働く女子100人に質問!「スキルアップ」をしたいと思う?その理由とワークライフバランスのプロに聞いた指南術も紹介 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.10.18

働く女子100人に質問!「スキルアップ」をしたいと思う?その理由とワークライフバランスのプロに聞いた指南術も紹介

皆さんは自分を高めるために何かしていますか?「スキルアップ」を頑張っている人は、具体的に何をしているのでしょうか。また、パートナーコンサルタントから「スキルアップ」の進め方もお聞きしたので必見です!

スキルアップとは?そのメリットについても解説

「スキルアップ」=腕前を上げること。技術力を高めること。(『大辞泉』(小学館刊))

スキルアップは自分の可能性や才能を開花させる手段、とも言われますが、実際にはどうなんでしょうか?

【質問】あなたは日頃スキルアップのために何かしていますか?

日頃スキルアップのために何か「している人」は22%、「していない人」は78%となりました。約2割程度しかスキルアップのために何かしている人はいませんでした。

 スキルアップ「はい」…22%
「いいえ」…78%

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

スキルアップを図ろうと思ったきっかけや理由とは?

1番多かった回答は「仕事のため」でした。専門性が必要だったり、日々進歩していく職場では情報収集が必須のよう。そのほかにも「資格」を取るのが好きな人や「学ぶことが好き」など、スキルアップというよりは、その行為が好きという人も。

仕事のため

・業務の専門性を身に着けたかったから。その分野を勉強すれば、会社の中で昇進する可能性が高かったので (30代・長野県・子ども1人)
・今よりも業務の理解を深めたいから。仕事をしていくうちに、自分の興味も湧いてきたので、一石二鳥かなと思ったので (30代・東京都・子ども1人)
・医療業界は日々新しいことが増えるから、日々勉強をしていないとついていかれない。結果患者さんのためにも、自分のためにもなるので苦ではない (30代・愛媛県・子ども1人)
・知識を増やしていくのは、仕事で信頼感を得ることにもつながるので。本やネットで情報をどんどん集めています (30代・埼玉県・子ども1人)
・副業をしたいと思ってるので、仕事と家事が終わった夜にひとりリビングで勉強しています (40代・愛知県・子ども1人)
・弁護士なので,日々勉強という感じです。同業に勉強熱心な方が非常に多いので、負けてはいられません。新しい知識を学生の時と変わらないくらい吸収しないとです (40代・大阪府・子ども1人)

 スキルアップ

仕事ができる人はここが違う!考え方と習慣次第であなたもできる人に

資格

・資格を取るのが楽しい。いわゆる資格マニアなので、新しい資格を見つけては取得しまくっている (40代・香川県・子ども2人)
・歳を取っても資格を取得したり、新しいものに挑戦していきたいと思っているので (30代・愛知県・子ども1人)
・資格を取るのが好き。同時期に2〜3個いっぺんに取得したこともあるくらい。結果、資格のおかげで今の仕事に就けたのでよかったです (40代・滋賀県・子ども1人)
・今更ですが英検取得に頑張っています。子どもに英語がある程度教えられるママになりたいと思って (30代・岐阜県・子ども1人)

将来のため

・将来を楽しく生きるためには勉強したりスキルアップすることが必要だと考えているから。知恵は武器になるので、知っていて損はないです (30代・神奈川県・子ども1人)
・家でヨガを始めました。 40歳を迎えて心身ともに衰えを感じるところですが、少しでもなりたい自分に近づきたかったからです (40代・栃木県・子ども3人)

学ぶことが好き

・学ぶことが好き (40代・東京都・子ども1人)
・勉強するのが楽しいから (30代・千葉県・子ども1人)

 スキルアップ

既婚女性100人に質問!人生設計で気になる点はある?ファイナンシャルプランナーの解説も紹介

老化防止

・このまま頭を使わなければ、ただ老化していくだけだから (40代・千葉県・子ども1人)

体力

・体力の衰えを感じ始めているので、これから100年時代を生き抜くためにスクワットを始めた (40代・埼玉県・子ども1人)

パソコン

・パソコンのスキルをあげられるように、土日のどちらかはパソコンの勉強をする (40代・愛知県・子ども3人)

時間がある

・子どもが生まれ時間にゆとりがある産休中になにかしたいと思ったから (30代・兵庫県・子ども1人)

【体験談】みんなが実践しているスキルアップを聞いてみよう

独学の人もたくさんいますが、スクールに通ったり、読書やメディアからの情報収集をする人も少なくありませんでした。

勉強

・HTMLの作り方の勉強 (40代・愛知県・子ども1人)
・資格の勉強、ニュースを読むこと、読書、お金の勉強、料理の勉強 (30代・神奈川県・子ども1人)
・資格取得のための勉強をしている (30代・長野県・子ども1人)
・日々勉強している (40代・香川県・子ども2人)
・時間を見つけて勉強している。 (40代・東京都・子ども2人)
・会社の自社商品の知識の勉強 (40代・神奈川県・子ども2人)

 スキルアップ

100人の体験談を調査!人生や仕事に使える資格は何だと思う?ファイナンシャルプランナーのおすすめも聞きました

外国語を学ぶ

・中国語の勉強 (40代・熊本県・子ども1人)
・英語の勉強 (40代・千葉県・子ども1人)

体力づくり

・家でヨガ (40代・栃木県・子ども3人)
・体力をつけるため筋トレ (40代・埼玉県・子ども1人)

読書

・書籍を読んで見聞を広げる (30代・埼玉県・子ども1人)
・業務に関係しそうな本を読み、周りに不明点を確認する (30代・東京都・子ども1人)

毎日少しでも触る

・少しでもパソコンに触れる時間を作る (40代・愛知県・子ども3人)
・色々なところでピアノ演奏 (30代・兵庫県・子ども1人)

メディアから

・テレビや本を読む (40代・東京都・子ども1人)
・ニュース、メディアからの情報収集 (30代・神奈川県・子ども1人)

わからないことはその日のうちに解決

・わからなかったことは必ずその日に解決するよう心掛ける (30代・兵庫県・子ども2人)

情報収集

・あまり大したことはできていませんが,意識的に色々な情報に目を通す,興味のあるジャンルだけでも最新の書籍を読む。これはという研修やセミナーに積極的に出る (40代・大阪府・子ども1人)

教室に通う

・料理教室に筋トレ、興味のあるものは一度教室に通う (40代・岐阜県・子ども2人)
 スキルアップ

初心者のためのオンライン英会話学習法…おすすめの基準は?【#できる女の落ちこぼれ英会話2】

パートナーコンサルタントが教える、スキルアップに必須な下準備とは

「〝スキルアップ〟とは自分に足りないものを埋める作業ではないでしょうか」と話すのは、パートナーコンサルタント・大塚万紀子さん。

スキルアップには2つの方法があると言います。ひとつ目は、他者との関わり合いながらのスキルアップ。コミュ力やプレゼン力など、相手の反応があってこそ技が磨かれるもの。ふたつ目は、自分の内を見つめるスキルアップ。例えばYOGAだったり、他者を断ち切って、自分の体や心に耳を傾けるものがあると思います。どちらも自分の可能性を刺激し、才能を伸ばしていくものだと思います」(大塚さん)。

スキルアップを成功させるために必須の条件を教えていただきました.

「スキルアップをすることばかりに目が行きがちですが、インプットする前にやるべきことがあります。それは〝タイムマネージメント〟です。いざ勉強を初めてもなかなか進まなかったり、始めたくても時間がないという人がすごく多く相談を受けます。まずは自分の1日の予定を書き出してみてください。そして午後2時くらいに朝からの予定が滞りなく進んでいるか振り返ります。また夕方にも振り返ります。振り返ることにより、時間のロスを発見できたり、時間の整理整頓ができます。このタイムマネージメントをし、スキルアップの時間を確保してから是非インプット作業を始めてみてくださいね 」(大塚さん)。

スキルアップの種は様々ですが、始める前の〝自分時間作り〟は誰しもが取り組むべきことかもしれません。

写真/(C)Shutterstock.com

あわせて読みたい
▶︎仕事ができる人はここが違う!考え方と習慣次第であなたもできる人に
▶︎〝華がある人〟の特徴・共通点とは?100人アンケートの結果と心理カウンセラーのアドバイスを紹介

 

 スキルアップ
株式会社ワーク・ライフバランス
取締役・パートナーコンサルタント
大塚万紀子

 

株式会社ワーク・ライフバランス取締役/創業メンバー/パートナーコンサルタント金沢工業大学KIT虎ノ門大学院客員教授イノベーションマネジメント研究科ワークライフマネジメント特論財団法人生涯学習開発財団認定コーチ

楽天を経て06年(株)ワーク・ライフバランスを小室淑恵とともに創業。高いコミュニケーション力やコーチングスキルを活かし売上利益に貢献する働き方改革コンサルティングの先駆者。心理学や組織論等をもとに多様性をイノベーションにつなげることが得意。経営者から”深層心理まで理解し寄り添いながらも背中を押してくれる良き伴走者”と厚い信頼を得る。農林水産省「食品産業戦略会議」委員(働き方改革分野担当)なども担当。二児の母。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事