読めそうで読めない!【竹篦返し】 この漢字なんと読む? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2020.09.01

読めそうで読めない!【竹篦返し】 この漢字なんと読む?

読めそうだけど読めない漢字をおさらい!「親子で学べる漢字クイズ」連載、本日のお題は【竹篦返し】。

Tags:

【竹篦返し】正しい読み方とは

なんだか難しい言葉のような気がしますが、【竹篦返し】の読み方を知っていますか?

ヒントは、小さい頃やったことがある人もいると思うのですが、「じゃんけん」や「あっち向いてほい」のような遊びに似た、【竹篦】という言葉を使った遊びがあります。

手首や腕にペチン!と音を立てて友達同士で遊んだ経験、ありませんか?

その、とある動作がわかれば【竹篦返し】の【竹篦】の読み方が分かるはず!

【竹篦返し】の読み方とは??

漢字クイズ 問題 竹箆返し しっぺがえし 正しい 読み方

正解は…

 

【しっぺがえし】

でした!

【竹篦返し:しっぺ‐がえし】
「しっぺいがえし」の音変化。
(例)「甘くみると手痛い―を食う」

「しっぺいがえし」の音変化から【しっぺがえし】となったようです。詳しい意味はこちら!

【竹篦返し:しっぺい‐がえし】
《竹篦で打たれたのを、打ち返す意から》
すぐに仕返しをすること。しっぺがえし。

漢字クイズ 問題 竹箆返し しっぺがえし 正しい 読み方

ところで、【竹篦】って何のこと?

「しっぺがえし」という読み方が分かりましたが、【竹篦】って?と気になった人もいるのではないでしょうか。【竹篦】にある2つの意味を紹介します。

【竹篦:しっ‐ぺい】
1.禅宗で、師家が参禅者の指導に用いる法具。長さ60センチ~1メートル、幅3センチほどの、割り竹で作った弓状の棒。
2.片手の人さし指と中指とをそろえて相手の手首を打つこと。しっぺ。

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

お寺で座禅を組んだ時に使われる、あの長い法具の事を【竹篦】と言うようです。他にも、相手の手首を打つ動作のことという意味も。気づいた人もいるかもしれませんが、冒頭にあった内容は「シッペ・デコピン・ババチョップ」からのヒントだったのです!

漢字クイズ 問題 竹箆返し しっぺがえし 正しい 読み方

あわせて読みたい
【弁える】この漢字なんと読む? 「弁」には「べん」以外にも意外な読み方が…
【態と】の正しい読み方は!?「たいと」ではないんです!

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事