なぜあまのじゃくになるの?その原因から行動や性格、性格の直し方まで解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.04.26

なぜあまのじゃくになるの?その原因から行動や性格、性格の直し方まで解説

あまのじゃくな人というと、「あえてほかの人とは違う言葉や態度を取る人」といった印象があるのではないでしょうか。こういった人は周りの人を振り回すため、実は苦手という人もいることでしょう。 また、自分があまのじゃくな性格だと自覚のある人のなかには、自分の性格を直したいと思う人も少なくありません。そこで本記事では、あまのじゃくな人の行動や恋愛スタイル、性格の直し方などをご紹介します。

Tags:

【目次】
 ・あまのじゃくとは本来どういう意味?
 ・なぜあまのじゃくな性格になるの?
 ・あまのじゃくな人の行動や性格とは
 ・あまのじゃくな人の恋愛スタイルとは
 ・あまのじゃくな性格を直すには?
 ・自分の性格を受け入れて少しずつ改善しよう

あまのじゃくとは本来どういう意味?

はじめに、あまのじゃくとは本来どういう意味なのかをご紹介します。

あまのじゃく 原因

(C)Shutterstock.com

■わざと他人と反対の言動をする人のこと

あまのじゃくとは「ひねくれた性格」のことを指し、あまのじゃくな人というと、「あえて人と違う意見を言ったり本心とは裏腹な態度を取ったりする人」のことをいいます。別の言葉では、つむじ曲がりやひねくれ者とも。対義語は、「素直」です。

■日本の昔話に出てくる妖怪が語源

あまのじゃくは漢字で「天邪鬼」と書きます。日本の昔話に出てくる「天邪鬼」という妖怪が語源です。昔話のなかで、天邪鬼は他人の心の中を読み取り、口まねなどのいたずらをして困らせる妖怪として描かれていますが、最後には人に滅ぼされてしまいます。

なぜあまのじゃくな性格になるの?

人はなぜ、あまのじゃくな性格になるのでしょうか?その生い立ちから探ってみましょう。

あまのじゃく 原因

(C)Shutterstock.com

■愛情の薄い家庭で育ったから

あまのじゃくな性格になる原因はいくつかありますが、そのひとつが愛情の薄い家庭で育ったこと。とくに幼少期は、性格形成に大きな影響をおよぼす大切な時期です。この時期に、親や周りの人に十分な愛情をもらえずに育つと、あまのじゃくな性格になる可能性が高まります。周りの人の愛情や注目が欲しくて、自分の本心とは裏腹な態度を取るようになるのです。

■成長過程で自己を否定されたから

成長過程で自己を否定された人もあまのじゃくな性格になり得ます。人は否定されると自己肯定感が低くなり、自分自身のことを素直に受け入れることが難しいのです。人から必要とされていないと感じ、次第にひねくれてあまのじゃくな性格になってしまいます。

また、親に意見を聞き入れてもらなかった人も自分の意見を否定されたように感じ、同じようにあまのじゃくな性格になる可能性が。このような経験が積み重なると、自分の本心を言っても無駄だと感じ、本心を素直に表現できなくなるのです。

あまのじゃくな人の行動や性格とは

あまのじゃくな人というと、ネガティヴなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。実際に、あまのじゃくな人はどのような行動や性格をしているのでしょう。ここでは、あまのじゃくな人の行動や性格をご紹介します。

あまのじゃく 原因

(C)Shutterstock.com

■あえて人と反対のことを言う

あまのじゃくな人の一番の特徴は、あえて人と反対の意見を言うことです。反対意見が自分の考えであればいいのですが、あまのじゃくな人はあえて反対のことを言って場を乱します。もし相手と同じ意見であっても、同意することはほとんどないでしょう。 また人に構ってもらいたいがため、あえて反対のことを言って、みんなが自分の意見を聞くように仕向けることもあるようです。

■人とつるまない

あまのじゃくな人は、人と馴れ合ってつるむことはほとんどありません。人と群れることを恥ずかしいとすら感じます。また、自分は人に煙たがられていると感じているあまのじゃくな人は、人から拒絶されるのが嫌なので、ひとりで行動することを好むようです。

■本心を他人に見せられない

あまのじゃくな人は、素直に人の意見を聞いたり自分の思いを人に伝えたりすることはほとんどありません。簡単に、自分の本心を他人には見せられないのです。周りの人からすると何を考えているのかわらないため、難しい人と思われるケースが多いでしょう。

■人よりもプライドが高い

プライドが高いのもあまのじゃくな人の特徴です。自分の意見を曲げることは、自分のプライドに反すること。そのため、相手の意見のほうが良いとわかっていても、プライドが邪魔をして反発することが多いでしょう。本心ではもっと素直になりたいと思っていても、自分のプライドのために意地悪なことを言ったり否定したりしてしまいます。

■他人に負けたくないと思っている

あまのじゃくな人は負けず嫌いなところがあり、人の意見に従うと負けたと感じます。とくに、自分より実力があったり人気があったりする人の意見を素直に認めることはほとんどありません。

他人の意見を認めることは、自分の負けを認めることでもあるのです。自分の弱さを見せることが嫌なため、人の意見を聞かず自分の立場を守ります。相手の言うことをバカにしてしまうこともあり、場合によっては不快に感じる人もいるのではないでしょうか。

■他人の注目を集めたい

あまのじゃくな人は単独行動を好みますが、実は、自分は個性的でほかの人とは違うと思われたいのです。そのため、あえてほかの人と違う意見を言い、まわりの注目を集めるように振る舞います。

あまのじゃくな人の恋愛スタイルとは

あまのじゃくな人は、恋愛スタイルも人とは異なります。ここでは、あまのじゃくな人の恋愛スタイルをご紹介しましょう。

あまのじゃく 原因

(C)Shutterstock.com

■愛情をなかなか信じることができない

あまのじゃくな人は自分が素直ではないため、他人の好意をそのまま信じることができません。過去に人に裏切られた経験のある人は、とくにその傾向が強いでしょう。好意を寄せてもらってもすぐには付き合うことができないため、チャンスを逃すこともしばしばです。

また、愛情を試すような言動をすることもよくあります。わざと意地悪を言ってみたりわがままを言って困らせたりして、相手の好意を試しているのです。子どもっぽいですが、このような意地悪な態度を取っても変わらずに好きでいてくれるかを試して、相手の愛情を信じることができてから交際がスタートします。

■愛情表現は少なめ

本心を伝えるのが苦手なあまのじゃくな人は、恋人にも愛情表現をほとんどしません。たとえ恋人であっても、自分から好意を見せたり「好き」と伝えるのは恥ずかしいことなのです。逆にあえて無関心を装って、相手の気持ちを引きたいと考える人もいます。

愛情表現が少ないので恋人は「本当に自分のことが好きなんだろうか」と不安になることも多いでしょう。手をつないでと頼んでも、あまのじゃくな人は本心ではつなぎたいのに、ついつい「いや」と言ってしまいます。

プライドが高いあまのじゃくな人にとって、恋心を見せるというのは弱みを見せるのと同じこと。弱みを見せたくないために、どうしても愛情表現は少なめになりがちです。

■記念日に特別なことはしない

愛情表現に乏しく、恋人とイチャイチャしたり手をつないでデートしたりすることを恥ずかしいと考えるあまのじゃくな人にとって、記念日を特別に祝うことはほとんどないでしょう。

そもそもあまのじゃくな人は「自分は周りとは違う」と思ってもらいたいという心理から、世間の風潮に流されるような振る舞いができないのです。恋人がバレンタインやクリスマス、交際記念日などのイベントを心待ちにしていても、一緒に楽しむことはありません。

このように、あまのじゃくな人は特別なことをしませんが、逆に相手が自分にも同じように無関心だと勝手に落ち込んだりすることも。あまのじゃくな人は愛情表現が苦手ですが、恋人のことを心から想ってはいるのです。そのため相手が示す無関心な態度に「自分のほうこそ、そんなに好かれていないかも」と傷つきます。

あまのじゃくな性格を直すには?

あまのじゃくな人のなかには、周りの人と同じように自分の気持ちを素直に表現したいと考える人もいます。そこでここでは、あまのじゃくな性格を直す方法を3つご紹介しましょう。長い間培われた性格は簡単には変わらないかもしれませんが、少しずつできるところからトライしてみてください。

あまのじゃく 原因

(C)Shutterstock.com

■他人の好意を信じてみる

まずは、他人の好意を信じてみることが大切です。あまのじゃくな人は基本的に疑い深い人が多く、素直に人の好意を信じることができません。しかし相手の好意を少しでも信じることができれば、ずっと相手との関係は良くなるはずです。

まずは一緒にいてくれる友達や恋人、家族の言葉を素直に聞いてみましょう。相手の好意を試すような言動は慎み、まずは信じてみるのです。相手を信じてみると相手からの反応も変わり、関係もグッと良くなるでしょう。

■言葉を発するときにひと呼吸置く

反射的に、相手の言葉に否定的な言葉を返したり意地悪な態度を取ったりする人は、何か言葉を発する前にひと呼吸置いてみましょう。 あまのじゃくな人は、会話を「でも」や「そうではなくて」といった否定的な言葉から始めがちです。そうした人は、最初に「でも」といった否定的な言葉を言わないと決めるだけでも違ってくるでしょう。

■ひとりの時間に感謝の言葉を練習する

あまのじゃくな人は、感謝の言葉を人に伝えるのが苦手です。ほとんどの人は「ありがとう」が言えない人と仲良くなりたいとは思わないでしょう。また、やってもらって当たり前という態度を取り続けると、人はどんどん離れていきます。あまのじゃくな性格を直したいなら、感謝の言葉を伝える練習をしてみましょう。

面と向かって言えない人は、まずはひとりの時間に「ありがとう」と言う練習をしてみるのも良いでしょう。「ありがとう」の言葉が直接的で、とても口にできないというのであれば別の言葉でもいいのです。「助かったよ」や「サンキュー」でも構いません。感謝の気持ちを相手に伝えることが大切なのです。

自分の性格を受け入れて少しずつ改善しよう

あまのじゃくな人は幼少期の経験などが原因で、素直に自分の気持ちを表現できません。本当は、自分の性格を直して、ほかの人のように素直になりたいと思っている人も多いはずです。 長い間に培われた性格を変えるには、時間がかかります。

まずは自分の性格を受け入れて、どこが悪いのか、どこを直せばいいのかを冷静に考えてみましょう。そのうえで、少しずつできるところから改善してみてください。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

「素直になりたい」と思ったことはある?既婚女性100人の体験談と臨床心理士の解説を紹介
【猜疑心】の強い人ってどんな人?扱いにくい・自己肯定感が低いなどと言われる理由は

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事