【影響力のある人】になるためにできることとは? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.07.19

【影響力のある人】になるためにできることとは?

「影響力」とは、他に働きかけて、考えや行動を変えさせるような力のことを指します。その力を持っている人には、なにか要因になるものがあるのでしょうか? 今回は【影響力のある人】の特徴やスピリチュアルな観点での見方、影響力のある人になるための方法をご紹介します。

Tags:

【目次】
「影響力のある人」の特徴とは?
「影響力のある人」とスピリチュアルとの関係は?
「影響力のある人」になるためには?
「影響力のある人」を英語で言うと?
まとめ

「影響力のある人」の特徴とは?

「影響力」とは「他に働きかけて、考えや行動を変えさせるような力」のこと。その力を持っている人には、なにか要因になるものがあるのでしょうか? 今回は「影響力のある人」の特徴についてまとめてみましょう。

1:リーダー性があり信頼できる

職場や町内会、学校など様々なコミュニティがありますが、リーダーシップや行動力があり、人間的な魅力がある人物には、従おうと思う方が多いのではないでしょうか。人物を慕うほど、協力して物事に取り組んでみようという気持ちになったり、必要なら手伝ってあげようなどの心が自然と芽生えます。

2:仕事スキルや才能など、一目置かれるものがある

仕事やさまざまな才能が個人の「影響力」に繋がることも。経験や実績、専門的な能力など相手を尊敬できるポイントがあると、この人についていこうかな? という気持ちが強くなるでしょう。

3:何かひきつける魅力がある

「この人のためなら」「この人が言うのなら…」など、人柄などに惹かれ、ファン心理のように行動を煽られる場合もあります。タレントや芸能人、最近ではSNSなどでのインフルエンサーも「影響力がある人」と言えそうです。

影響力のある人

4:有益な情報をもっている

有益な情報発信が人気要因になっていることもあります。「主婦のカリスマ」や「整理整頓の達人」など、生活スタイルやファッションなどに憧れると同時に、その情報がとても参考になったり還元される情報があるからこそ「影響力」を持つこともありますね。

5:地位や立場がある

役職をもつ人物が、魅力的で「影響力がある人」である場合も多々あります。しかしながら、組織の中で地位や肩書きがあるから… という理由で、信頼や人望がない社長や上司に、社員や部下が従わざるをえないこともあるかもしれません。

「影響力のある人」とスピリチュアルとの関係は?

「影響力のある人」の中には、占いや霊能力、風水などのスピリチュアル的な観点から支持を得ている人も。何かに悩んだ時、スピリチュアル専門者の発言でポジティブな気持ちになったり、悩み解消ができる場合もあり、生活に取り入れている方も多いのではないでしょうか?

しかし時には自分を客観視できる平常心も忘れないことも大切。良い影響を与えてくれる場合がほとんどかもしれませんが、「影響力」を悪用して、人の心や財産を弄ぶ人物がいる場合もあると心に留めておきましょう。

影響力のある人

「影響力のある人」になるためには?

どのようなことを意識することで「影響力のある人」になれるのでしょう。具体的なエッセンスをいくつかピックアップしてみました。

1:自分に自信を持つ

漠然とはしていますが、まずは自分の軸を大切にして自信を持つことが第一。その気持ちが根底にあってこそ、他者をひきつける魅力や行動力に現れるはずです。

2:さまざまな価値観を否定しない

人の価値観を認められる受容力も必要。自信を持つことは大切ですが、自己愛が強すぎるのはNG。相手の気持ちを汲み取れる人間的な器が必要でしょう。

3:冷静な洞察力

たとえばビジネスシーンで、いざという時に守ってくれない上司には、慕う気持ちが薄れますよね。何か不測の事態が起こった時にも慌てず、状況を落ち着いて見る洞察力を養って。感情的にならず、迅速な気配りや意思決定ができると尚よし。

4:仕事や能力スキルを高める

実績を積み上げることも大切です。いくら人柄が良くても、仕事ではミスばかりという人には、何かを任せようという気持ちにはなれません。人間性を高めるのと同時に、自分の持つ能力の鍛錬を忘れずに。

5:有言実行

どのような場面であれ、口で言っているだけの有言不実行な人には説得力がないので誰もついていきません。言葉には気をつけて、自分自身の言動に責任を持ちましょう。

6:人間力を磨き、信頼関係を築く

ピックアップした1-5の要素を含め、人との信頼を築くことが一番ベースとなるでしょう。信頼の積み重ねが、自身の魅力となり「影響力」もアップするはず!?

影響力のある人

「影響力のある人」を英語で言うと?

「影響力」は、英単語で「influence」。「影響力のある人」は、「influential people」「powerful people」などと表現されます。ちなみにTIME誌が毎年発表する「世界で最も影響力のある人物100」のタイトルは、英語で「The 100 Most Influential People in the World」と表記されています。

まとめ

リアルな人間関係以外にも、さまざまな方面からの「影響」を受ける現代。個人SNSやブログなどの普及で、誰もが「影響力のある人」になるチャンスもあります。自由な発信や、情報選択ができるからこそ、自分や周囲がハッピーになる「影響」を授受していきたいものです。

こちらの記事もたくさん読まれています
本当に優しい人ってどんな人? 優しさに関する名言や格言も紹介
「できかねる」の正しい意味は?使い方やほかの表現をご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事