Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.06.02

知ってる!?【鉄は熱いうちに打て】のもつ2つの意味

「鉄は熱いうちに打て」とは「若いうちに鍛えるべきである」などの2つの意味を持つことわざです。今回は、「鉄は熱いうちに打て」の詳しい意味や由来、使い方、例文をご紹介します。類語や対義語も解説しているため、正しく言葉を理解したい方はぜひ参考にしてください。

Tags:

「鉄は熱いうちに打て」の基礎知識

「鉄は熱いうちに打て」ということわざの読み方は、「てつはあついうちにうて」です。この言葉は、「タイミングが大事である」という意味で使われます。「鉄は熱いうちに叩け」と表現するのは誤りのため、間違って使わないように注意しましょう。

 

はじめに、「鉄は熱いうちに打て」という表現の詳しい意味や語源・由来、使い方・例文などについて、それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

2つの意味を持つことわざ

【鉄(てつ)は熱いうちに打て】
《Strike while the iron is hot.》
鉄は、熱して軟らかいうちに鍛えよ。精神が柔軟で、吸収する力のある若いうちに鍛えるべきである、というたとえ。
物事は、関係者の熱意がある間に事を運ばないと、あとでは問題にされなくなるというたとえ。

(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

「鉄は熱いうちに打て」ということわざには、2つの意味があります。ひとつ目の意味は、「人は若いうちが柔軟性と伸びしろがあるため、その時期に鍛えるべきだ」という教えで、ふたつ目の意味は「物事は時期を逃さないように、関心や情熱があるうちに事を運ばないと成功しにくくなる」という教えです。

どちらの意味であっても、なにかをするためにはタイミングが重要だというニュアンスが込められています。

「鉄は熱いうちに打て」の語源・由来

「鉄は熱いうちに打て」ということわざの語源・由来となったものは、西欧のことわざだといわれています。英語には「Strike while the iron is hot.」という表現があり、これを日本語に訳したものが「鉄は熱いうちに打て」なのです。

日本でも、鍛冶屋で鉄を打つときは熱してから熱い状態で打たなければなりません。そのためこの言葉は日本で広まり、浸透したと考えられています。

現在は食器や刃物を鍛冶屋が鉄を使って手作りすることは少なくなったものの、今でもこの「鉄は熱いうちに打て」ということわざは人を激励するときなどに使われます。

ビジネスシーンでもよく使われる言葉

「鉄は熱いうちに打て」のことわざは、ビジネスシーンでもよく使われる言葉です。ビジネスでは、事業の拡大や取引先との契約など、タイミングが大切なシーンが数多く存在します。

ビジネスの鉄則のように使われている言葉でもあり、もう少し様子を見たいという及び腰の相手に対して「このプロジェクトは今進めるべきなんです」と伝えたい場合などに使う表現です。また、新入社員たちがくじけそうなときに、成長するためのチャンスは今だから頑張ろうと激励するときにも使うことができるでしょう。

「鉄は熱いうちに打て」の使い方・例文

「鉄は熱いうちに打て」の例文を見て、使い方を理解していきましょう。

先述のとおり、成功のためにはタイミングが大事だと表現したいときに「鉄は熱いうちに打て」ということわざが使われます。若いうち、もしくは関心や情熱があるうちが重要なタイミングだと伝えるもので、激励するときなどに使われます。それを踏まえて、以下に例文をご紹介します。

・商談がまとまったか。【鉄は熱いうちに打て】というから、良いムードのうちに提携の話を詳しく決めていくように。
・このプロジェクトで決定したからには、【鉄は熱いうちに打て】の精神でどんどん進めていきましょう。

「鉄は熱いうちに打て」の類義語と対義語

ひとつの言葉だけではなく関連する言葉もあわせて覚えることで、表現力をアップすることができます。「鉄は熱いうちに打て」と言い換えられる類語と反対の意味を持つ対義語は、以下のとおりです。

【鉄は熱いうちに打ての類語】
「善は急げ」「好機逸すべからず」「老い木は曲がらぬ」「鉄は熱いうちに鍛えよ」「思い立ったが吉日」

【鉄は熱いうちに打ての対義語】
「果報は寝て待て」「五十の手習い」

「鉄は熱いうちに打て」と言い換えが可能な類語と対義語について、一緒にチェックしていきましょう。

「鉄は熱いうちに打て」の言い換え可能な類義語

「鉄は熱いうちに打て」と言い換えができる類義語の例とその意味は以下のとおりです。

【類義語1】善は急げ

良いことは躊躇しないで、すぐ実行すべきだということ。

【類義語2】好機逸すべからず

チャンスをふいにしてしまってはいけない。絶対チャンスを逃してはならないということ。

【類義語3】老い木は曲がらぬ

老いた木は柔軟性がなく曲がらなくなっていること。なにかを教えるなら若いときにするべきであること。

言い換えの際には、自分が伝えたい内容と同じような意味になるように類語を選びましょう。

「思い立ったが吉日」との違いとは?

「鉄は熱いうちに打て」の類義語のひとつに、「思い立ったが吉日」があります。「思い立ったが吉日」とは、「物事を思い立ったらその日が吉日だと思い、すぐに始めたほうが良いこと」という意味の表現です。先延ばしにしないようにと、行動を促すときなどに使えます。

「思い立ったが吉日」と「鉄は熱いうちに打て」との違いとは、アクションする時期の違いです。どちらもタイミングを重視する表現ではあります。

しかし、「思い立ったが吉日」は「今すぐ始めるべき」という表現で、「物事には良いタイミングがある」というニュアンスがある「鉄は熱いうちに打て」とは少し異なる点に注意しましょう。

「鉄は熱いうちに打て」の対義語

「鉄は熱いうちに打て」の逆の意味がある対義語の例とその意味は以下のとおりです。

【対義語1】果報は寝て待て

焦らずに幸福の訪れる時機を待てということわざ。

【対義語2】五十の手習い

学問や習い事をするのに年齢制限はなく、たとえ晩年にはじめても遅すぎることはないということわざ。

「果報は寝て待て」ということわざは「鉄は熱いうちに打て」の真逆だといえます。また、「五十の手習い」という言葉は人生五十年の時代に作られたもののため、現代考えるよりも遅い印象で使われていたと考えられるでしょう。

まとめ

「鉄は熱いうちに打て」ということわざには、柔軟性と伸びしろがある若いうちに鍛えようという教えと、物事は時期を逃さないようにしないと成功しにくいという教えがあります。ビジネスの鉄則のように使われている言葉でもあり、なにかあったときに激励する意味などで使われています。ほかの言葉に言い換える場合には、「思い立ったが吉日」や「善は急げ」などの類語を使って表現しましょう。

鉄は熱いうちに打て

言葉が持っている意味や語源、使い方、類語などをしっかりとチェックして、さまざまな言葉を正しく使えるようになりましょう。

こちらの記事もおすすめ

「急がば回れ」の意味とは? 語源や使い方、類語・対義語・英語表現を紹介
鉄分を含む野菜って?鉄分を補うためにおすすめのレシピ

写真・イラスト/(C) Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事