Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.26

「有象無象」とはどんな意味? 読み方は? 由来・例⽂・類語・英語表現も紹介



普段、耳にする機会も多い四字熟語「有象無象」ですが、なんとなく意味は分かって入るけれど、詳しく説明はできないかも… という方もいるのではないでしょうか。今回は、そんな「有象無象」の詳しい意味から読み方、由来、例⽂、類語、英語表現も合わせて紹介していきます。

Tags:

「有象無象」の意味や読み⽅とは? 

有名なトレーディングカードゲームデッキの種類にもなっている「有象無象」、正しく読むことは出来ますか? 最近では歌詞やタイトルにもよく使われていますが、意味はよくわからないという方も多いかもしれませんね。 今回は例文や類語、英語表現などを紹介しますので、一緒に確認しましょう。

有象無象

■読み⽅と意味

「有象無象」の読み方は「うぞうむぞう」です。よく「ゆうしょうむしょう」「ゆうぞうむぞう」と読み間違える人が多いので、気をつけましょう。

「有象無象」の意味は2つあります。1つは「たくさん集まった、取るに足らない人達」で、相手にする必要のないくだらない人々の集団を意味します。

2つ目の意味は、仏教用語の「有相無相」と同じ意味で、「うそうむそう」と読みます。仏教の思想「姿形を持っている存在と、姿形によって特徴づけられた存在の本質」のことで、端的に表すと「現象と真理」です。

■ビジネス等で使う時の注意点

基本的にビジネスで「有象無象」を使うことはありません。「有象無象」は、相手を見下している時や皮肉で使う言葉ですので、誤解を招きかねません。仏教用語の意味で使うのであれば、「有相無相」を使いましょう。

どうしても「有象無象」をビジネスシーンで使いたい場合は、自分を謙遜して「有象無象にならないように気をつけます」といった形で表現するなど、TPOをわきまえて使いましょう。

使い⽅を例⽂でチェック

それでは、「有象無象」の使い方を例文で確認しましょう。

有象無象

1:「私は有象無象からの誹謗中傷に、屈しない」

基本的に「有象無象」は、対象の相手を見下す時に使います。この例文は、相手を大したことのない、相手にする必要すらないことを表していますね。これは、SNSなどで不特定多数から誹謗中傷された時にも、使える言葉です。もちろん、SNSでの誹謗中傷は犯罪になりますので、絶対にしないようにしましょう。

2:「どの提案も、有象無象で目を引かない」

「有象無象」は、対象が人物以外にも使うことができます。この例文の場合は、提案がつまらないものばかりがたくさん集まり、目を引くものがなく、無駄な提案だったことがわかりますね。

そして、提案の数はそれなりにたくさんある場合に使います。1つや2つの提案では「有象無象」という表現は、使用できません。

3:「何かブームが起きると、有象無象の会社が蔓延る」

こちらの例文も、対象が人ではありません。取るに足りないつまらない会社ばかりが、たくさん現れることを、侮蔑している表現です。経営理念もなく、ただただブームに乗っかって、お店を出す会社が一過性に現れることを、軽蔑した表現です。

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある? 

「有象無象」の類語や言い換え表現を3つ紹介しますので、一緒に確認しましょう。

有象無象

1:「獣聚鳥散」

「獣聚鳥散」は、「じゅうしゅうちょうさん」と読みます。「聚」という字は、普段なかなか見かけませんが、「集まる」という意味です。元々中国の『漢書』の「主父偃伝」に書かれていた言葉で、「獣のように集まって、鳥のように散っていく」「統率が取れず規律もない集まり」という意味の四字熟語です。

この他に「行動が素早いこと」の例えとしても使われるため、「蜘蛛の子を散らすように逃げる」という言葉にニュアンスが近い表現かもしれませんね。

2:「森羅万象」

「森羅万象」は「しんらばんしょう」と読みます。「森羅万象」は、「緑生い茂る森」を意味する「森羅」と、「ありとあらゆるもの」を意味する「万象」という2つの言葉から成り立っています。この2つの熟語を繋げることで、「この宇宙に存在するすべての物や現象」という壮大なことを意味する四字熟語となりました。

科学的な言葉でもありますが、仏教では森羅万象を絵で表わしていて、それが曼荼羅です。「森羅万象」を使う時は、大きなものに対して使うか、小さなことと対比して使うことが一般的です。

3:「烏合の衆」

「烏合の衆」は「うごうのしゅう」と読みます。意味は「統率や規律、そして団結力のない寄せ集め集団」です。元々の出典は中国の「後漢書」の故事で、後漢初代皇帝である劉秀に仕えた武将耿弇の「烏合の衆など簡単に蹴散らすことができる」と話したと言われる一文から来ています。

英語表現とは? 

「有象無象」を英語で表現すると、どのような言い回しや単語になるのでしょう。3つ紹介しますので、見ていきましょう。

有象無象

1:「the ragtag and bobtail」

the ragtag and bobtail」は、「つまらない人々の集まり」という意味で、日本語の「有象無象」や「烏合の衆」の英訳として、使用されるスラングの1つです。「ragtag」は「ぼろくずの」という意味で、「bobtail」は「馬などの切られた尻尾の毛」を意味します。

2:「the rabble」

the rabble」は、「民衆・大衆」「下層階級」や「野次馬」という意味も含まれますが、「コントロール出来ないうるさい大勢の人」という意味でもあります。これらの色々な意味を踏まえて、「有象無象」の英語表現として、使うことができますね。

3:「the mob」

the mob」も文脈によっては、「有象無象」のニュアンスに近いので、使用することが可能です。意味は大きく2つあり、1つは「犯罪組織」で、もう1つは「群衆」です。「群衆」と言っても、「暴徒」に近い荒々しさを含んでいます。

最近は、一般人としてふるまっていたのに、突然集まって、踊ったり演奏したりする集団パフォーマンスを「flash mob」と言います。これは「群衆」という意味の「mob」です。

また、日本でゲームの雑魚キャラやキャラクター設定や個別のキャラクターデザインされていない登場人物を「モブキャラ」と呼び、こちらも同じく「mob」から来ています。

最後に

「有象無象」という四字熟語について、紹介してきました。普段使わないことが多いので、知らなかったことも多かったのではないでしょうか。口語で使うよりは、文章で見かけることの方が多い「有象無象」。見かけた時には、読み方や由来を思い出し、人に説明できるくらいになっておきたいですね。

こちらの記事もおすすめ

「乾坤一擲」ってどんな意味? 読み方は? 由来・例⽂・類語・英語表現も解説
「朝令暮改」の意味は? ビジネスの注意点、使い方、類語、例文を交えて解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事