Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2022.01.17

座右の銘としても人気!【泰然自若】の意味とは? 由来や使い方、類語・対義語、英語表現などを紹介

皆さんは「泰然自若」という四字熟語は知っていますか? 座右の銘として人気がある言葉なので、目にしたことがある方も多いはず。ですが、詳しい漢字の意味までは理解している人は少ないかもしれません。今回は「泰然自若」の意味や使い方、類語・対義語などを紹介します。

Tags:

「泰然自若」の意味や読み方とは?

■意味や読み方

泰然自若」とは、「たいぜんじじゃく」と読みます。辞書で意味を調べてみると、

泰然自若

落ち着いていて物事に動じないさま。(<小学館デジタル大辞泉>より)

となります。「泰然」は、「落ち着いていて物事に驚かないさま」。「自若」は、「重大時に当たっても、落ち着いていて、心や態度に少しの乱れもないさま」です。

つまり、「泰然自若」とは、「落ち着いている。動じない」という意味の言葉を、2つ組み合わせて強調した四字熟語であるといえます。

■由来

「泰然自若」の由来や出典は定かではありません。先述したように「泰然自若」は揺るぎのない精神や動じないさまを表します。その言葉からは、経験や知恵が豊富な人物を想像できますね。このことから「泰然自若」は、尊敬できる人や頼もしいと思える人への褒め言葉として使うことができる表現です。

「泰然自若」を座右の銘に選ぶ人も

「泰然自若」は、何があっても動じない心の強さを表す言葉なので、座右の銘として人気があります。特に受験やスポーツなどの勝負事では、小さなことで一喜一憂しないメンタルの強さが必須です。何か目標に向かって努力している人は、「泰然自若」を座右の銘として選んでみてはいかがでしょうか?

使い方を例文でチェック

「泰然自若」は座右の銘として人気のある四字熟語ですが、会話の中ではあまり使う機会が少ないかも知れません。「泰然自若」は落ち着いた様子を表すため、職場やビジネスシーンなどで使うこともできますよ。それでは例文を紹介します。

泰然自若

1:「会社でトラブルが起きた時も、先輩は泰然自若な態度で対応した」

「泰然自若」は、どっしりとした態度で動じない様子を表す言葉。そのため、職場では上司や目上の人に対して使うことが多い表現です。突然のトラブルに見舞われても、今までの経験と知恵を生かして冷静に対処することができます。小さなことで一喜一憂せず、広い視野で物事を考えることができる人は、頼もしく感じますよね。

2:「周りの意見に左右されず、泰然自若な精神を身につけたい」

「泰然自若」には、「泰然自若な心」「泰然自若な精神」という使い方もあります。どんなことがあっても揺るがない強い精神力に憧れる人もいることでしょう。「泰然自若」はそんなメンタルの強さが含まれた言葉です。

3:「彼女の泰然自若とした対応は素晴らしい」

「泰然自若」は、褒め言葉としても使用できます。予想外の出来事に対して冷静な対応ができる人は、どんな環境でも一目置かれる存在です。尊敬の念を込め、褒め言葉として使ってみてはいかがでしょうか。

類語や言い換え表現とは?

「泰然自若」の類語は知っていますか? 中には、座右の銘として使われるものもありますので、ぜひ意味も合わせて覚えておきましょう。

泰然自若

1:明鏡止水

明鏡止水は、「めいきょうしすい」と読みます。意味は以下の通りです。

曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。(<小学館デジタル大辞泉>より)

明鏡」とは、「曇りのない鏡」。「止水」とは、「流れないでじっととどまっている水。たまり水」のことです。つまり邪念や雑念がなく、心の中が清らかですっきりとしているような状態を指します。迷いや怒りなどの感情に振り回されることなく、心が落ち着いている様は、「泰然自若」と似ていますね。こちらも座右の銘としてよく選ばれる四字熟語のひとつです。

・座禅に取り組んでいるときは、まさに明鏡止水の心境だった。
・明鏡止水のような心の美しい人になりたい。

2:冷静沈着

普段よく耳にする「冷静沈着(れいせいちんちゃく)」という言葉も、「泰然自若」の類義語です。意味は、「感情に左右されず、落ち着いていること」です。「冷静」と「沈着」どちらの言葉も「落ち着いていて、物事に動じない」という意味があります。そのことから同じ意味を重ねて、意味を強調した四字熟語となりますね。

どんなことがあっても、冷静さを保ち、動揺することがない人のことを「冷静沈着な人」と表現します。

・彼女はいつも冷静沈着に仕事を終わらせる。
・社内で地震が起きた時も彼は冷静沈着だった。

3:鷹揚自若

鷹揚自若とは、「おうようじじゃく」と読みます。意味は、「落ち着いていて何事にも動揺しない様子」です。「鷹揚」は、「鷹が空を悠然と飛ぶように、小さなことに拘らずゆったりとしているさま」。「自若」は、「落ち着いていて、心や態度に少しの乱れもないさま」を表します。心が広くおおらかな様子が感じられる四字熟語ですね。

・A君の鷹揚自若な態度をみんな見習うべきだ。
・彼女は鷹揚自若に広い視野で物事を見ることができる。

対義語とは?

続いて「泰然自若」の対義語を紹介します。

泰然自若

1:右往左往

右往左往は「うおうさおう」と読みます。日常生活でも度々耳にする表現ですね。意味を辞書で調べてみると、

うろたえてあっちへ行ったりこっちへ来たりすること。あわてふためいて混乱したさまをいう。(<小学館デジタル大辞泉>より)

となります。慣れない場所で道に迷っているときや、トラブルにみまわれてパニックになっているようなときに使います。何が起きてもどっしりと落ち着いている「泰然自若」とは正反対な言葉といえますね。

・会場を探して右往左往してしまった。
・先輩はどうしたらいいかわからず右往左往していた私を助けてくれました。

2:戦々恐々

戦々恐々は「せんせんきょうきょう」と読みます。意味は以下の通りです。

おそれて、びくびくするさま。おそれつつしむさま。(<小学館デジタル大辞泉>より)

何かに対して怯えていたり、恐怖心を抱いている状態を表す言葉です。心が動揺して平常心が保てていないため、「泰然自若」とは正反対な表現ですね。

・戦々恐々として父の怒りが治まるのを待った。
・A国とB国は未だ、戦々恐々とした状態が続いているようだ。

3:周章狼狽

周章狼狽とは、「しゅうしょうろうばい」と読みます。意味は以下の通りです。

あわてふためくこと。うろたえ騒ぐこと。(<小学館デジタル大辞泉>より)

周章」は、「あわてふためくこと」。「狼狽」は、「不意の出来事にあわててうろたえること」です。思いがけないことが起きて慌てたり、騒いだりする様子を表しています。

・警察官に詰問されて周章狼狽した。
・今さら周章狼狽しても仕方がないと諦めた。

英語表現とは?

「冷静」という意味の「cool」「calm」があります。「really」や「extremely」を前に付けて、「非常に冷静」と表現することもできます。また、「self possessed」は直訳すると「自分自身を持っている」という意味ですが、「冷静沈着な」という意味で使用できます。

・He’s always really calm.(彼はいつも非常に冷静だ)
・She is a self-possessed woman.(彼女は落ち着いた女性だ)

最後に

「泰然自若」の意味や使い方、類語・対義語などはご理解いただけましたか? 「泰然自若」は、「落ち着いていて物事に動じないさま」を表す四字熟語。ビジネスの場面では特に必要な能力でもありますね。「泰然自若」を座右の銘に選び、どんな時でも冷静に対応できるビジネスパーソンを目指してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめ

〝風光明媚〟の意味や読み方、正しい使い方とは?
「千載一遇」の意味や由来は?使う際に注意したい3つのポイントも解説

 

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事