ケラチントリートメントとは? 自宅でサロンの仕上がりに!おすすめアイテムもご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.04.14

ケラチントリートメントとは? 自宅でサロンの仕上がりに!おすすめアイテムもご紹介

ヘアアイロンやパーマ、ヘアカラーなどによって髪にダメージを受けているなら、トリートメントは大切ですよね。「ケラチントリートメント」とは、くせ毛や髪の広がりなどをまとまりやすくし、髪の毛の負担を軽減して施術するトリートメントのこと。今回は、美容院にいけない方でも自宅で簡単にケアできる市販のケラチン入りトリートメントやシャンプー、使い方をご紹介いたします。髪のダメージが気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Tags:

【目次】
そもそも「ケラチン」って何?
髪のうねり、くせ毛にもおすすめのケラチントリートメント
自宅で簡単ケア!市販のケラチントリートメントやシャンプー
健康な髪を維持するのに気をつけたいこと

そもそも「ケラチン」って何?

まずは髪のつくりを理解しよう

髪の主成分はタンパク質

髪は主に「ケラチン」でできています。ケラチンはヘアケア用品に含まれていることも多い成分で、タンパク質の一つです。タンパク質は体をつくる重要な成分で、主に骨や皮膚をつくるコラーゲンと髪や爪をつくるケラチンに分かれます。ケラチンには、シスチンと呼ばれるアミノ酸が多く含まれているのが特徴。そのため、健康的な髪を維持するために、アミノ酸やケラチンに着目したヘアケア用品が多く販売されています。髪は1カ月で約1cm伸びるとされており、毎日大量のケラチンが体内で作られているのです。

3段構造の外側がキューティクル

髪は細い糸のように見えますが、断面は3段構造になっています。中心部分は「毛ずい質(メデュラ)」と呼ばれ、多くの空砲があり空気が含まれているのが特徴です。中間部は「毛皮質(コルテックス)」と呼ばれ、メラニン色素が含まれている部分。メラニン色素の含有量によって髪の色が決まり、メラニン色素がない髪が白髪となります。一番外側が「毛小皮(キューティクル)」です。毛の表面を覆っている成分ですが、透明のため目には見えません。さまざまな外的刺激から髪の内部を守る役割があり、何層にもなっているため丈夫ですが、ぬれると柔らかくなる性質があります。髪を洗った後にタオルなどでこすったり、ブラッシングしたりするだけでキューティクルがはがれてしまうため、ぬれたあとは早めに乾かすのが鉄則です。

髪のうねり、くせ毛にもおすすめのケラチントリートメント

ケラチントリートメントで5歳若返れる!?持続性のあるケラチントリートメント

指通りが悪い、コシがなくなってきた、トリートメントしてもすぐに枝毛だらけ、絡んでしまって切れ毛が多い、パサパサしてて潤いないなぁ。ここ何年か私の髪の毛の悩みはつきません。やっぱり産後からでしょうか?

美容院に行ったらトリートメントは必ずしていましたが、今年に入ってから劇的に髪質が変化した運命的なトリートメントに出合ってしまいました!!その名も”ケラチントリートメント”!

ケラチントリートメントとは?

ケラチントリートメントとは、髪の内部にケラチンタンパク質を補給し、パサつきをおさえ指通りを良くします。またダメージによる広がりなどもおさえる事ができ髪の毛の負担を軽減できるというからすごい。

従来のトリートメントと何が違うのかというと、放置時間が約15分前後、その後、流してブロー後にストレートアイロンで加熱していきます。このケラチントリートメントは一定の熱を加える事で髪の中で膨潤する性質があり、熱=ダメージではなく、熱=修復になり日々のストレスが軽減され乾かす時間も時短になります。快適になる最新かつ最前線のトリートメント。他のトリートメントとの違いは専用のシャンプーで不純物を取り除いてから上質なケラチンを入れて最後に熱コーティングするところです。

美容院でケラチントリートメント、施術前と後の違いは?

劇的!before→afterをご覧ください

Before

美容院でケラチントリートメント、施術前と後の違いは?
After

美容院でケラチントリートメント、施術前と後の違いは?
このサラサラ、ツヤツヤ、ハリ、コシ!

アンチエイジングはまず髪の毛から試してみるのもいいかもしれません。トリートメントは髪質に合う合わないがあるみたいなので、いろんなサロンのトリートメントを試しているうちに自分に1番合うものに出合えるかもしれません♡ 個人的にはケラチントリートメント、かなりおすすめです。

自宅で簡単ケア!市販のケラチントリートメントやシャンプー

ヘアカットにカラー、トリートメントと1ヶ月に何回か美容院に行かれていた方も回数が減ったり、セルフケアをメインとされる方も増えたのではないでしょうか。ホームケアに必須の〝セルフケアアイテム〟をご紹介します。

美容院専売品の洗い流すトリートメント

おうちで週に1回のスペシャルケア!N. ケラリファインホームマスク

N. ケラリファインホームマスクは、カラーケアとダメージケアの2種類。自分の悩みに合った方を選ぶことができるのも嬉しいところ。ホワイトフローラルの香りにも癒されながらセルフケアができる、N. ケラリファインホームマスク。ぜひ、いつものヘアケアに取り入れてみてくださいね。

【共通配合成分】

1:シアバター【エモリエント成分】(エヌドットブランド共通成分)
植物シアの種子から得られる脂肪。髪に優れたコンディショニング効果を発揮し、髪にみずみずしいうるおいを与えてくれます。

2:フェザーケラチン【毛髪補修成分】
羽毛由来の低分子ケラチン。pH4付近で凝集する性質があり、水に溶けない高分子ケラチンへと変化し、髪から抜け出さないサイズまで成長して髪の内側からしっかり補修。

3:フラーレン【毛髪補修成分】
ダイヤモンドと同じく炭素のみから構成される成分「フラーレン」。天然保湿因子やセラミドの減少を抑え、毛髪にうるおいを与え、みずみずしい健やかな髪へと導いてくれます。

1:N. ケラリファイン カラーケア

美容院専売品の洗い流すトリートメント
▲容量:15g×4/価格:1,200円(税抜)

【配合成分】
✔︎I型還元ケラチン…補修
✔︎フェザーケラチン…補修
✔︎Protesil(R)…褪色防止
✔︎植物由来ポリマー…ツヤ付与

2:N. ケラリファイン ダメージケア

美容院専売品の洗い流すトリートメント
▲容量:15g×4/価格:1,200円(税抜)

【配合成分】
✔︎ I型還元ケラチン…補修
✔︎ フェザーケラチン…補修
✔︎ オイルケラチン…補修
✔︎ エルカラクトン…毛髪保護

ケラチン成分入りの朝用トリートメントスプレー

洗い流さないトリートメントでお馴染みの海藻コスメブランド「ラサーナ」から、創業50周年を記念した新商品「ラサーナ 海藻 シルキー ヘア スプレー」が登場。

ラサーナ|海藻 シルキー ヘア スプレー 180mL(約1〜2ヶ月分)2,200円(税抜)

ケラチン成分入りの朝用トリートメントスプレー
特長1:指通りつるつる成分・かろやか柔軟成分配合

「指通りつるつる成分(※1)」、「かろやか柔軟成分(※2)」を配合することで、キューティクルを集中補修し、パサつきのないシルクのような指通りつるつる髪へ導く、スプレータイプの洗い流さない朝用トリートメントです。

(※1)加水分解シルク
(※2)加水分解ケラチン(カシミヤヤギ)、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、ポリシリコーン-29

特長2:ウォータリープロテクション処方

幅広いヘアダメージの悩みをカバーし、朝のスタイルをキープしてくれます。(UV対策・湿気ブロック・キューティクル補修・ドライヤーやアイロンなどの熱から髪を守る・アンチポリューション)

特長3:天然うるおい成分配合

濃密マリンモイスト処方(※3※4)で、髪内部の大切な水分をキープ。髪の芯まで浸透し、うるおいを閉じ込める「ヘアラップ効果」。ダメージを1本1本包み込み、潤いのあるツヤ髪へ導きます。また、フランス・ブルターニュ産 海藻のエキス(※3)と高知県室戸岬沖海洋深層水(※4)も配合で、天然成分をふんだんに使用。

(※3)ペルべチアカナリクラタエキス、加水分解紅藻エキス
(※4)海洋深層水(海水)

特長4:いい香り

誰からも愛されるフローラル&フルーティのかろやかな香りが朝にぴったり。

【使用方法】

STEP1:乾いた髪全体に適量をスプレーする
髪全体がしっとり濡れるくらい付けてOK!

STEP2:根元からしっかり乾かす
ドライヤーは根元から毛先に向かって。

STEP3:毛先までしっかりのばすようにブローする
ブローの後のブラッシングでツヤがUP!

ケラチン入りのシャンプーでエイジングケアも

30歳を過ぎてから「髪が広がる」「うねる」など、髪質の変化を感じるようになった人も多いはず。“すべての日本女性の髪を美しく”という想いのもと商品開発されたオージュアシリーズ。

ミルボン│オージュア ディオーラム シャンプー 250mL 4,200円+税(美容室専売品)

ケラチン入りのシャンプーでエイジングケアも
ディオーラム シャンプーは、毛髪補修成分にマトリックスタンパク質由来のケラチンをたっぷり配合。毛髪内構造の乱れを整えながら洗い上げ、みずみずしさと弾力感を与えてくれます。

ケラチン入りのシャンプーでエイジングケアも
バスルームに置いてサマになるデザインも魅力! やわらかな曲線が美しいボトルデザインを採用し、日本女性のしなやかさ・やさしさをイメージ。シルバーキャップは、日々の研究で進化する様子が表現しているそう。

健康な髪を維持するのに気をつけたいこと

ぬれた髪はしっかり乾かす

ぬれた髪はしっかり乾かす

(C)Shutterstock.com

ぬれた髪は、できるだけ早くドライヤーでしっかり乾かしましょう。ドライヤーの温風を使わないで自然乾燥させた方が、髪によいと思っている人もいるかもしれません。乾かすのが面倒だからと乾かさない人もいるでしょう。しかし、ぬれた状態のままでいると水分やタンパク質がどんどん失われ、ダメージにつながります。摩擦によって髪を傷める原因になることも。また、海やプールでは髪に塩分や不純物が付着するため、よりデリケートな状態です。さらに紫外線を浴びることでキューティクルがダメージを受け、髪がパサつきやすくなります。外に長時間いた日や海・プールへ入ったあとはしっかりケアし、すぐに乾かすようにしましょう。

できるだけ紫外線を避ける

紫外線によるダメージを防ぐためには、なるべく紫外線を浴びないようにすることが肝心です。例えば、UV加工が施されている帽子をかぶったり、日傘をさすだけでも、直射日光によるダメージを軽減することができます。帽子はつばの広いタイプにすると、広範囲を守ることが可能です。

帽子が苦手という人でも、通気性がよいタイプを選んだりなど快適に過ごせる素材や仕様のものを選び、できるだけ紫外線から髪の毛を守りましょう。また、日傘はデザイン性も大切ですが、UV効果が高いタイプを。さらに近年は、UV効果が期待できるヘアスプレーやスタイリング剤も販売されています。普段の外出時はもちろん、海やスポーツなどレジャー時にも活用するとダメージの対策に。

ブラッシングの方法を見直す

髪にダメージを極力抑えられるブラッシングを心掛けましょう。忙しい朝は、からまった髪を無理やりとかしてしまう人もいるかもしれませんが、優しくブラッシングするのが基本です。ブラッシングするときは、根元から一気にとかすのではなく、根元・中間・毛先と3部分に分けてとかします。とかす順番は、からまりやすい毛先から始め、中間、最後に根元です。分けてとかすことで、髪がひっぱられることによる切れ毛や抜け毛を防げます。

ぬれている状態でのブラッシングや過度なブラッシングは、髪を傷めるため注意が必要です。静電気も髪を傷める原因になるため、ナイロン製のブラシは避けましょう。静電気が起こりにくく髪への負担が少ない木製や天然毛素材を選ぶのがおすすめです。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事