小学校の入学準備に必要なものは?身に付けておきたい習慣もチェック | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.03.13

小学校の入学準備に必要なものは?身に付けておきたい習慣もチェック

小学校入学は、子どもの大きな晴れ舞台。初めてのことで、入学式までに何を準備すればよいか分からない人も多いのではないでしょうか?小学校の入学準備に必要なものをご紹介します。

Tags:

【目次】
 ・入学準備はいつからすべき?
 ・お金の準備もしておこう
 ・当日までにそろえたい持ち物リスト
 ・入学式当日の準備もチェック
 ・入学までに身に付けておきたいこと

入学準備はいつからすべき?

小学校の入学準備には、思いのほか時間がかかるもの。必要なものが多く、人気のブランドやデザインの学用品は品薄になるケースも珍しくありません。直前にバタバタしないよう、早めに行動するのがおすすめです。

入学準備 小学校の入学準備

(C)Shutterstock.com

学校説明会の後にそろえよう

入学準備を始める時期は、「学校説明会」の後がおすすめです。学校説明会は「入学説明会」とも呼ばれ、参加すると小学校で使うものや学校のルールなどが分かります。学校説明会の開催時期は1~2月頃が一般的です。就学通知書とともに学校説明会の案内が自治体から届くので、指定の日時に入学予定の小学校へ行きましょう。

入学準備で必要なものには、学校ごとのルールがあります。体操服や上履きなど、学校の指定品をそろえる場合もあり、注意が必要です。また、前年度とルールが変わる可能性もあります。在校生の兄姉がいるママ友の話は参考程度にとどめ、新年度の情報を得てから買い出しするとよいでしょう。

さぁ大変!4月から子どもが小学一年生。入学準備、何が必要?【教えて!『小学一年生』編集部】

ランドセルは早めに購入を

大半のものは学校説明会の後にそろえますが、ランドセルは例外です。人気のランドセルは入学前年の夏頃に売り切れる場合もあり、ランドセルを買うための活動は「ラン活」とも呼ばれます。ランドセルにこだわりがあれば、早めに購入すると安心です。

ただし、小学校によってはランドセルの形や色に指定がある場合もあります。特に私立・国立の小学校では、ランドセルや通学カバンに指定のある学校が多いようです。小学校受験を考えている場合は、入学先の決定を待ってランドセルを買うことになるでしょう。

ラン活のピークは春から秋口です。ピークが過ぎると、ランドセルの値下げが始まります。デザインや機能にこだわりがなく価格重視であるならば、肌寒くなる季節まで購入を待つのも1つの手です。

おしゃれママからの指名率No.1! ”土屋鞄製造所”のランドセルがやっぱりおしゃれで大人も欲しくなるかわいさだった!~2020ラン活事情Vol.08~ 

お金の準備もしておこう

小学校への入学前には、買うものが多くあります。ランドセルのように「卒業まで使い続けること」を前提としたものもあるため、まとまったお金が必要です。

入学準備 小学校の入学準備

(C)Shutterstock.com

入学準備金の目安は?

約4万円のランドセルを購入した場合、小学校の入学準備金の目安は約6万円といわれています。文房具やバッグ類、体操服に上履き、防災頭巾などが約2万円で、合計すると約6万円の計算です。これらは入学式の日に持参するように指示されることも多いので、入学前に準備しておきたいものです。

他にも、ピアニカ・リコーダーといった楽器類や絵の具なども、必要に応じて購入することになります。これらは貸し出しの学校もあれば、各家庭で購入する学校もあるため、よく確認しましょう。

(C)Shutterstock.com

「来年から子どもが小学生。小学校の教育費が1年で30万円ってホント!?」【働く女性の質問箱】

費用を抑える方法はある?

小学校入学時は意外とお金がかかります。文房具や日用品など、1つ1つは安くても積み重なればかなりの額になることも少なくありません。

中古を使うことに抵抗がなければ、体操服や制服はバザーで安く購入したりお下がりをもらったりすることで節約が可能です。体操服や上履きは、子どもの成長に合わせて6年間で何度か買い替えます。「すぐ成長するから」と大きめを購入すると、サイズが合っていないことでけがにつながる可能性もあるので注意が必要です。

約6万円の内訳には含まれませんが、学習机も入学までに用意してあげたいですね。新品なら高額なものの、実家や義実家に相談したり中古品を買ったりすれば費用を抑えられます。

ママの頭を悩ませる「手作りグッズ」作りを解消する超シンプルミシン

当日までにそろえたい持ち物リスト

小学校生活に必要なものには、入学式当日までにそろえたいものと、入学式後でも間に合うものがあります。ここでは、入学式当日までにそろえたい持ち物を確認しましょう。

入学準備 小学校の入学準備

(C)Shutterstock.com

文房具

必要な文房具は、筆箱鉛筆下敷きなどです。初日から使う可能性もあるため、入学式までにそろえる必要があります。色鉛筆やハサミ、のりなどを収納するお道具箱も、入学式までに用意します。

自由度が高そうに見える文房具選びですが、学校側から指定される場合も少なくありません。たとえば鉛筆の芯は硬さが決められていたり、低学年のうちはシャープペンシルが禁止されていたりすることも多いです。

特に注意が必要なのは「キャラクターもの」で、持ち込みを禁止している学校もあります。ルールを知らずに買ってしまった場合は自宅学習用にすれば無駄にはなりませんが、別途学校用の文房具を買う必要があり出費が増えてしまうので、注意しましょう。

新学期の大量の名前書き。救世主は「はんの専門店 石松堂」の名前スタンプ

バッグ類

公立小学校であれば、比較的自由にランドセルを選べます。値段や色だけでなく、頑丈さや重量といった実用性も考慮し、6年間使う前提で選びましょう。

ランドセル以外では、体操服袋上履き袋も必要です。口が大きく開き、出し入れしやすいものがおすすめです。どちらも汚れ物を入れるため、汚れが目立たない色や洗いやすい素材がよいでしょう。

他に必需品といえるのが手提げ袋です。お道具箱のようなランドセルに入らないサイズのものを持ち運んだり、学期末に持ち帰るものを1つにまとめたりするときに使います。中身が重くなることも多いため、幅の広い取っ手の手提げ袋がおすすめです。

ミシンが無くてもレッスンバッグが作れる! ボンドはハンドメイドの強い味方です

衣類やシューズ

衣類シューズも、小学校入学までにそろえたいものです。通学服は基本的に、ファッション性よりも機能性を重視しましょう。汗の吸いやすさ・乾きやすさや動きやすさ、ハンカチ・ティッシュを入れるポケットの有無などに注意して選ぶとよいです。

体操服上履きは学校指定のケースが多いため、指定のものを用意します。2日連続で体育の授業が入る場合もあるため、洗い替えの体操服も必要です。指定がない場合は、無難なものを選びましょう。

子どもの靴のサイズを自宅で測れる〝計測法〟って?

入学式当日の準備もチェック

入学式当日までに用意するべきものは、子どもが使うものだけではありません。入学式当日に保護者が使うものの用意も必要です。入学式当日に向けて準備すべきものを確認しましょう。

入学準備 小学校の入学準備

(C)Shutterstock.com

入学通知書

入学通知書は忘れずに持って行きましょう。入学通知書の内容は前年度の情報を元に作成されています。漢字の表記や名前の振り仮名、住所など、内容に間違いがあれば自治体に連絡しましょう。時期になっても入学通知書が届かない場合も、問い合わせて郵送してもらいます。

私立・国立の小学校や学区域外の公立小学校に入学する場合、別途手続きが必要です。入学に合わせて別の自治体に引っ越す場合、現住所と引っ越し先の両自治体で手続きが必要です。

4月から小学校に入学。フルタイムで働いていても、学校行事に出られるもの?【教えて!『小学一年生』編集部】

筆記用具や上履き

子どものクラスや担任の先生の名前など、入学式当日に判明する重要な情報もあります。大事な情報をメモできるよう、筆記用具や小さなメモ帳があると安心です。また、入学式は小学校の体育館で行われるため、スリッパのような保護者用の上履きが必要です。外で履いていた靴は席まで持ち込むため、レジ袋など汚れてもよい袋を持参しましょう。

入学式に下の子を連れて行く場合は、式中にじっとしていられないこともあります。音の鳴らないおもちゃやアメなどを用意しておくとよいでしょう。地域によるものの、4月の体育館はまだまだ肌寒いことも少なくありません。スカーフやカイロといった防寒グッズもあれば安心です。

卒園式・卒業式にもオススメ! 【アフタヌーンティーリビング】の携帯シューズ

入学式のファッション

入学式の準備では保護者の服装も重要です。入学式のファッションは、トレンドよりもTPOを重視しましょう。

幼稚園や保育園の卒園式の服を着回しても構いませんが、ダークカラーが定番の卒園式に対し、ハレの日である入学式には季節に合った明るい色がより適しています。卒業式と入学式で着回すなら、ネイビーやダークグレーを選んだり、インナーやバッグに明るい色を取り入れたりするのがおすすめです。アクセサリーはパールなどで上品にまとめ、ヒールの低い靴を選びます。

また、入学式でもらったプリントを持ち帰れるよう、大きめのサブバッグを持っていると便利。入学式に合わせシックなデザインのものを用意するのがポイントです。

上品で印象やわらか。ベージュ系入園学スーツの着回しテク【プロに聞くワーママスーツのあれこれ】

入学までに身に付けておきたいこと

同じ集団生活とはいえ、幼稚園や保育園に比べて小学校は環境も過ごし方も大きく異なります。小学生として入学までに身に付けておきたいことを確認しましょう。

入学準備 小学校の入学準備

(C)Shutterstock.com

参考:教えて、先生!(小学校入学に向けて) | 生涯学習関連情報 | 東京都生涯学習情報

基本的なマナー

小学生といえども、基本的なマナーは重要です。授業時間中に教室を走り回ったり友達と騒いだりせず、先生の話を聞くことが求められます。

小学校の授業は1コマ45分です。今まで机に向かう習慣のなかった子どもにとって、45分間おとなしく先生の話を聞くことは簡単ではありません。そこで、入学前に机に向かう習慣を付けることが重要です。

小学生の家庭学習時間の目安は、「10分×学年」といわれています。1年生であれば10分になるため、入学前はその半分の5分から机に向かう習慣を付けましょう。必ずしも机で勉強する必要はありません。席でじっとしていられれば、絵を描いたり絵本を読んだりしても構いません。

おしゃれママたちは〝イケア〟で何を買う?「満足度が高かった商品はこれ!」

早寝早起き

小学校に入学すると、生活習慣も大きく変わります。入学後の登校時間から逆算して起床時間を決め、すっきり起きられるようにさらに逆算して寝る時間を決めましょう。朝は忙しいため、余裕を持って早めに起きられるように生活時間の調整が必要です。

ただ早寝早起きを習慣付けるだけでなく、登校に向けた準備も練習します。もし今まで子どもの着替えを手伝っていたのであれば、1人で着替えられるよう練習する必要もあります。寝る前にも、翌日の授業で使う教科書や衣服を選ぶ練習をしましょう。最初から1人で準備するのが難しければ、しばらくは手伝ってもよいです。

(C)Shutterstock.com

子どもの寝起きが悪い!良い解決方法ありますか?【働く女性の質問箱】

時計や平仮名・数字の読み方

時計の時刻や平仮名・数字も、入学前に読めるようにすると安心です。小学校の時計はアナログなので、デジタル時計しか読めないと入学後に苦労する可能性があります。

アナログ時計を読むのと並行して、時計を見て動く癖も付けましょう。体育の授業や休み時間など、教室の外で活動し、時間までに教室に戻らなくてはならない場合が多くあります。保育園・幼稚園のように担任の先生が知らせてくれるものではないので、チャイムや時計を気にするなど自ら行動できるようになることが重要です。

文字の読み書きについては、せめて平仮名で書かれた自分の名前は読めるようにしておきましょう。配布物や所有物に書かれた自分の名前が分からないと、先生の話が理解できなくなってしまう可能性があるからです。

無印良品の「じぶんで読める時計」は子どもの時計の読み方練習に最適

トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

入学式、卒園式etc…子どもの行事ファッション&マストアイテム一挙公開

子どもの習い事の数、お受験etc…聞きたくても聞けない!? 子育て事情大調査!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事