男性がグッとくる女性の「モテ仕草」とは。あざといくらいがいいって本当?NG仕草も解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.02.20

男性がグッとくる女性の「モテ仕草」とは。あざといくらいがいいって本当?NG仕草も解説

女性の印象を決める際、容姿だけでなく「仕草」も大きく影響すると言われていますよね。では、男性が女性に対して「可愛い」と思ったり、ドキッとしたりする仕草とは、一体どんなものなのでしょうか?今回は男性が可愛いと思う女性の「モテ仕草」と、控えた方がいいNG仕草もピックアップしました。

Tags:

【目次】
男性が「可愛い」と思う女性のモテ仕草とは?
これはNG!全然ドキッとしない見直すべき仕草

男性が「可愛い」と思う女性のモテ仕草とは?

髪を耳にかける

(C)Shutterstock.com

髪を耳にかける仕草に、「可愛い」「色っぽい」と感じる人は多くいます。特に黒髪ロングヘアの女性が、憂いのある表情で髪をかきあげる仕草には、同性でもドキッとするもの。

より女性らしく演出するなら、左手で右耳に髪をかける、または右手で左耳に髪をかけるようにしてみて。

ゆっくりした動作

動作をゆったりさせるのも、モテ仕草。

話すときも早口ではなく一言一言を大切にするように、お茶を出すときはポットに手を添えるように。

「余裕がある動き」と「トロい動き」は異なるのでメリハリが大事ですが、優雅さと上品さに気を配ってみるといいかもしれません。

ごはんをおいしそうに食べる

ごはんをおいしそうに食べる

(C)Shutterstock.com

たくさん食べる女性よりも、少食の女性の方が可愛い、と思う人は多いかもしれませんが、大切なのは量ではありません。

大事なのは「いかにもおいしそうに、残さずにごはんを食べること」。特に男性側からすると、自分がごちそうした食べ物を「おいしい」と喜んで食べてくれたら、嬉しくてまた誘いたくなるはずです。

また、行儀がよく会話を楽しもうとする姿も「可愛い」と思ってもらえる要素です。

笑うときに口元を隠す

口を大きく開けて思い切り笑うのも、可愛らしいイメージはありますが、笑うときに手で口元を隠すのも男性が「可愛い」と感じる女性の仕草。

つい大笑いしそうになるのを抑え、恥ずかしそうに口元を隠す感じが奥ゆかしい雰囲気を醸し出して、より可愛く映るのだそう。

脚を組む

脚を組む
元・銀座のNo.1ホステス勝友さんによると、クロスの法則を用いたモテの仕草が、男性を魅了するのに効果的なのだそう。

例えば脚を組むなどの仕草。

脚をクロスさせることで女性らしい体の曲線が際立ち、男性は思わずハッとするよう。男性は行動も思考も比較的ストレート。だからこそそこに女性らしさを感じずにはいられないのだとか。

他にも右にあるものを左手で取る、など体全体や手をクロスさせることも効果的。ただし、シーンによってはマナー違反になる可能性もあるので、TPOをわきまえて取り入れることが大事なのだそう。

髪の毛を寄せる

髪の毛を寄せる
「女性が髪の毛を、手で片方に寄せるしぐさって、思わずなぜか目で追ってしまいますよね。サラサラのストレートヘアだとなおさらです。」(34歳・医師)

髪の毛を解く

髪の毛を解く
「たとえば会議終わりとかで、会議中は結んでいた髪を、パッとほどく瞬間って、素敵ですよね。緊張感がほぐれた感じというか、素に戻った感じがして、ドキッとします。」(32歳・保険会社勤務)

バッグを関節持ちする

バッグを関節持ちする
「女性がバッグを肩にかけるのではなく、ひじにかけて、いわゆる〝関節持ち〟している姿は、腕の細さが際立って、なんだか守ってあげたくなります。」(37歳・IT関連会社勤務)

これはNG!全然ドキッとしない見直すべき仕草

オーバージェスチャー

オーバージェスチャー
例えば楽しくなっちゃったとき、パンパン手を叩いて笑うこと。

盛り上がるのはいいけれど、その動作はなんだか大げさで見ている人からすると「なんか演技がかってるなこの人」、としらけてしまいます。

特に公共の場で大声を上げて笑うのはマナー違反。品のなさが丸わかりです。

頬に手を当てる

頬に手を当てる
頬に手を当てるぶりっ子な仕草をしながらしゃべる人をよく見かけませんか?

男性をドキッとさせるどころか、この仕草ひとつでなんだか「おばさん」っぽく見られてしまいます。あなたも無意識におこなっていないか、注意してみましょう。

腕を組む

腕を組む
腕を組むことによって胸が持ち上げられ、女性らしいメリハリのあるボディラインを演出できると言います。また、指先の繊細さやきれいなネイルを見えるようにしたり、腕の太さをごまかして華奢に見せるのに効果的とも言われるよう。

しかし腕組みには「警戒心、拒絶」「考え事」「隠し事」などの人間の心理が隠されています。

相手に誤解されてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

前髪を直す

「会話をしているときに、やたらと前髪をなおすのはやめてほしい。手の動きが気になって、全然話が入ってこないし、なんだか子供っぽく思えてしまう。」(34歳・医師)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事