう。迷惑な「視線」が、なくなるきっかけになるかもしれません。

「無視する」

自分に好意があると分かっていて、話す間柄でもない場合は、無視を貫くというのも手です。下手に話しかけたり、見つめ返したりすると相手に誤解されてしまう場合も。「眼中にない」という言葉の通り、相手に「視線」を送ることは極力避けて、無視をするのが一番いい対処法でしょう。

最後

「視線」と一言で言っても、いろいろな「視線」がありました。ボーっと見ていた先にたまたま人がいて、見つめ返されてびっくりしたなんて経験のある方もおられると思います。「視線」一つで、相手に誤解を与えてしまうこともあるかもしれません。人間関係のトラブルを避けるためにも、「視線」の送り方には気を付けたいですね。

1 2

▼あわせて読みたい

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!