Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.06.05

「瓜二つ」の正しい意味知ってる? 使い方、例文、類語や英語表現も解説

「瓜二つ」とは、「親子やきょうだいなどの見た目がそっくりなこと」のたとえ。見聞きすることの多い表現ですが、使う対象が限られているので注意が必要です。「瓜二つ」の意味や使い方から、類語、英語表現まで解説します。

Tags:

「瓜二つ」とは?

「瓜二つ」とは聞き慣れた表現ですが、正しい意味を知っていますか? ここではまず、「瓜二つ」の意味や由来を解説していきます。

読み⽅と意味

「瓜二つ」は「うりふたつ」と読みます。意味を辞書で見てみると下記の通りです。

縦に二つに割った瓜のように、親子・兄弟などの顔かたちがよく似ていることのたとえ。(<小学館デジタル大辞泉>より)

辞書にある通り、「瓜二つ」とは、「親子やきょうだいなどの見た目がそっくりなこと」を意味する言葉です。最近では「瓜二つ」を、物などに対して使うこともありますが、「瓜二つ」は、人に対して使います。「A社の商品と、B社の商品は瓜二つだ」と言っても意味は通じますが、本来の意味を考えると誤用となるので、注意しましょう。

瓜二つ意味使い方例文類語言い換え英語

由来

すでに説明した通り、「瓜二つ」の語源は、植物の瓜。瓜を縦に二つに割ると、切り口がとてもよく似ています。このことから、「親子や兄弟などの見た目がよく似ていること」という意味で「瓜二つ」という言葉ができたのだとか。

ちなみに、そのほかの植物にも切り口が似ているものがありますが、なぜ瓜が選ばれたのかは不明なのだそうです。

「瓜二つ」と「そっくり」の違い

「瓜二つ」と同じような意味を持つ言葉に「そっくり」があります。一見同じようですが、実は微妙な違いがあるので紹介しましょう。

まず、「瓜二つ」の意味は、さきほど説明した通り、「親子やきょうだいなどの容姿が似ていること」です。一方、「そっくり」の意味は、「とてもよく似ているさま」。「そっくり」は、顔や身長、体格などだけではなく、性格や性質、内容など、さまざまなものについて使えます。しかし「瓜二つ」は、見た目についてのみ使う言葉。使える対象が違うという点が、両者の違いといえるでしょう。

「瓜二つ」の使い⽅を例⽂でチェック

「瓜二つ」は実際にどのように使うのが適切なのでしょう。ここでは、「瓜二つ」を使った例文を紹介します。

1:「両親も見間違うほど、長男と次男は瓜二つだ」

「瓜二つ」をもっともよく使うのは、きょうだいに対してではないでしょうか。双子ではないのに、兄弟・姉妹の顔や体形がよく似ていることは珍しくありません。そうした際に使える表現です。

2:「母親と私はよく瓜二つと言われる」

瓜二つ意味使い方例文類語言い換え英語

「瓜二つ」は、親子などに対しても使えます。ちなみに、この例文は「瓜二つ」を使っていますので、性格などではなく、見た目が似ていることがわかりますね。

3:「友人はお姉さんと瓜二つで、昨日間違えて話しかけてしまった」

街を歩いているときに、知り合いとよく似ている人に出くわすことがありますよね。そうしたシーンでも「瓜二つ」はぴったりの表現です。ただし、この例文のように、「瓜二つ」を使う場合には、血縁関係にある2人に対して使うようにしましょう。

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?

続いて、「瓜二つ」の類義語を見ていきましょう。「瓜二つ」を他の言葉に言い換える場合には、「瓜を二つに割ったよう」「生写し」「他人の空似」などの表現が挙げられます。それぞれの意味を解説しますので、チェックしてみてください。

1:瓜を二つに割ったよう

「瓜を二つに割ったよう」は、「瓜二つ」と同じ意味の言葉です。あらためて説明すると、「親子や兄弟などの顔かたちがよく似ていること」のたとえ。なお、「瓜を二つに割ったよう」は、「瓜を二つに割りたる如し」という表現にしても、同じ意味で使えます。

例文:友だちの旦那さんと娘さんは、瓜を二つに割ったようだ

2:生写し

「生写し」は、「いきうつし」と読みます意味は二つあり、「生きているものの姿をそのまま写しとること」と、「外見や態度などがとてもよく似ていること」。後者の意味が「瓜二つ」と同じような意味になりますので、類語として使えるでしょう。ただし、「生き写し」は、「瓜二つ」と違い、外見以外にも使えるので、より汎用性が高い言葉といえます。

例文:妹の神経質な性格は、母親の生写しだ

3:他人の空似

「他人の空似」の読み方は「たにんのそらに」意味は「血縁関係がないのに、顔つきなどがとてもよく似ていること」です。単に「空似」と言うこともできます。見た目などが非常によく似ているという点では「瓜二つ」と同じですが、「他人の空似」は血縁関係がない他人同士がよく似ている際に使う言葉です。

例文:最近入社してきた社員は、私の親友に顔がとてもよく似ていてびっくりした。他人の空似とはこのことだ

対義語にはどのようなものがある?

「瓜二つ」の対義語には何があるのでしょうか。一つひとつ見ていきましょう。

1:似ても似つかない

「似ても似つかない」とは、「まったく似ていない」という意味です。この慣用句は、人に対してはもちろん、商品や景色などさまざまなものに対して使えます。「瓜二つ」は、「見た目がよく似ている」という意味ですので、対義語としてぴったりです。

2:雲泥の差

「雲泥の差」は、「うんでいのさ」と読みます。意味は「大きな隔たり」「大きな差」。二つのものを比べて、その両者の差が非常に大きいことを指す表現です。「見た目がよく似ている」という意味の「瓜二つ」をそのまま反対にした言葉ではありませんが、使いようによっては、「瓜二つ」の対義語となるでしょう。

「瓜二つ」の英語表現は?

では、「瓜二つ」の英語表現を見ていきます。

1: two peas in a pod

「瓜二つ」の英語表現としてぴったりなのが「two peas in a pod」です。「pea」は「エンドウ豆」のこと。「pod」はエンドウ豆の「さや」のことです。「two peas in a pod」という表現を直訳すると「1つのさやの中の2つのエンドウ豆」という意味になります。

文章で言いたい場合には、「〜のようだ」という「like」と合わせて、「They are like two peas in a pod.(彼らは瓜二つだ)」という表現がよいでしょう

2:carbon copy

「carbon copy」は、「カーボン紙による写し」のことで、「生写し」や「瓜二つ」という意味でも使える英語です。「She’s a carbon copy of her mother.(彼女は母親に瓜二つだ)」などと使いましょう。

最後に

「親子や兄弟などの見た目がそっくりなこと」を意味する「瓜二つ」。性格や状態、内容など、見た目以外についても、「瓜二つ」を使っていた方もいるのではないでしょうか。これを機会に、言葉の意味を覚えて、正しく使えるようにしましょう。

あわせて読みたい

「若干」ってどれくらい? 使い方や類語、弱冠との違い、英語表現を解説
「瓢箪」の意味や縁起とは? 食べ方、瓢箪から駒・千成瓢箪の意味なども解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事