100人に質問!自分は〝出不精〟だと思いますか? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2021.02.28

100人に質問!自分は〝出不精〟だと思いますか?

出かけるの面倒だなぁ、おうちにいるのが楽…なんて「出不精」になっていませんか?

【質問】あなたは自分のことを「出不精」だと思いますか?

「よく当てはまる」…13.3%
「当てはまる」…29.2%
「ほとんど当てはまらない」…27.5%
「当てはまらない」…30%

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

アンケート結果をみると、約4割の人が自分のことを出不精だと思っているようです。

気付いたらいつの間にか!? どうして「出不精」になる?

心理カウンセラー・吉野麻衣子さんに、どうして「出不精」になるのか伺いました。

「出掛ける事と、家にいる事を比較した時、家にいる方が自分にとって心地よいと思える。例えば『出かけるにはメークもしなきゃならないし、洋服も選ばなきゃならない。でも家にいるだけならノーメイクもOKだし、部屋着で過ごせて楽かも』と思うわけです。特に人間は『嫌な事から避けたい』『楽な方に流れたい』という心理がある為、外出か家にいるかと比較した際に、出掛けないという選択をすることも」(吉野さん)

では実際に「出不精な人」の本音を見てみましょう。

【体験談】〝出不精な人〟の本音とは?

家にいたい

「髪の毛がまとまらないなど何かしら不具合があると、それを理由にして外出や予定を取り止めて家にいたいと思ってしまう」 (30代・東京都)
「平日は仕事や家事にとフル回転なので、休日は用事がなければ一日パジャマで家に引きこもりたいから 」(30代・東京都)

ガーデニング、デジタル断捨離…100人に聞いた、これからの〝おうち時間〟でやってみたいこと

面倒くさい

「出かけるためにメイクをして、洋服選んで、1日分の家事を短時間で片付けて…と色々と面倒」 (30代・兵庫県)
「自分の支度に子どもの支度、そしてそれを手伝わない夫。だったら家で映画でも見ていたい 」(30代・石川県)

自分から誘わない

「誘うために連絡するのも、その連絡する内容を考えるのも、全てが連鎖になっていて自分からの誘いは皆無」 (40代・東京都)
「自分から友達に連絡したり、誘ったりするのが苦手」(30代・大阪府)

疲れる

「出かけるとすぐ疲れるので、誘われても面倒だなと思ったらすぐ断るようにしている」 (40代・沖縄県)

〝体力がつく〟効果的なトレーニングとは!? 専門家が教えるとっておきの方法

外出は最低限

「このコロナ禍で必要以上には外出したくないから 」(30代・栃木県)

心理カウンセラーが提案! 出不精を改善する方法

「人との出会いや、新しい知識などプラスになる刺激の多くは外の世界にあります。出不精でいるということは、考え方によってはに勿体ない時間を過ごしている可能性もあります。もし刺激を求めているのであれば、まずは自分自身の中にある出不精の原因を解決することが大切です」(吉野さん)

「些細なことで構わないので『外に楽しみを見つける』という事から、まず試してみてください。例えば、『出かけるのが面倒くさいのは、メイクをしなくてはならないから』だったら、『百貨店の化粧品コーナーで新しいメイクをしてもらう』などでもいいわけです。ほかにも『安売りのチラシを見つけて買いに行く』『ちょっとしたイベントなど、楽しそうな情報はないかネットなどでチェックしてみる』といった事から始めてみてもいいかもしれません」(吉野さん)

では実際に読者の皆さんが実践している、「出不精解消法」をチェックしていきましょう。

予定を入れる

「無理やり予定を作る。1日にいくつも詰め込みすぎると嫌になっちゃうので、ひとつから始めている」 (40代・埼玉県)
「前の日から外出計画を立てておく。その外出先に楽しみがあると、自分の気持ちを高める」 (40代・福岡県)

子どものため

「子どもが喜ぶからと、休日でも出掛けるようにしている。自分のためにはできないが、子どものためなら遠出も頑張れる」 (40代・神奈川県)
「子ども関係の集まりは苦手でも、子どものためだと思って参加するようにしている」 (40代・東京都)

夫婦で価値観の違いを感じること、3位は衛生面・2位は金銭面・1位は…!?

休日は外に出る

「休みの日は家事もお休みして、外に出てリフレッシュするようにしています。家事をしなくて良いという条件をつけたら、出不精が外出するようになった」 (40代・大阪府)
「午前中、出かけないと余計に出たくなくなるので、午前中に外出するようにしています」 (30代・京都府)

取材・文/福島孝代

写真/(C)Shutterstock.com

あわせた読みたい
▶︎ガーデニング、デジタル断捨離…100人に聞いた、これからの〝おうち時間〟でやってみたいこと
▶︎読書はどんな効果がある? 普段本を読まない人も読みたくなるメリット

画像ALT

心理カウンセラー

吉野麻衣子

「SMART BRIDAL」代表/MBA婚活心理カウンセラー/モデル「MBA(経営学)・心理学・AI・オンライン」を融合させた、科学的根拠(エビデンス)に基づいた、戦略的婚活が可能な結婚相談所を経営。43歳で14歳年下3高男子と再婚。MBAと心理カウンセラーの資格をもち、さまざまな企業で経営側に立って部下を指導した経験と、多くの婚活&キャリア指導の経験を活かし、多くの独身男女の婚活を支援中。
▶︎HP
▶︎ブログ(毎日更新中)
▶︎公式LINE
▶︎You Tube (3か月で結婚を目指すチャンネル)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事