人を褒めることで職場の関係を良好に!相手をうまく褒めるポイントやタイミングとは | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2020.09.27

人を褒めることで職場の関係を良好に!相手をうまく褒めるポイントやタイミングとは

部下を上手に褒めると職場の人間関係がよくなったり、仕事へのモチベーションが上がったりする効果が期待できます。しかし褒めるタイミングやポイントを間違えると逆効果になることもあり注意が必要です。相手を褒めるコツと注意点を紹介します。

Tags:

【目次】
相手を褒めることが大事な理由
上手に相手を褒めるコツとは?
褒めるタイミングは?
褒めるときに注意したいポイント

相手を褒めることが大事な理由

上司が部下を褒めることは、職場のコミュニケーションを良好に保つ手段の一つといわれています。あなたが上司や先輩の立場にあるのなら、部下や後輩を積極的に褒めて、やる気を引き出しましょう。相手を褒めることが大事な理由を紹介します。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意

(C)Shutterstock.com

関係性が良好になる

褒めるという行為は、主に相手に抱いている「プラスの感情」を本人に伝えること。人は他人から何かをされたときに返報しようと思うことがあります。例えばおいしいお菓子をもらったときや、ピンチを救ってもらったときなど、相手に好意を感じ「いつかお返しをしたい」「相手の役に立ちたい」と感じたときなどのことです。これらと同じように、他人から褒められたときも、褒めてくれた人に対して好意的な感情が芽生えます。あなたが褒めることで部下や後輩に「褒めてくれた人の期待に応えたい」「自分も誰かを褒めたい」といった「返報性」がうまれることによって、職場の人間関係を良好に保ちやすくなるのです。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意人間関係が面倒くさいと思ったとき|ストレスを溜めずに過ごすには

モチベーションアップにつながる

「承認欲求」という言葉があるように、人は本能的に他人に認めてもらいたいと思うもの。そして承認欲求が満たされると「もっと上を目指したい」という「自己実現欲求」になります。頑張っているのに誰にも注目されない状態では、承認欲求が満たされず、なかなか上を目指そうという気持ちになれません。無気力になったり、逆に焦ってミスをしたりしてしまう可能性もあります。上司や先輩であるあなたが褒めることで、相手の承認欲求が満たされ、仕事へのモチベーションアップにつながります。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意心理カウンセラーに聞く!どうしたら自分のこと好きになれる?【働く女性の質問箱】

上手に相手を褒めるコツとは?

褒めることが大切なのは分かっていても、どのように褒めればよいのか分からない人も多いのではないでしょうか。なんとなく褒めているだけでは、相手に気持ちは伝わりません。上手に褒めるコツを見ていきましょう。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意

(C)Shutterstock.com

具体的な言葉で褒める

褒めるときは、相手の素晴らしい点について、具体的に触れるようにしましょう。ただ単に「あなたは仕事ができるね」などと言っても、同じように仕事ができる人との差が分かりません。相手に「お世辞なのでは」「他の人にも同じことを言っているのでは」と思われる可能性もあります。「電話の応対が素晴らしい」「企画書のこの部分がよくできている」のように、相手のどのような部分が優れていると感じたのかを具体的に褒めれば相手も受け入れやすくなります。相手の仕事ぶりをきちんと見ていることが伝わるように褒めるのがコツです。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意会話中に話のネタに困ったことはある?100人に聞いたオススメ&避けるべき話のネタ・臨床心理士の解説も紹介

自分の気持ちを加える

褒め上手な人は、自分の気持ちをさりげなく加えています。「えらい!」や「すごい!」といった、端的な言葉を連発するよりも「あなたが一生懸命頑張ってくれるから、私もうれしい」と言う方が、相手の心にストレートに届きやすいようです。また、しっかりと話を聞くだけでもその行動が相手に伝わります。そこに褒めの要素をプラスすると、さらにこちらの思いが伝わり認めているということを態度で示すことができるのです。仕事の報告などを聞くときは、相手の目を見て相づちをうちながら、あなたが感心した内容について素直に伝えましょう。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意【心理カウンセラー監修】「負けず嫌い」な人の長所・短所って?上手に付き合うにはどうしたらいい?

見過ごされやすい部分にも注目

本人や周りの人がごく自然に受け入れている部分を褒めることも大切なポイント。しかし、それよりも本人が気付いていない点や、周りが注目していない点を取り上げて褒める方が、相手の印象に残りやすくなります。例えば「締め切りに遅れたことがない」「デスクが整然としている」などは、本人にとっては当たり前のことかもしれません。しかし仕事をスムーズに進めるために、必要なポイントであることは確かです。仕事で目立った成果を上げていなくても、普段の心がけ態度を褒めれば相手は自信が付いて、モチベーションが高まります。このように、本人も周囲も見過ごしやすい部分に注目することも、上手に褒めるコツです。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意【心理カウンセラー監修】素直な人ってどんな人?素直になりたいときにできることは?

褒めるタイミングは?

褒める効果を最大限に引き出すためには、タイミングやシチュエーションにも気を配る必要があります。いつ、どのような場で褒めればよいのかを具体的に見ていきましょう。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意

(C)Shutterstock.com

成果の直後が伝わりやすい

褒めるタイミングは、相手が成果を上げた直後の鮮度が高いときがポイントです。職場では毎日顔を合わせる間柄なのに、何日も経ってから「この前の仕事は素晴らしかったよ」などと言っても、相手は何のことか分かりません。例えば営業職なら、仕事を受注したとき。すぐに成果が出ない仕事の場合は「こんなに大量のデータを短時間で集められてすごい」などのように、仕事を進める姿勢や過程を褒めましょう。資料や報告書がよくできていたとき、難しい案件をクリアしたとき、新しい発見をしたときなど、成果を感じたタイミングで伝えるとより相手にもしっかりとこちらの思いが伝わりやすくなります。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意心理カウンセラー監修!「労いの言葉」どんなのがある?日常生活で使えるパターン例も紹介

人前で褒めるべき?

人前で褒めるべきかどうかは、部下の性格や部署の人間関係、褒める内容によるため一概にはいえません。人前で褒めるのは、本人がより誇らしさを感じる他に、見ている周りの人たちが、自分も負けずに頑張ろうという気持ちを促すきっかけにもなります。

ただし相手が注目されるのを嫌がる人の場合は、人前で褒めるとかえって委縮してしまうかもしれません。部署の雰囲気によっては、ねたみやひがみの感情を持たれて、仕事がやりにくくなるケースも考えられます。このため、必ずしも人前で褒めるのがよいとばかりは言えないのです。1対1で褒める方が、あなたの気持ちを伝えやすいこともあるので、臨機応変に対応しましょう。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意褒め言葉をコミュニケーションにうまく取り入れよう!ビジネスでも使える”さしすせそ”とは?

褒めるときに注意したいポイント

一生懸命褒めているつもりなのに、相手に伝わらなかったり、逆に不信感を抱かれているかも…と感じたことがある人もいるのではないでしょうか。褒めるときに避けておきたい言葉など、注意したいポイントを紹介します。

人を褒める 大切 大事 褒め方 ポイント コツ 注意

(C)Shutterstock.com

他人と比べない

褒めるときに「○○さんよりすごいね」のように、他人と比べるような言い方をするのはNGです。そんな風に褒められても、相手は引き合いに出された○○さんに対して申し訳なく感じ、返答に困ってしまいます。もし部署の他のメンバーや当の○○さんにあなたの発言が伝われば、人間関係にも悪影響を及ぼします。相手が明らかに周囲より優れていたとしても、他人をおとしめるような褒め方は避けた方が無難です。その人自身の成果や頑張りにスポットを当てて、シンプルに褒めましょう。

おおげさな表現は避ける

褒めることを意識するあまりに、表現がおおげさになるのも注意が必要です。普段の仕事ぶりを褒めるだけなのに、ビジネス界のカリスマ的な人物の名前を出したり「えらい、えらすぎる」のような言葉を言い続けたりするようでは、相手も周りもしらけてしまいます。また、部下のやることに対して、何でも褒めればよいというものでもありません。「前回の失敗を教訓に今回は成果を上げた」のように、部下の成長ぶりをしっかりと把握したうえで褒めた方が相手に伝わります。「口先だけ」「上辺だけ」な人と思われないようにオーバーな表現には注意しましょう。

外見などを褒めるのは控えて

初対面の人や取引先の人と話すとき、話題作りをかねて容姿や服装、持ち物などを褒めることはコミュニケーションあるあるですが、毎日顔を合わせている部下や後輩に対して、仕事とは結び付かない部分を褒めても喜ばれません。それどころか「他に褒めるポイントがないのかな」などと思われてしまう可能性もあります。昨今はハラスメントの問題もありますので、仕事上において本人の努力のもと手に入れた成果や、真摯に仕事に取り組んでいる姿を評価しましょう。

あわせて読みたい
医学博士に聞く!仕事・恋愛・勉強で悩む人への励ましの言葉とは?励ますときの注意点は?
魅力的な女性の特徴!顔やスタイルだけじゃない重要な条件まとめ

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事