「子育て」「夫婦関係」「嫁姑問題」ゆるっと4コマに共感の嵐!〜ワーママあるある劇場〜まとめ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE子育て

2019.06.22

「子育て」「夫婦関係」「嫁姑問題」ゆるっと4コマに共感の嵐!〜ワーママあるある劇場〜まとめ

働くママなら共感の嵐!「#ワーママあるある」エピソードを、自身の子育てエピソードをゆるかわいいイラストで綴るインスタグラムで話題のイラストレーター・紙中トモリさんが4コマ漫画化。思わず「分かる〜!」と叫びたくなる作品をピックアップしました。2020.05.14更新

Tags:

イラストレーター・紙中トモリさんがゆるかわ4コマ漫画で綴る「#ワーママあるある」

1:イヤイヤ期の朝を平和に乗り切る!登園前の”お着替え闘争”に目からウロコの作戦!?

登園前の朝は時間がなくバタバタ…!おまけに子どもがイヤイヤ期真っ盛りだと、特に嫌がる「お着替え」を済ませるのに一苦労。そんな毎朝を快適に対処しているママの作戦は、「着替えたくないなら、着替えなくてもいいようにすればいい!」という逆転の発想。イヤイヤ期の子どもを持つママ必見です!

詳しくは
▶︎イヤイヤ期の子どもの「着替えたくない!」攻撃を上手に回避するために…?

2:使えないのに!かわいいから買ってしまう、そしてタンスの肥やしに…

保育園での子どもの服装って、想像以上に「着て行ってはいけないもの」の制限が多くてびっくりしたママも多いのでは。園によっても様々ですが、子ども服選びはそんなルールに縛られてしまう…。しかし!あまりの可愛さについつい買ってしまう”アレ”がいつのまにか増えている、というママの声に反響が続出!

詳しくは
▶︎ダメだダメだとは分かっていても、ついつい増えちゃうんです、アレが…!

3:「子育て中に私がいちばん絶望した瞬間」思わず時間を巻き戻したくなる絶望、味わったことありませんか?

突然の子どもの病気やけが、家事での思いがけない失敗、忙しさのあまり自分の思うようにいかないこともあって、子育てライフの中で平穏に過ぎ行く日はなかなか無いもの…。そんなハプニング連続の日々のなかで、あるママが特に絶望した瞬間がこちら。思わず泣きたくなる失敗も、多くのママのあるあるなんです!

詳しくは
▶︎ハプニングばかりの子育てライフ、私がいちばん絶望した瞬間はコレ…!

4:「助かるけど腑に落ちない!」夫の何気ないひとことでイライラが爆発…!

子どもが生まれてからの”夫婦関係の軋み”はどの家庭にもある問題。なかでも家事については様々な論争が巻き起こるけれど、それって男女間の”当事者意識の差”が原因かも…?珍しく食器を洗ってくれた夫に驚きと嬉しさを感じたママ。しかし、次の瞬間夫が放った悪気のないひとことに、ふつふつと怒りが…!根深い男女間の意識格差に多くのママが「あるある〜!」と叫びたくなるのでは。

詳しくは
▶︎めずらしくお皿を洗ってくれた、と思ったら…。夫の一言にいらつきMAX!

5:義母からの贈り物に”ゾワゾワ”?嫁姑問題はいつの世もデリケートだ

「嫁姑問題」もエピソードの尽きない永遠のトピックス。こちらのママは、義母から一方的に届く”ばぁば宅急便”にお悩み中。女の子の孫が欲しかった義母は張り切って可愛らしいお洋服をたくさん贈ってくれるけど、正直娘にはあまり似合わない…。でも、悪気のないお義母さまには絶対にそんなこと言えない。言いたいことを言い合えるベストな嫁姑関係って難しい!

詳しくは
▶︎悪気はないとは分かっていても、義母からの宅急便に「ゾワゾワ」!

6:「これじゃなきゃイヤ!」子どもの服への”謎のこだわり”は理屈じゃ解決できなかった!

子どもが3〜4歳になると増えてくる現象のなかでも、特に女の子に多いのが「服へのこだわり」。自我が芽生え始めたことを微笑ましく感じつつも、お気に入りの服が洗濯中だとあわや大惨事、朝のドタバタを加速することに…!そこで採用するのは、”世界的に有名なあの人”に倣った、効率的で賢い方法だった!子どものこだわりに無理に抗わない、親子がお互いに楽しく過ごせる方法に思わず「なるほど〜」と真似したくなります。

詳しくは
▶︎「絶対にあれじゃなきゃいや!」子どもの服への謎なこだわりをやりすごす方法とは…!

7:プライバシーの侵害レベル…義母の行動に愕然!

子どもの発熱という突然の非常事態、仕事を休めない状況に協力してくれるのはありがたいことだけど、”それはやりすぎですよ、お義母さん”なエピソード。忙しいだろうから…と思ってしてくれたのかもしれませんが、一定の距離感は保ってもらいたいものです。

詳しくは
義母に病気の子どもの看病をお願いしたら・・・帰って来たら思いがけない事態に!

8:もっと早く気づけばよかった…(泣)子どもイベントの持ち物リスト

事前にしっかり準備を整えておくことって大切ですが、つい忘れてしまったり見落としてしまうことも。特に働くママは毎日家事・育児・お仕事などバタバタの日々。ハプニングを最小限にするために、余裕をもって確認するよう心がけていきたいと思っていても起こってしまうのが育児なんです。

詳しくは
意外な落とし穴がたくさん!! 保育園のイベント前はバタバタの連続!

9:心配なら自分で動いて!忙しママのホンネ炸裂

24時間365日あれやこれやと目まぐるしい毎日の中、ただでさえいっぱいいっぱいなのに、口だけ達者で動かない夫…初めての子育てで子どものことが心配なのはわかりますが、人に言う前に自分でどうにかするという意識を持ってほしい!そんな叫びがママたちの心の中で沸々と湧き上がっているようです。

詳しくは
たまには自分で調べてくれ…心配性の割にはママ任せの夫に振り回されっぱなし

10:その手があったか!良いと思った「リモートワークwith子ども作戦」の悲しい結末

コロナウイルスによる緊急事態宣言、外出自粛に続き、今後どうなるか気になっていたところにやってきた登園自粛発令。子どもが近くにいる環境でのリモートワーク、どうすれば?そこで考えた作戦は??これで一安心。と思いきや、そう簡単には行きませんでした…

詳しくは
ついにきた!「保育園自粛要請」に共働き夫婦がとった子どものための悲策とは!?

11:ママは悲しいです!子どもたちにとってのヒーローはパパだった。

登園自粛によりスタートしたリモートワークと育児・家事の同時進行。ママだって仕事があるのに、自分だけ仕事に集中するパパ。たまには手伝ってほしい…という気持ちを抱えながら奮闘する中、子どもたちの反応に涙ぽろり。ママも労わってくださいませ子どもたち!

詳しくは
ちょっと待った! 〝育てのママ〟より〝レアキャラパパ〟がモテる謎…

あなたの「ワーママあるある」エピソード、お待ちしております!

みなさんの楽しいエピソード、大変だけど共感しかないエピソード、よかったら教えてもらえませんか? ご自身もワーママであるイラストレーター・紙中トモリさんが、ほっこりかわいいイラストで4コマ漫画化してくれるかも・・・!? みなさまのご応募をお待ちしております♡

イラストレーター

紙中トモリ

イラストレーター。ファッション誌、カタログ、イベントパンフレットなど幅広く活躍。アーティストのCDや映画などのロゴデザインや、企業のwebデザインなども手がける。1児の女の子のママ。自身の”子育てエピソード”をゆるかわいいイラストで綴る、インスタグラム@keroyondialyが人気。

イラスト/紙中トモリ

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事